>   >  2018年、CG・映像制作に最適なマシン構成は?コロッサス×マウスコンピューターがCG・映像編集を高速化するためのハードウェア構成を徹底検証!
2018年、CG・映像制作に最適なマシン構成は?<br/>コロッサス×マウスコンピューターがCG・映像編集を高速化するためのハードウェア構成を徹底検証!

2018年、CG・映像制作に最適なマシン構成は?
コロッサス×マウスコンピューターがCG・映像編集を高速化するためのハードウェア構成を徹底検証!

[PR]

CPU・GPUベースが混在し、レンダラ戦国時代を迎えたCG・映像業界。ハードウェア面でも新世代CPUや超高速ストレージなどの新製品が市場を賑わしている。こうした中、2018年のCG・映像制作で必要なマシンスペックとは何か? コロッサスとマウスコンピューターのコラボレーションで検証が行われた。

ハードもソフトも日進月歩の中で、2018年に求められるPCスペックとは?

アートとエンジニアリングが融合するCG制作。CGアーティストといえども、技術革新に対する的確なキャッチアップが求められている。特に近年はCPUベース・GPUベースのレンダラが登場し、「レンダラ戦国時代」ともいえる状況を呈してきた。一方で新世代CPUや大容量・高速SSDストレージが登場するなど、CG制作のベースとなるマシン選びにおいても、選択肢が広がっている。

ただし、最適なマシン構成といっても、アーティスト視点と経営者視点では、自ずと規準も異なる。「予算が許す限り最高のPC」を使用したいのがアーティストの常だが、経営者からすれば機材の減価償却やレンダラのライセンス費用なども踏まえた、総合的な判断が必要だからだ。実際の導入には既存パイプラインやソフトウェアとの整合性、OSのバージョン対応といった視点も必要になる。

そこで今回は少数精鋭の実力派CGスタジオ、コロッサスで代表を務める成田修一氏と、同社シニアデザイナーとしてディレクションやR&Dを担当し、PC自作にも造詣が深い澤田友明氏に依頼。機材面ではクリエイター向けに「DAIV」ブランドを展開するマウスコンピューターと、同社で法人向けプロダクトマーケティングを主導する金子覚氏の協力を受け、「2018年のCG・映像制作で求められるマシン構成とは」というテーマで検証を行なった。

ゲーム・映画・イベント向け映像と、様々なジャンルでハイエンドなCG映像を制作しているコロッサス。同社では「コストパフォーマンスが高く、各々の業務に最適なハードウェア構成が選べる」という理由から、長年BTOマシンが使用されている。一方のマウスコンピューターも、国内生産にこだわるなど、手厚いサポートと高いコストパフォーマンスで成長してきたBTOメーカーだ。

ちなみに澤田氏と金子氏は2017年11月5日(日)に開催された「CGWORLD2017 クリエイティブカンファレンス」でも登壇し、同テーマで講演を行なった。本記事はその内容をベースに、さらにブラッシュアップさせたものだ。2018年におけるマシン選びの参考にしてほしい。

検証ハードウェアについて

今回の検証ではマウスコンピューターのクリエイターブランド「DAIV」で販売中のPCをベースにカスタマイズされた2機種と、コロッサスで使用されている4K動画編集マシンの3台が使用された。

検証マシン①では、CPUに1世代前の製品である第7世代インテル Core i7-7700を中核とした「DAIVDGZ510S1-SH2」をベースに、メモリを32GBに変更した。これに対して検証マシン②では最新となるCore X世代の中でも、2017年11月時点で最上位モデルとなるCore i9-7900Xを中核とした「DAIVDQX750U1-PS5」をベースにしており、メモリも同じ32GBとなっている。Core i7-7700は4コア8スレッドながら、クロック周波数は3.6GHzとCore i9-7900Xの3.3GHzを凌駕。一方でCore i9-7900Xは10コア20スレッドのメニーコアで、ターボブースト時のクロック周波数も最大4.50GHzと、Core i7-7700の最大4.20GHzを凌駕する点がポイントだ。そのため対応するCPUソケットとマザーボード側のチップセットも新規格となり(囲み参照)、従来の製品と互換性がなくなっている。

このほか、ストレージは共にシステム用としてSATA接続のSSD(240GB)を搭載。他に検証用としてSATA接続のハードディスク(7200pm/2TB)とSATA接続のSSD(240GB)、そしてPCIe VMe3.0x4接続の新世代SSD、Intel® Optane™ SSD900P (480GB)を増設している。

これに対してコロッサス側ではCPUにXeon E5-2600v2を搭載し、GPUにAMD FirePro W8000、検証用ストレージにPCIe 3.0X8接続のSSDを6枚搭載したマシンが用意された。SSDはLSI MegaRAIDカードによってRAID=0で認識されており、スループットを上げて高速化させている。4K編集用PCとして実際に業務に使用されているもので、検証マシン2台との速度差が気になるところだ。

