>   >  映画VFXを中心に手がけるスタジオが挑戦! LEDウォールを組み合わせたバーチャルプロダクション
映画VFXを中心に手がけるスタジオが挑戦! LEDウォールを組み合わせたバーチャルプロダクション

映画VFXを中心に手がけるスタジオが挑戦! LEDウォールを組み合わせたバーチャルプロダクション

Unreal Engineの用途として、日本でも関心を高めているのがバーチャルプロダクションだ。映画VFXを中心に手がけるNEWPOT PICTURESが音頭をとって実現した、LEDウォールを用いたバーチャルプロダクションの技術検証を紹介する。

TEXT_安田俊亮 / Syunsuke Yasuda
EDIT_沼倉有人 / Arihito Numakura(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada
PHOTO_弘田 充 / Mitsuru Hirota

少規模VFXスタジオでも実現できる手法を模索

『スター・ウォーズ』シリーズの実写ドラマ『マンダロリアン』の撮影に採用されたことで一気に知名度を上げたバーチャルプロダクション(以下、VP)。グリーンバック撮影に代わる新たな撮影手法として注目されているものの、LEDウォールを用いたVPを実現するにはコスト面でも技術面でも多くのハードルが存在する。しかし、VPのメリットに着目し、より現場に即したかたちでの撮影環境をゼロからつくろうとしているVFXスタジオがある。それがNEWPOT PICTURESだ。

右から、VFXスーパーバイザー 藤原源人氏、システム・アドミニストレーター 山﨑桂一氏(以上、NEWPOT PICTURES)、ビジネスソリューション事業部 事業部長 河村英之氏、ビジネスソリューション事業部 メディアインテリジェンス課 担当課長 小野智史氏(以上、エヌジーシー)
newpotpictures.com www.ngc.co.jp/thewall

左から、CGディレクター 大山俊輔氏、メインプログラマー 片渕孝一氏。以上、ランハンシャ
run-hun.co.jp

「VPのメリットは大きく2つあります」とNEWPOT PICTURES代表取締役/VFXスーパーバイザーの藤原源人氏は話す。ひとつは、「"今どんな世界でどんな撮影が行われているか"が一目瞭然でわかること」。役者はその世界を感じながら演じられるし、撮影側も何を撮っているかが見た目でわかる。現場でイメージの共有が確実にできるので、その分撮影はスムーズに進む。

もうひとつは、「ポスプロの軽減」だ。背景のLEDには照明効果もあるため、例えばクルマのボンネットへの映り込みなどは撮影したものがそのまま使える。ハネた髪の毛のような繊細な部分も切り抜かれずに済むので、映像として嘘くさくならない。「後からやり直したり付け足したりする作業が減り、説得力も増します。現場には、大きな効果があるはずです」(藤原氏)。

そこでNEWPOT PICTURESでは、外部パートナーとの協業によるVPチームを発足し、サービス提供の事業化に向けて動き出した。取材した日は、1枚のLEDパネルを用いて映像の出力状況を確認する「最初のステップ」の技術検証が行われていた。用いられたLEDパネルは、サムスン電子製の「The Wall」。ポイントは、The Wallのピッチ(LEDチップ間の距離)が1.68mmであることだ。『マンダロリアン』で使用されたLEDウォールのピッチが2.84mmだったことから、「ピッチの細かいものなら良いのでは」という考えの下、The Wallの日本流通を担うエヌジーシーに連絡をとり、エヌジーシー側もこれを快諾。さっそく、同社のショールームで検証が実現することとなった。

トラッキングシステムは、市販のVRヘッドセット「VIVE Pro」のものを用いている。1台のPC、1枚のLEDパネル、そしてVRシステムの応用とあくまで「最小単位での検証」となったが、結果は「満足するものが出力できた」と藤原氏。NEWPOT PICTURES システムアドミニストレーターの山﨑桂一氏も「多少LEDのドットが見えるアングルもあったが、基本的にはピッチが綺麗に出ていた。ソフトウェアも意図通り動作してくれて、小規模でもVPが導入できると実感できました」と手応えを語った。

まずはVP実現の第一歩となったが、次のステップでは「監督や撮影監督、照明監督、制作部など、実写映画の現場スタッフの方々の意見を聞いていきたい」という。「今回も照明の調整など、現場の声がほしいなと思う場面がいくつもありました。現場の声を取り入れて、要望に合わせて環境を構築していくことで、より実際の制作現場に導入されやすくなるはずです。"映像VFXのバーチャルプロダクションならNEWPOT PICTURES"と認識していただけるように、今後も検証を重ねていきたいと思います」(藤原氏)。バーチャルプロダクションにおいても確かな存在感を放つUnreal Engineそのものの発展に、よりいっそう注目だ。

