>   >  KOO-KIが企画・制作した超没入型インタラクティブシアター『Universe of Nikon ニコンがひらく世界』
KOO-KIが企画・制作した超没入型インタラクティブシアター『Universe of Nikon ニコンがひらく世界』

KOO-KIが企画・制作した超没入型インタラクティブシアター『Universe of Nikon ニコンがひらく世界』

2017年に創立100周年をむかえる、ニコン。それを記念して、本社ビルに「ニコンミュージアム」がオープンした。その主たるコンテンツのひとつが、3Dプロジェクションマッピングによるインタラクティブシアター『Universe of Nikon ニコンがひらく世界』だ。映像制作のみならず、上映システムやインタラクション用デバイスのデザイン・開発まで一括して手がけたという、KOO-KIと外部パートナーたちが本作に込めた思いを語ってくれた。

3Dプロジェクションマッピングによる映像没入型インタラクティブシアター『Universe of Nikon 日本のひらく世界』(KOO-KI)

(写真提供:KOO-KI)「ニコンミュージアム」のエントランス。1917年に創立したニコン、同社の足跡を様々な展示を通して知ることができる

<1>空間デザインからKOO-KIが担当

2015年10月17日(土)、ニコン本社ビルの2Fに「ニコンミュージアム」がオープンした。2017年に同社が創立100周年をむかえることを記念したものだが、本ミュージアムの入口近くに配置された『Universe of Nikon ニコンがひらく世界』(以下、Universe of Nikon)では、高さ3.5m、幅4.5mの120度円周スクリーンによる3Dプロジェクションマッピング映像を楽しむことができる。床面まで覆ったホリゾント型を採用することで作品映像の世界にまさに"没入"することができるのに加え、メニュー画面を球体型の操作デバイスを用いたゲーム性のあるUIに仕上げることによって来場者がインタラクティブコンテンツも楽しめるしかけになっている。

3Dプロジェクションマッピングによる映像没入型インタラクティブシアター『Universe of Nikon 日本のひらく世界』(KOO-KI)

ニコンミュージアムの入口を抜けてすぐのところにある『Universe of Nikon』。直径6.7mの円筒形の空間内にホリゾントスクリーンが設けられている

  • 3Dプロジェクションマッピングによる映像没入型インタラクティブシアター『Universe of Nikon 日本のひらく世界』(KOO-KI)
  • 3Dプロジェクションマッピングによる映像没入型インタラクティブシアター『Universe of Nikon 日本のひらく世界』(KOO-KI)

(写真提供:KOO-KI)
(左)ホリゾント型のスクリーンに対して、側面から3台と床面から1台の計4台のプロジェクタによって3Dプロジェクションマッピングが投影される/(右)映像が床面にまで投影されるため、非常に高い没入感が得られる

そんな『Universe of Nikon』のプロジェクションマッピング映像の制作のみならず、ホリゾント型スクリーンをはじめとする空間デザインまで一括して手がけたのが、福岡の雄として知られるクリエイティブ・スタジオKOO-KIだ。
きっかけは2014年の夏。KOO-KIと同じく福岡に本社をかまえる総合プロダクションサクセスから誘いをうけたことであった。
「サクセスさんがニコンミュージアム全体の映像を手がけていらしたのですが、その目玉となるコンテンツを担当してほしいとのお話をいただきました。そこでまずは、どのような映像演出が効果的なのかを考えることからはじめました。その過程では、様々な映像展示施設へ足を運びながら360度全周やS3Dなども検討したのですが、パビリオン内に用意された面積などを考慮して、3Dプロジェクションマッピングが最も有効だろうという結論に達しました」と、上原 桂クリエイティブ・ディレクターはふり返る。

3Dプロジェクションマッピングによる映像没入型インタラクティブシアター『Universe of Nikon 日本のひらく世界』(KOO-KI)

〈前列〉左から、河原幸治プロデューサー、池田一貴ビジュアル・ディレクター/〈後列〉左から、秋山 優PM、高村 剛インタラクション・ディレクター、上原 桂クリエイティブ・ディレクター(以上、KOO-KI)、山下裕次郎デジタルアーティスト(エージェントプラス

映像表現に3Dプロジェクションマッピングを採用することを決めた後、具体的な演出プランを検討。ニコンがほこるレンズ技術の象徴として、半導体露光装置の極小世界から、光年単位の宇宙観測まで様々な映像世界を描くというコンセプトにたどり着いた。
「2015年初頭に、何案かプレゼンさせていただき、最終的に人工衛星に搭載された望遠カメラのレンズ技術をモチーフにした『宇宙』篇、半導体露光装置のナノメートルの世界を描いた『半導体』篇、そして体内を表現した『人体』篇の3タイプを制作することに決まりました」(上原氏)。
映像演出を考案する過程では、内容に間違いがあってはいけないということで、各分野の大学教授や研究者たちへのインタビューを実施し、制作の途中でもアドバイスを求めながら内容を詰めていったという。

「実制作を進めるにあたり、プラネタリウム映像など大型特殊映像を多く手がけているゼネラルアサヒ(以下、GA)の関(直之)さんに3Dプロジェクションマッピングの投影手法や機材構成について、技術面からサポートしていただきました。また、『映像世界に没入できる』というコンセプトを実現させる上では映像と音のシンクロにもこだわりました」(池田一貴ビジュアル・ディレクター)。
そこでサウンドデザインについては、KOO-KI設立当初から数多くの作品でタッグを組んでいるインビジブル・デザインズ・ラボに参加してもらうなど、KOO-KIが長年にわたりつちかってきた強力なパートナーシップの下、制作に臨んだ。

3Dプロジェクションマッピングによる映像没入型インタラクティブシアター『Universe of Nikon 日本のひらく世界』(KOO-KI)

左から、生嶋 就ビジュアル・ディレクター(KOO-KI)、関 直之テクニカル・アドバイザー(ゼネラルアサヒ)、中村優一コンポーザー(インビジブル・デザインズ・ラボ

▶次ページ:<2>Maya上に投影空間を再現する

Profileプロフィール

空気/KOO-KI

空気/KOO-KI

〈前列〉左から、河原幸治プロデューサー、池田一貴ビジュアル・ディレクター/〈後列〉左から、秋山 優PM、高村 剛インタラクション・ディレクター、上原 桂クリエイティブ・ディレクター(以上、KOO-KI)、山下裕次郎デジタルアーティスト(エージェントプラス

KOO-KI/ゼネラルアサヒ/インビジブルデザイン

KOO-KI/ゼネラルアサヒ/インビジブルデザイン

左から、生嶋 就ビジュアル・ディレクター(KOO-KI)、関 直之テクニカル・アドバイザー(ゼネラルアサヒ)、中村優一コンポーザー(インビジブル・デザインズ・ラボ

スペシャルインタビュー