DAIV-DGZ510S1-SH2

  • ● OS:Windows 10 Pro
    ● マザーボード:インテル Z270 チップセット (ATX / SATA6Gbps 対応ポート×6 / M.2スロット×1)
    ● CPU:インテル Core i7-7700 プロセッサー(4コア / 8スレッド / 3.60GHz /TB時最大4.20GHz / 8MBキャッシュ)
    ● GPU:NVIDIA GeForce GTX1060 / 3GB
    ● メモリ:16GB [ 8GB×2 ( PC4-19200 /DDR4-2400 ) / デュアルチャネル ]
    ● ストレージ:240GB SSD ( 6Gbps 対応 )2TB HDD (6Gbps)
    ● 電源:500W( 80PLUS SILVER )
    ● 価格:¥144,800(税抜)
    ※検証機はメモリを32GBに変更しています

DAIV-DQX750U1-PS5

  • ● OS:Windows 10 Pro
    ● マザーボード:インテル X299 チップセット (ATX / SATA6Gbps 対応ポート×8 / M.2スロット×2)
    ● CPU:インテル Core i9-7900X プロセッサー(10コア / 20スレッド / 3.30GHz /TB時最大4.50GHz / 13.75MBキャッシュ)水冷CPUクーラー
    ● GPU:NVIDIA Quadro P5000 / 16GB
    ● メモリ:64GB [ 8GB×8 ( PC4-19200 /DDR4-2400 ) / クアッドチャネル
    ● ストレージ1:480GB SSD ( 6Gbps 対応 )
    ● ストレージ2:480GB インテル Optane SSD 900P
    ● 電源:850W( 80PLUS PLATINUM )
    ● 価格:¥705,600(税抜)

コロッサス社内使用 4K映像編集PC

● OS:Windows 10 Pro
● マザーボード:不明
● CPU:インテル Xeon E5-2600v2 プロセッサー (6コア /12スレッド / 2.10GHz / TB時最大2.60GHz /15MBキャッシュ) CPUクーラー不明
● GPU:AMD FirePro W8000 / 4GB
● メモリ:32GB [ ( PC3-12800 / DDR3-2400 ) ]
● ストレージ:240GB SSD (SATA)、LSI MegaRAID(SSD×6 RAID=0、1.2TB(PCIe 3.0×8))

POINT 01
Core i9-7900Xプロセッサーの実力とは?

  • 今夏に登場したインテル新世代ハイエンドCPU「Core X」シリーズの最上位モデル(2017年11月時点)。対応ソケットが「LGA2066」に変更となり、チップセットも「Intel X299」が必要になったため、使用時には対応マザーボードが必要だ。消費電力も140Wとなり、水冷CPUクーラーが必要になる。もっとも、10コア20スレッドという性能は驚異的で、シングルスレッドの実行速度も、ターボブースト時で最大4.50GHzを記録するほど。PCI Express拡張スロットの直通レーン数も44で、PCI Express X16スロットを2本使用し、合計で32レーン(16GB/s)を必要とするNVIDIA SLI環境下でも、余裕を持った処理が実現できる。

POINT 02
Intel® Optane™ SSD 900Pの実力とは?

  • 次世代高速メモリ「3D XPoint」が搭載された、初の一般消費者向けSSDストレージ製品。3D XPointは現在のSSDで用いられているNAND型フラッシュメモリと比べて、読み書き速度と寿命が1,000倍以上も改善された次世代規格。これまでは主にデータセンター向けに用いられてきたが、Optane SSD 900Pではじめて、BTOマシンなどでも使用可能になった。製品はPCI Express X4接続対応の拡張カードタイプとU.2接続の2.5インチHDD互換タイプがあり、実際の読み書きは対応インターフェイスの上限に縛られるが、メインメモリなみの低い遅延速度を誇るのが特徴。なによりスロットに挿入するだけで使用できる手軽さが魅力だ。

Profileプロフィール

コロッサス×マウスコンピューター

コロッサス×マウスコンピューター

右から 澤田友明氏(コロッサス シニアデザイナー)、成田修一氏(同社代表取締役)、大野洋一氏(同社プロダクションスーパーバイザー)、金子覚氏(マウスコンピューター)

コロッサス
ハイエンドなCG制作を手がける少数精鋭集団として2007年に創業。ゲーム・映画・イベント用映像など、さまざまなジャンルで映像制作を行なっている。公式サイトでレンダラの技術ブログを展開するなど、情報発信についても意欲的。
cls-studio.co.jp

マウスコンピューター
BTOパソコンの生産・販売を主力業務に、「国内生産」、「24時間365日電話サポート」、「96時間で修理完了」を掲げて事業展開。「DAIV」など用途別のブランド展開でも知られる。埼玉・東京・名古屋・大阪・福岡では直営店も営業中。
www.mouse-jp.co.jp

スペシャルインタビュー