>   >  【創刊200号記念】『TERAI YUKI』〜テライユキとの再会〜(前篇)
【創刊200号記念】『TERAI YUKI』〜テライユキとの再会〜(前篇)

【創刊200号記念】『TERAI YUKI』〜テライユキとの再会〜(前篇)

1998年6月29日(月)に創刊したCGWORLDこと、「CGWORLD + digital video」。おかげさまで、3月10日(火)にて通巻200号を達成することができた次第。改めて、これまでご支援いただいてきた取材先やライターさんをはじめとする外部パートナーの皆さんに感謝、何よりも読者の皆様に......と綴るのが本稿の主旨ではない。
近年は、毎号できるだけ描き下ろしや完全オリジナルの作品を表紙グラフィックに採用することを実践しているCGWORLDだが、記念すべき200号では、本誌編集部と深い関わりのあった伝説的ヴァーチャルアイドルを復活させることにした。前後編の2回にわけて、200号表紙グラフィックのメイキングをお届けしよう。

▶「後篇」はこちら:【創刊200号記念】『TERAI YUKI』〜テライユキとの再会〜(後篇)

01.プロローグ

さて、そんな200号の表紙グラフィックが上図である。美しい女性キャラクターが穏やかな春の日差しのもとでカメラに向かって自然体で微笑む様を描いた本作。作品タイトルは、『TERAI YUKI』。
『TERAI YUKI(テライユキ)』(英語表記本来の名・姓の順ではなく、あえて日本語通りの姓・名の順にしている、と念のため)とは、ある程度キャリアを重ねているデジタル・コンテンツ制作者であらば、一度は見聞きしたことがあるであろう、2000年前後に大きな注目を集めたヴァーチャルアイドル(美少女CG)の代表的なキャラクターである。漫画家であり、現在はデジタルアーティストとしても活躍中のくつぎけんいち氏が、自身の漫画のキャラクターだったものを、自ら手で3DCGキャラクターへと発展させたものである。

テライユキが初めて公に発表されたときのイメージ(1998年)、Shade Pro R2(Mac版)にて制作。「Webページ上に週刊ヤングジャンプのグラビアを真似た構成で発表し、そのままヤングジャンプ編集部へプレゼンテーションしました」(くつぎ氏)。その後、実際にヤングジャンプのセンターグラビアとして採用され、CGキャラクターが週刊漫画誌のグラビアを飾ったことが話題を集めた

テライユキとCGWORLDが深い関わりがあるのは、初代編集長・永田豊志氏(現株式会社ショーケース・ティービー 取締役COO)が、ヴァーチャルアイドルとしてのプロデュースを手がけていたからだ。さらに補足すると、CGWORLD誌面での露出は意図的に少なめにして、本誌を刊行していたワークスコーポレーション(現ボーンデジタル)とは別に「フロッグエンターテイメント」というコンテンツ特化会社を起ち上げ、そこから写真集やイメージビデオ、楽曲などを世に送り出していた。

くつぎ氏自身が制作した、テライユキの例。(左)CG誌「AGOST」の表紙用に制作されたイメージ(1998年)。同誌は、テライユキをいち早く採用した雑誌媒体だったという。くつぎ氏によると、"バーチャルビューティー" という言葉が使われはじめたのも、おそらくこの雑誌からであり、その後の「美少女CGブーム」火付け役の一端を担っていたのはまちがいない/(右)デジキューブのパッケージ用イメージ(1999年)。その他にもPoserのカバーアートなどが有名だ

テライユキに象徴される90年代後半から2000年初頭にかけての美少女CGブームと、2007年の初音ミク登場を機に現在まで続いているCGキャラクターブームは直接つながるものではない。また、当時の過剰な盛り上がりに対して批判的な思いを抱く人たちもいることだろう。しかし、日本のデジタル・コンテンツ業界の礎となっていることは確かである。そうした先人たちの一連の取り組みに敬意を表し、今回は200号という節目の表紙グラフィックとして、彼女を復活させることにしたのであった。

特集