>   >  アニメ作品の世界にいるかのようなグラフィックスが魅力のファンタジーアートRPG『二ノ国: Cross Worlds』
アニメ作品の世界にいるかのようなグラフィックスが魅力のファンタジーアートRPG『二ノ国: Cross Worlds』

アニメ作品の世界にいるかのようなグラフィックスが魅力のファンタジーアートRPG『二ノ国: Cross Worlds』

レベルファイブによるファンタジーゲーム「二ノ国」シリーズの最新作として、今年6月に配信が開始された『二ノ国: Cross Worlds』。開発に当たったのは『リネージュ2 レボリューション』(2017)などで知られるネットマーブルだ。今回はキャラクターと背景の制作を中心に、そのメイキングについて取材した。

TEXT_大河原浩一
EDIT_海老原朱里 / Akari Ebihara(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada
© LEVEL-5 Inc. © Netmarble Corp. & Netmarble Neo Inc. All Rights Reserved.

  • 『二ノ国:Cross Worlds』 ジャンル:ファンタジーアートRPG
    提供元:Netmarble Corp.
    開発元:Netmarble Neo Inc.
    原作・監修:株式会社レベルファイブ
    対応OS:Android 5以降/iOS 11.0以降/iPad, Androidタブレット対応
    価格:基本無料(アプリ内課金あり)
    リリース:配信中
    2worlds.netmarble.com/ja

「二ノ国」シリーズの世界観を継承しジブリアニメのようなトゥーングラフィックスをスマートフォンゲームで実現

本作はレベルファイブの企画制作、アニメーション作画にスタジオジブリ、音楽を久石 譲氏が手掛けた「二ノ国」シリーズの最新作で、モバイルMMORPGとして今年6月にリリースされたゲーム作品だ。3DCGのトゥーンレンダリングによって、二ノ国の背景やキャラクターたちがシリーズから継承された美麗なグラフィックスで表現されている。開発を担当したのはオンラインRPG『リネージュ2 レボリューション』(2017)やモバイルゲーム『七つの大罪 ~光と闇の交戦~』(2019) をサービスしているネットマーブルの開発スタジオのひとつ、ネットマーブルネオだ。今回はネットマーブルネオのグラフィックスチームのメインスタッフに話を聞くことができた。

  • チェ・ナムホ氏
    アートディレクター

  • クォン・ファン氏
    キャラクター原画パートリーダー

  • ハン・ギョンファン氏
    キャラクターモデリングパートリーダー

  • ウィ・ソンミン氏
    テクニカルアーティストパートリーダー

  • グ・ミョンシン氏
    背景原画パートリーダー

  • イ・ソンヒ氏
    背景モデリングパートリーダー

本作はレベルファイブの協力のもと「二ノ国」シリーズのIPを用いて、ネットマーブルにより2018年から開発がスタートした。レベルファイブからはシリーズ作品としての基本的なガイドラインは提示されたが、制作上の裁量権はかなりネットマーブルに委ねられていたこともあり、制作過程ではあまり大きな問題もなく順調に開発が進められたという。

グラフィックスチームの構成はキャラクター原画6名、キャラクターモデリング6名、背景原画4名、背景モデリング7名で構成されている。スタッフ構成を見るとわかる通り、ネットマーブルではキャラクターや背景のデザインから手掛けているため、統一感のある世界観が表現されている。キャラクター原画パートリーダーのクォン・ファン氏は本作のグラフィックへのこだわりを「本作では一般的なゲームグラフィックスをデザインするのではなく、これまでリリースされている「二ノ国」シリーズのグラフィックスを踏襲したクオリティや、「二ノ国」シリーズにふさわしいアニメーションの雰囲気を本作でも活かせるように注力しました。ひとつのキャラクターデザインだけにデザインを集中させるのではなく、キャラクター、背景含め全てのグラフィックスが自然に調和するように過度なデザイン、カラーを極力使用せず、シンプルかつ魅力的なキャラクターになるように気をつけました」と話す。また、アートディレクターのチェ・ナムホ氏は「「二ノ国」シリーズを踏襲して、ジブリらしい感じをゲームで表現するために、柔らかい陰影のあるシェーディングではなく、トゥーンシェーディングによる表現を選択したため、これまで『リネージュ2 レボリューション』のような立体感のあるシェーディングの表現に慣れていた我々としては、とても多くの試行錯誤がありました。しかし、結果的には満足のいく表現に仕上げることができました。開発者としてではなく、ゲームを楽しむユーザーとして、この作品が面白いかどうか。どうしたらもっと新鮮な面白さや感動を与えることができるのか、チームメンバー全員が一緒に悩み、愛情と真心を込めてつくった作品なので楽しんでいただけたら幸いです」と語る。それでは本作のメイキングを紹介する。

