>   >  自社技術の継続発信でプレゼンスを上げる! SEGA TECH Blog担当者に聞く企業ブログを長く続けるコツ
自社技術の継続発信でプレゼンスを上げる! SEGA TECH Blog担当者に聞く企業ブログを長く続けるコツ

自社技術の継続発信でプレゼンスを上げる! SEGA TECH Blog担当者に聞く企業ブログを長く続けるコツ

インターネットを活用し、自社情報を積極的に発信していくオウンドメディアが増加している。セガのゲーム開発技術に関する話題が毎月更新されるSEGA TECH Blogもその1つだ。しかし、せっかく同様の試みを開始したにもかかわらず、途中でクローズしてしまう例もみられる。長く更新を続けるコツとは何か、担当者に話を聞いた。

TEXT&PHOTO_小野憲史 / Kenji Ono
EDIT_小村仁美 / Hitomi Komura(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada

企画から4ヵ月の準備期間を経てスタート

「昔は技術のセガと言われていましたが、2000年代以降、そうしたイメージが低下していました。技術力をもった人が社内にたくさんいることをアピールして、技術のセガというプレゼンス向上につなげたかったんです」。

2016年8月にスタートし、自社のゲーム開発に関する様々な技術やノウハウの発信を続けている「SEGA TECH Blog」。他では得られない「ここだけの情報」や、社員が直接記事を書くスタイルが受けて、更新日には1~2万件のアクセスが見られる人気サイトだ。家庭用ゲームとスマホゲーム開発を手がけるセガゲームスと、アーケードゲーム開発を手がけるセガ・インタラクティブの開発者が月替わりで執筆し、すでに4年が経過している。

内容も「『龍が如く』におけるキャラクター制作ワークフロー」など、個別のタイトルに紐付いた技術から、「ゲーム・アニメーション創りは面白い!」などの汎用的なトピック。さらには「最近のアーケードゲーム開発」など、ふだんなかなか目にする機会がないアーケードゲームの開発情報もあり、バラエティに富んでいる。共通しているのは現場のゲーム開発者が記事を執筆していることで、広報や宣伝チームが主導するのではない、現場主導型のオウンドメディアであることが伺える。

このブログ運営で中心的な役割を果たしているのが、セガゲームスでテクニカルアーティスト(TA)として活躍している麓 一博氏だ。TAの黎明期から様々なタイトル開発の支援に携わり、ゲーム業界の技術カンファレンス「CEDEC」の運営委員も務める、ゲーム開発者コミュニティにおけるキーパーソンの1人。1999年に発売された家庭用ゲーム機「ドリームキャスト」起動時の映像制作に携わるなど、プラットフォームホルダー時代のセガを知るベテランの1人でもある。

麓 一博/Kazuhito Fumoto

株式会社セガゲームス第3事業部 第3開発2部 テクニカルサポートセクション所属。『龍が如く』シリーズをはじめ、様々なプロジェクトにTAとして参加しつつ、SEGA TECH Blogの担当者としてサイト運営を行なっている
sega-games.co.jp
techblog.sega.jp

これまで企業の情報発信は、雑誌やWebメディアなど、外部メディアを経由するのが一般的だった。風向きが変わり始めたのが2014年ごろで、国内でも自社サイトやブログなどを活用して、自社の情報を積極的に発信する例が増え始めたのだ。ゲーム業界も同様で、Webのトレンドに敏感なソーシャルゲーム系の企業から、エンジニアによる技術ブログの運営がスタートした。技術が急速に変化する中、自ら情報を発信することで、外部から有益な情報や人材を呼び込むことが主なねらいだった。

「SEGA TECH Blog」の立ち上げも、麓氏らが部署内で「インターネットでの情報発信を介してセガの技術プレゼンスを上げたい」と、アイディアを温めていたことが遠因だった。ゲーム業界における技術ブログ公開の波を受けてのことだ。これがひょんなことから経営陣の耳に入り、具体的な企画検討が始まることに。これを聞いた麓氏は、渡りに船とばかりに担当者に立候補した。ここから4ヵ月ほどの準備期間を経て、ブログがスタートすることになる。

「こうした経緯で始まったので、トップダウンとボトムアップのどちらが先かと言われると、難しいんですよね。ただ、結果としてグループ全体で、上から下まで一体感をもって取り組めていることが、今まで更新が続いている大きな理由だと思います。記事が更新されると、セガの公式TwitterFacebookアカウントでも告知いただいています。これがフックになって、記事を公開すると、ぐっとアクセス数が伸びるようになりました」(麓氏)。

ブログの準備を進めるにあたって、麓氏には大きく三つの課題があった。第1にブログのねらいを定めること。第2に更新フローの確立。そして最後に企業で取り組む上での課題の洗い出しと解決だ。ブログのねらいでは前述の通り「高い技術力をもった社員がいることを告知し、技術力のセガというプレゼンスをあげる」ことが掲げられた。これには人材採用につなげることと、技術をもっていながら表に出てこなかった、社内の隠れた開発者ヒーローを発掘するという副次的なねらいもあった。

「それまで技術の紹介といえば、ゲームのセールスプロモーションや、CEDECなどの大規模カンファレンスが中心でした。しかし、プロジェクトに直接関係がなかったり、実験段階で留まっていたりする技術の中にも、おもしろいものがたくさんあります。そうした技術に携わる開発者が世間で知られる術がないことに、もったいなさを感じてしました。中には公表できないものもありますが、公表できる範囲に絞っても、相当数あると感じていたんです」(麓氏)。

もっとも、そのためには社内で書き手を見つけて、記事制作を依頼し、実際に公開するまでの作業フローを確立することが重要だ。単に記事を書くだけでなく、公開に先立ち各部署に内容を確認し、承認をえる必要がある。記事を書いた本人や上長だけでなく、広報や知財といった関連部署との連携も必要だ。人材採用につなげるなら、人事との連携も求められる。記事を1本公開したら終わりではなく、これを継続的に進めていかなければいけないのだ。

そこで麓氏は以前、個人でブログを書いていた経験から毎月1回、1本の記事を更新するのが適切だろうと目安をつけた。その上で2本の記事を並行して作成し、更新していく体制を整えた。ある記事の依頼を行いながら、先行して上がってきた別の記事の社内確認を行い、公開後に次の記事の社内確認を行いつつ、新しい記事の依頼をするといった具合だ。広報・知財・人事を巻き込んだ体制づくりも、トップダウンとボトムアップの相乗効果で始まった経緯もあり、支障なく推移したという。

最後に課題となったのが使用するツールやサービス類の検討だった。外部からのセキュリティ対策もさることながら、社員が重要なファイルや情報を間違ってアップロードしないなど、内部からの情報漏えいについても気を配る必要がある。他に「SNSへのリンク機能」、「アクセス数のカウント」、「マルチアカウント対応」、「Googleアナリティクス連携」、「過去ログの蓄積」などが検討課題となり、実際にサービスを試用して検討。最終的に「はてなブログPro」の使用に落ち着いた。

次ページ:
TAだからできた記事制作フロー

Profileプロフィール

麓 一博/Kazuhito Fumoto(セガゲームス)

麓 一博/Kazuhito Fumoto(セガゲームス)

株式会社セガゲームス第3事業部 第3開発2部 テクニカルサポートセクション所属。『龍が如く』シリーズをはじめ、様々なプロジェクトにTAとして参加しつつ、SEGA TECH Blogの担当者としてサイト運営を行なっている
sega-games.co.jp
techblog.sega.jp

スペシャルインタビュー