>   >  『放課後ミッドナイターズ』などのオリジナル作品を制作するモンブラン・ピクチャーズ。新たな表現への試みに積極的に挑戦できる会社と語る吉田 真也氏に話を聞いた。
『放課後ミッドナイターズ』などのオリジナル作品を制作するモンブラン・ピクチャーズ。新たな表現への試みに積極的に挑戦できる会社と語る吉田 真也氏に話を聞いた。

『放課後ミッドナイターズ』などのオリジナル作品を制作するモンブラン・ピクチャーズ。新たな表現への試みに積極的に挑戦できる会社と語る吉田 真也氏に話を聞いた。

[PR]

福岡ドームの球場内映像から、世界7カ国で劇場公開されたオリジナル作品『放課後ミッドナイターズ』など、映像の企画制作を請け負うスタジオという側面を持つ傍ら、スタッフによるオリジナルコンテンツをも意欲的に制作する映像制作会社が福岡市に拠点を置くモンブラン・ピクチャーズだ。

今回はテクニカルエンジニアとして活躍する吉田真也氏に、自身の仕事内容や福岡で働く魅力についてお伺いした。

CGWORLD(以下、CGW):モンブラン・ピクチャーズはどんな会社ですか?

吉田真也氏(以下、吉田):モンブラン・ピクチャーズは一言でいうと「映像の企画制作スタジオ」です。映像制作を請け負う映像スタジオという側面とは別に、自分たちでコンテンツを創って売り出していく、という事も事業としてやっています。設立は2012年で、設立年に『放課後ミッドナイターズ』という映画を制作して世界7カ国で公開しました。

監督は弊社の代表取締役の竹清で、この映画こそがオリジナル企画です。このように、映像制作の仕事を請け負いながら自分たちの企画を世の中に送り出していこう、ということをやっているのがモンブラン・ピクチャーズですね。

弊社でずっと請け負っている仕事としては、ソフトバンクホークス球場内映像があります。今年は試みとして新しいチャレンジをしています(CGWORLD203号P86参照)。

吉田:その他CMなどのテレビメディアで流れるもの以外の仕事としては、イベントでのプロジェクションマッピングなどもやっています。
また、我々のコンテンツがお客さんになるべく直接届くように、つい最近オンラインショップをオープンしました。そこでモンブラン・ピクチャーズのグッズを販売しています。

CGW:九州に根付いた仕事が多いですか?

吉田:それが案外そうでもなくて、ローカルのお仕事は2割程度で、それ以外は全国展開の仕事です。規模の大きなお仕事は全国展開のお仕事が多いですね。

CGW:吉田さんの職種、テクニカルエンジニア(以下、TD)とはどのような職種なのか教えていただけますか?

吉田:一般的に『TD』と呼ばれているジャンルの仕事で、CG映像制作を行うための制作支援ツールの開発だったり、映像制作の工程がスムーズに進むためのプロダクションパイプラインの構築をしたりします。

それに加えて、私の場合はインタラクティブアプリケーションの開発も行っています。特にCG描画系のプログラミングが得意なので、体験型のプロジェクションマッピングなどでは最終的に投影される映像自体をプログラミングで開発するということも行っています。ちなみに弊社は15名の会社ですが、TDは僕一人です。

▶︎次ページ:福岡で働く魅力は○○○?


INFORMATION

  • 福岡クリエイティブキャンプ 2015

    主に首都圏で活躍しているIT・デジタルコンテンツ等の開発経験者(クリエイティブ人材)の福岡市内企業へのU/Iターン転職を応援するために,福岡市が実施するプロジェクトです。

    ●詳細はこちら●
    fcc.city.fukuoka.lg.jp/

JOB INFORMATION

モンブラン・ピクチャーズでは『福岡クリエイティブキャンプ』を通じて以下の職種を現在募集しています。

【募集職種】
CGジェネラリスト

【求人内容/応募はこちら】
http://fcc.city.fukuoka.lg.jp/work/86/


EVENT INFORMATION

  • 業界歴5年目からのプロダクションワークフロー講座[9/4:東京]

    国内外で活躍するModelingCafeの北田 栄二氏が『制作環境』をテーマにModelingCafeが考える業界歴5年目くらいクリエイターに向けてプロダクションワークフローをわかりやすく解説します。また、実際に福岡に支社を設立しIターンとして福岡で生活している北田氏と福岡市の山下氏による「福岡で働く」をテーマにした座談会も行います。

    ●詳細/参加申込はこちら●
    http://fcc.city.fukuoka.lg.jp/event/421/

Profileプロフィール

吉田真也/Shinya Yoshida

吉田真也/Shinya Yoshida

宮崎県延岡市生まれ。
九州芸術工科大学卒業後東京のCG制作会社に7年間勤め、2013年にモンブラン・ピクチャーズへ入社。 CGプログラマーとして、オリジナル映像コンテンツ制作やインタラクティブコンテンツ制作に携わる。

福岡クリエイティブキャンプ 2015

福岡クリエイティブキャンプ 2015

主に首都圏で活躍しているIT・デジタルコンテンツ等の開発経験者(クリエイティブ人材)の福岡市内企業へのU/Iターン転職を応援するために,福岡市が実施するプロジェクトです。

URL:fcc.city.fukuoka.lg.jp/

スペシャルインタビュー