カスタマイズ可能な5種類のプレイヤーキャラクターたち

それでは、まずは本作に登場するメインキャラクターについてメイキングを紹介する。本作に登場するプレイヤーキャラクターは5種類。モデリングには3ds MaxZBrushが使用されている。キャラクターアセットは、まずデザイン作業の後、基本となるシルエットを捉えながらモデリングを行い、キャラクターモデルの単色部分と模様や汚しなどテクスチャマップが必要な部位をUV展開してテクスチャ制作が行われる。なるべく最短の時間でゲームエンジン、Unreal Engine4(以下、UE4)に読み込んで、実際にゲーム内で使用されるシェーダを適用した状態で確認できるように心がけているという。デザイナーはキャラクターをUE4に読み込んだ状態で、テクスチャ表現などのディテールを確認し、修正を繰り返しながら最終的な成果物をアップさせるという。「3DCGのキャラクターを制作する上で一番心がけたのは、今回のキャラクターはアニメ調のルックで統一されていますが、ディテールがチープにならないように、服のシワやパーツのディテールをなるべくリアルなリッチな見え方になるように、メッシュの段差の付け方などにはとても気をつけています。また、空気感や環境光の影響による影の処理などにも工夫を施しながら作業を行なっています」とキャラクターモデリングパートリーダーのハン・ギョンファン氏は話す。

ゲーム内で使用されているキャラクターモデルは、フル装備の状態で20,000ポリゴン前後、敵のボスキャラクラスのモデルでは、最大で25,000ポリゴンを基準にモデリングされている。使用されているテクスチャのサイズは、縦横1,024ピクセルを基準にパーツごとに最適な解像度が使用されており、大きなボスキャラや演出的に必要な場合は1,024ピクセルのテクスチャを2枚程度使用して、リッチなルックが表現されている。 プレイヤーキャラクターについてはカスタマイズすることができるのも特徴のひとつだ。その分、作業量も膨大かと思われたが、キャラクターの肌や色の変更はUV情報を活用してカスタマイズの機能に対応したり、カラーの変更はRGBチャンネル別にUVマスキングを活用し、顔のデカールの変化はUVチャンネルを切り替えることでカスタマイズできるように工夫されているため、それほど難しい作業ではなかったという。ただ、カスタマイズのための追加作業がかなり発生したので、その部分での苦労はあったという。

プレイヤーキャラクター5体の制作工程はどのようなものだったか聞いたところ、「キャラクターのアセット制作を始めたころは、まだキャラクターのデザインが決まり切っていなかったので、手探りで様々に試しながら制作が進んでいました。キャラクターの柱となるキーワードのみが決まっている状態から作業を開始して、制作途中にキャラクターに付け加えたら面白そうな様々な要素を付け加えながらキャラクターを完成させました」とクォン・ファン氏は話す。キャラクターを3Dアセット化する際にも「キャラクターを様々な角度から見ても見やすい陰影が生成されるように、ライトの角度と影の領域を補正して物体の色が影の領域から色相と彩度がきれいに変化するようにシェーダも工夫しています。また、カメラに対してキャラクターの角度が変わった際にキャラクターの立体感がわかりやすくなるように法線の修正なども行なっています」とテクニカルアーティストパートリーダーのウィ・ソンミン氏は、キャラクターのルック開発へのこだわりを話す。 キャラクターに表示される輪郭線は、ポストプロセスで表示させる方法と輪郭専用のオブジェクトを使用する方法とが検討されたが、二つの表現方法を試しながら、ゲームのプラットフォームとなるスマートフォンのデバイスで表示したときに、よりきれいな輪郭線を表示することができるオブジェクトを使用した輪郭線表示の手法が採用されたという。

キャラクターの性格を感じさせるデザイン

▲メインキャラクターのキャラクターデザイン。それぞれのキャラクターには明確な性格付けが施されている。画像はエンジニア。可愛く天真爛漫な10代の天才少女



  • ▲デストロイヤー。無鉄砲な性格で、猪突猛進な中年のマッチョマン



  • ▲ソードマン。少年の茶目っ気を秘めた美少年の魔剣士



  • ▲ウィッチ。美しさと優雅さを兼ね備えたエリートモデルの魔女



  • ▲ローグ。子供っぽくいたずらっ子のような射手の少年

シンプルながらもディテールにこだわったキャラクターモデル

▲ソードマンの全身のワイヤーフレームとレンダリング画像。ゲーム内に登場するキャラクターは、全て3Dモデルが使用されている。スマートフォンをプラットフォームとするゲームなので、キャラクターは約20,000ポリゴン程度で構成されている

▲同じくソードマンのバストショットのワイヤーフレームとレンダリング画像

▲キャラクターの集合画像。少ないポリゴン構成でも衣服のシワや髪の毛などがわかりやすく、きれいにモデリングされている

キャラクターカスタマイズに