>   >  メーウ『pair* Factory MIX』PVメイキング(後編)〜 Autodesk 3ds Max Eentertainment Creation Suite 導入事例 〜
メーウ『pair* Factory MIX』PVメイキング(後編)〜 Autodesk 3ds Max Eentertainment Creation Suite 導入事例 〜

メーウ『pair* Factory MIX』PVメイキング(後編)〜 Autodesk 3ds Max Eentertainment Creation Suite 導入事例 〜

8月24日に発売された、ヴァーチャル・アイドルユニット "meaw(メーウ)" のニューシングル『pair*』。同梱 DVD に収録されているミュージックビデオ『pair* Factory MIX』を制作したのは、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』 シリーズ でもお馴染みの スタジオカラー デジタル部 である。本作は、企画からアニメーション制作、さらにはジャケットのアートディレクションまで KDB 内で全ての作業を一括して手掛けた意欲作だ。CGWORLD.jp ではスタジオカラー全面協力の下、詳細なメイキングをお届けしているが、今回は 「前編」 に引き続き、キャラクターアニメーション、背景美術、そしてコンポジットワークまでを見ていこう。

MotionBuilder によるキャラクター・アニメーション

前編 で解説した通り、本作では Desktop MOCAP iPi によるモーションキャプチャをベースにアニマティクスが作成されたが、一連のキャプチャデータは最終的に手付けのアニメーションに差し替えられた。一般的に手付けアニメーションの場合、3ds Maxであれば Character Studio もしくは CAT を用いるケースが多いが、本プロジェクトでは、スタジオカラー デジタル部(以下、KDB) としては初めて MotionBuilder で作業を行うことにしたという。

「KDB としては、今回が初めての MotionBuilder 本格導入になりました。僕個人は以前にモーションキャプチャ絡みの仕事で利用したことがあったのですが、MotionBuilder はアニメーション作成に特化しているだけあって、効率良くアニメーション作成が行えますね。特に IK と FK のブレンドやタイムワープ( Step の切り替え)が自由に行えるので、本作のようなダンスもののアニメーション作成に向いていると思います」と、本作の CG ディレクター・鈴木貴志氏は語る。

『pair* Factory MIX』PV01 『pair* Factory MIX』PV02 『pair* Factory MIX』PV03 『pair* Factory MIX』PV04

© King Record. Co., Ltd.『pair* Factory MIX』PV より。公式サイト にて、プロモーション用の短尺バージョンが視聴可能だ

「その他にも、アニメーション作成を始めた当初は未だキャラクターモデルが FIX していなかったのですが、MotionBuilder では多少ボーン構造が変わっても、アニメーションデータがそのまま引き継げるるので、後からモデルを差し替える際にも容易に対応することができましたね」(鈴木氏)。

MotionBuilder はモーションキャプチャ時に用いるソフトと思われがちだが、本作のように手付けベースのアニメーション作成においても高い優位性を誇る。モーションを調整する上でも、Story 機能などノンリニア編集ソフトと似たような感覚で作業できるという面でも利点がありそうだ。今後、手付けベースのアニメーション作成にも MotionBuilder が利用されるケースが高まるのかもしれない。

MotionBuilder:Timewarp カーブ の活用

カメラが FIX であれば、AE のタイムリマップにて2コマ打ちや3コマ打ちなどアニメーションのタイミングを調整することができる。しかし、カメラが動いている場合はカメラワークもコマ飛びしてしまうため、3DCG ソフト上でキャラクターのキーフレームを調整しなければならない。そこで本作では、MotionBuilder の Timewarp カーブ 機能を使い、そうした調整を行なったとのこと。「コマ抜きして、ポーズが飛びすぎた場合も、Timewarp のカーブ頂点を上下させるだけでコマとコマの中間ポーズを拾ってこれるのが便利ですね」(鈴木氏)。その他にも後半に登場するスーパースローのカット作成や TimeWarp カーブの形状を変形することで減速/加速、逆方向等の調整もリアルタイムで行えるといった利点があるそうだ。

meaw:MotionBuilder「Timewarp カーブ」の活用

image courtesy of khara, inc.
Timewarp カーブを利用することで、コマの可変やポーズの調整が効率良く行える

MotionBuilder:ExpertMode(コントロールリグ)の活用

足の位置を変更せずに膝の移動量だけを抑えたい場合などは、コントロールリグを ExpertMode 切り替えることで、微妙なアニメーションの調整に素早く対応することが可能である。

meaw:MotionBuilder「ExpertMode」の活用01

image courtesy of khara, inc.
元の状態。この状態から足の位置は変えたくないが、25コマ目から26コマ目の膝の移動差が大きいので抑えたい

meaw:MotionBuilder「ExpertMode」の活用02

image courtesy of khara, inc.
そんな時はコントロールリグを ExpertMode にして、足の Pull を 100% に設定する

meaw:MotionBuilder「ExpertMode」の活用03

image courtesy of khara, inc.
修正後(赤線は修正前の状態)。画像のように膝の FK リグを選択してカーブを修正すれば、足を固定したままで腰にオフセットがかかる。これにより目的通りの動きに仕上げることができる


キャラクター・アニメーションのブラッシュアップ例
<STEP 1> Desktop MOCAP iPi でキャプチャしたデータをそのまま流し込んだもの
<STEP 2> キャプチャデータのノイズやモーションを調整を行い、レイアウト決めのアタリに活用
<STEP 3> 手付けベースでキャラクター・アニメーションをブラッシュアップ。アニメよりの動きにするため、2コマ打ちや3コマ打ちなどタイミングの調整も併せて行う
<STEP 4> 完成形。キャラクターの動きに合わせ、尻尾などのユレモノやフェイシャル等のセカンダリアニメーションが加えられていることが判る

特集