今回の検証に用いたLEDディスプレイ「The Wall」

サムソン電子製の高精細LEDディスプレイ。「Perfect Black」「Pure Color」「Quantum HDR Technology」という3つの特徴を有しており、従来のLEDに比べ、大幅に表現力を高めている

▲「Perfect Black」の特性を解説した図(提供:エヌジーシー)

▲「Quantum HDR Technology」の特性を解説した図(提供:エヌジーシー)

▲「Pure Color」の特性を解説した図(提供:エヌジーシー)

"フレキシブルに実現できる"に絞って、システムを構築

▲今回のバーチャルプロダクションのシステム構成を図示したもの

"バーチャルロケハン"など新たな可能性も模索

今回の技術検証におけるシステム構成は、バーチャルプロダクションの「LEDウォールへの出力」と「必要十分なスペック」の2点がポイントとなった。マスターサーバとしてCPUにインテルのXeon E5-2687W v3を2基、GPUはNVIDIA Quadro RTX6000、メモリは64GBを搭載したマシンを1台用意。Unreal Engine 4(以下、UE)でシーンを作成し、The Wallに出力している。

The Wallには現在、3製品がラインナップされているが、今回は前述の通り1.68mmピッチのパネルを使用。サイズは幅約3.2m×高さ約1.8mで、解像度は1,920×1,080だ。The Wallではさらにピッチが細かい0.84mm、0.86mm、1.22mm、1.26mmもラインナップされているが、検証実験上では1.68mmのピッチでも藤原氏は「十分満足」な結果が得られたとしている。

VIVE Proのトラッキングシステムは、開発する上でもUEと相性が良いことから選ばれた。主に使用しているのは、4つのVRベースステーション(位置測定用アクセサリ)とVIVEトラッカー(被測定物)。VRベースステーションは部屋の四隅に配置し、VIVEトラッカーは撮影用のカメラに装着している。カメラの動きをUEで読み取りながら、出力映像に反映させて撮影アングルとの整合性をとる。カメラの動きに合わせて映像が変化していくような仕掛けで、撮影された映像では背景がパネルだとは思えないような奥行きが感じられる。このしくみこそが、バーチャルプロダクションの肝だ。

藤原氏は"小規模のバーチャルプロダクション"について、本番の撮影に使う以外にも「ロケハンなどにも使える」ことに可能性を感じている。NEWPOT PICTURESが所有するレーザースキャナでロケ地をキャプチャし、UE上で再現すればわざわざ現場に戻らなくてもバーチャルなロケハンが可能になる。UE上で照明なども変えられるし、ニュアンスを検討するには十分な手応えを感じられるはず。検証が進めば、このアイデアはさらに具体化されていくだろう。「ただ、1枚のパネルでは照明の代わりにはならないと今回の検証でわかりました。さらに今後、より高解像度で出力する場合は、マシンリソースの見積もりを改めて行う必要がありそうです。こうした点も今後の課題となっています」(山﨑氏)。

▲UEを制御するPC。主なスペックは下記の通り

製品名:Dell Precision T7910
OS:Windows10 Pro
CPU:Intel Xeon Xeon E5-2687W v3×2(Dual)
Memory:64GB (DDR4-2133 16GB×4)
Storage:2.5inch SATA SSD 500GB×2(ArrayController RAID0)
Graphic:NVIDIA Quadro RTX6000

▲The Wallシリーズ向けLEDビジョンコントローラ「S-BOX」。PCからDisplayPort 1.2a信号をHDMI 2.0ケーブル×2でインプットする

▲今回の出力表示は、LEDピッチサイズ1.68mmのタイプの「The Wall 1.68mm」を使用。主なスペックは下記の通り

型番:IW016J
LED種類:Micro LED
LEDピッチサイズ:1.68mm
輝度(Peak/Max):1400nit / 1000nit
1Cabinetごとの解像度:480×270 Pixcels

"バーチャルスカウティング"など、新たな可能性も模索

NEWPOT PICTURESがを近い将来の目標に掲げている「バーチャルロケハン」。現実のロケーションのリアリティキャプチャを行い、UE上で環境を再現。そのビジュアルをLEDウォールに出力したり、VRコンテンツ化することで、バーチャルなロケハンを実施するというものだ



  • ▲NEWPOT PICTURESが所有するレーザースキャナLeica BLK360



  • ▲Leica BLK360によるスキャニングから生成された点群データ

▲メッシュ化したモデルをUEに読み込んで、光のシミュレートを行なった例

次ページ:
<2>次なる目標は、多画面出力!

特集