>   >  映画『電人ザボーガー』〜 CG と造形の絶妙な融合により、昭和のロボットヒーローが現代にリブート 〜
映画『電人ザボーガー』〜 CG と造形の絶妙な融合により、昭和のロボットヒーローが現代にリブート 〜

映画『電人ザボーガー』〜 CG と造形の絶妙な融合により、昭和のロボットヒーローが現代にリブート 〜

チェーンジ、 ストローングザボーガー、GO!! 「第40回 ロッテルダム国際映画祭」 ジャパンプレミア上映「FANTASTIC FEST 2011 ファンタスティック部門」 監督賞受賞 など、国内外で高い評価を得た 井口 昇監督 のヒット作 『電人ザボーガー』(英題:"Karate-Robo Zaborgar" ) の Blu-ray & DVD が 3 月28日より発売される。
本作は1974 年に放送された TV シリーズ 『電人ザボーガー』 を 2 部構成で現代に蘇らせた意欲作である。主人公大門豊を演じるのは熟年期に板尾創路、青年期に古原靖久。本作における 2 人の熱演は往年のファンをもきっと唸らせるはずだ。渾身の VFX を制作したのは井口監督の盟友であり、本作でも VFX スーパーバイザーを務めた鹿角剛司氏率いる スタジオ・バックホーン『片腕マシンガール』(2007)『ロボゲイシャ』(2009)といったアウトローな作風の井口作品をビジュアル面で支えてきた CGWORLD 本誌でもお馴染みの VFX スタジオだ。今回は主人公でもあるザボーガーのメイキングを中心にこだわりの演出を紐解いていく。

スタジオ・バックホーンの VFX コンセプトとは

映画『電人ザボーガー』 は主人公大門豊とその兄弟ロボット、ザボーガーが地球の平和を守るために、サイボーグ組織シグマとの戦いに身を投じていく姿を描いたロボット空手アクション映画である。本作の VFX カットは 500 カット以上あり、3D カットをスタジオ・バックホーン、2D 合成中心の 160 カットは 日本映像クリエイティブ が担当。撮影は 2010 年の 4 月から 5 月に掛けて行われ、VFX 制作には約 3 ヶ月を要したという。ただし、この 3 ヶ月の間に同時進行していた 『ヘルドライバー』(西村喜廣監督)など別作品の制作も含めると、同社がこなしたカット数は 1,300 カットを超えているそうだ。


映画『電人ザボーガー』予告編

本作のVFXは青年期の 「第 1 部:たたかえ!電人ザボーガー!」 と熟年期の 「第 2 部:耐えろ大門!人生の海に!」 で異なるコンセプトで取り組まれているが、それぞれのコンセプトについて鹿角氏は次のように語る。

「今回は 37 年前の作品をリメイクするに当たって、第 1 部は井口監督の要望で当時のテレビシリーズをできるだけ完コピすることがテーマでした。従い、プリビズも制作していません。第 1 部はアナログの手法をメインとしてやる方針があったので、西村映造さんで制作されたメインの着ぐるみと CG の違和感がないように質感には特に気を配りましたね。第 2 部に関しては携帯電話も出てくるいわゆる現代の物語なので、なるべく現代風にアレンジしています。特に変形シーンや空中戦ではスピード感を気にしながら制作しました」。

『第 1 部』制作において、鹿角氏は敢えてオリジナル作品を見直さずに作業を進めたとのこと。なぜなら、現代にザボーガーを蘇らせる上で、オリジナルに熱狂していた小学生当時の 「電人ザボーガーは "こうカッコよかったよな" 」 と、脳内補完されたイメージを頼りにして作り上げようとしたからだ。一方、『第 2 部』に関しては完全オリジナル作品のため、かなりのボリュームのプリビズを制作しながら正攻法で作業を進めたという。

『ザボーガー』 『ザボーガー』 『ザボーガー』 『ザボーガー』

© 2011「電人ザボーガー」フィルム・パートナーズ
監督・脚本:井口 昇
VFX スーパーバイザー:鹿角剛司
特殊造型監督・キャラクターデザイン:西村喜廣
アクション監督:カラサワ イサオ
出演:板尾創路、古原靖久ほか
企画・制作:ピー・プロダクション
エグゼクティブプロデューサー:大月俊倫
監修:鷺巣詩郎
製作:2011「電人ザボーガー」フィルム・パートナーズ
配給:キングレコード / ティ・ジョイ
配給協力・宣伝:日活

海外に向けた作品も数多く手掛けているスタジオ・バックホーン。作品ごとに異なる顔を覗かせるその独特な制作スタイルにも共通の特徴がある。それは制作側が作りたいものを作ると同時に、観客自身が見たいものを見せよう というこだわりだ。例えば、本作のザボーガー変形シーンでは予算の制約に対して、別角度からの発想が持ち込まれている。海外のブロックバスター映画のように予算を掛けられなくても、観客を楽しませることを第一に採り入れられたアイデア......それはザボーガーを "無駄に変形" させることだったと鹿角氏はふり返る。

「予算を掛けてたくさんパーツを作り正確な変形をしても視覚効果としては面白くない。むしろどうインパクトのある変形をさせるか考えて辿り着いたのが、"1 度無駄に開いて、良く分からないけど何かが飛び出る" というアニメーションでした。最終的に収納されるんですけどね(笑)。わざわざ中から 1 度出てきて引っ込むというその動き自体に意味はないのですが、全体の印象として何か物凄いことが起こったと感じさせる視覚的な仕掛け作りです」。

限られた予算でも妥協することなく、そこに創意工夫を加えて面白いものに変換する。これこそがスタジオ・バックホーンの制作マインドなのだ。それでは次ページから、気になるザボーガーのメイキングを見ていこう。

特集