>   >  CG制作の現場にクラウドレンダリングを。マイクロソフト「Azure Batch Rendering」が提示するCG・エンタメ業界の未来
CG制作の現場にクラウドレンダリングを。マイクロソフト「Azure Batch Rendering」が提示するCG・エンタメ業界の未来

CG制作の現場にクラウドレンダリングを。マイクロソフト「Azure Batch Rendering」が提示するCG・エンタメ業界の未来

[PR]

外部のクラウドサーバを使用してレンダリングすることで、突発的な受注業務にも柔軟に対応でき、管理コストも節約できるクラウドレンダリング。CG制作の現場でも徐々に浸透してきたが、まだまだ敷居が高いのが現状だ。こうした中、マイクロソフトが新たに「Azure Batch Rendering」サービスを開始した。従来のサービスとのちがいや、CG・エンタメ業界に及ぼす影響について関係者に聞いた。

TEXT_小野憲史 / Kenji Ono
EDIT_山田桃子 / Momoko Yamada
PHOTO_島田健次 / Kenji Shimada

Maya、3ds Maxとシームレスに連携

ーーIT業界ではすっかり一般化したクラウドサービスですが、CG・映像業界ではまだ文字どおり「雲をつかむ」ような印象もありますよね。

ボーンデジタル 細見龍一氏(以下、細見):一般的なサーバ用途ならまだしも、ことクラウドレンダリングとなると、まさにそういう感じがありますね。制作現場から「メリットがわかりにくい」、「設定方法がわからない」、「価格が高そう」という話をよく耳にします。

Azure Batch Renderingとは?


Microsoft Azure上でバッチジョブ型の3DCGレンダリングなどが行えるサービス。2017年11月末時点で、Maya、3ds MaxとArnoldが対応(V-Rayは近日提供予定)

マイクロソフト 田中 洋氏(以下、田中):クラウドレンダリングはローカルのレンダーファームで行われているレンダリング業務を、そのままクラウドサーバ上で行うためのサービスです。クラウド化することで、突発的な業務でもサーバの増強などを気にせず、必要な時に必要なだけのレンダリングパワーをお使いいただけます。中でも当社のクラウドサーバ「Microsoft Azure」で動作する「Azure Batch Rendering」を使用することで、3DCGツールから直接クラウドレンダリングを行なっていただけるようになりました。そして、2017年5月からMaya3ds Max向けにプラグインの提供も開始されています。

細見:実際に試させていただきました。MayaであればレンダリングしたいシーンをUI上で選択するだけで、自動的にデータがクラウドサーバ上に展開されてレンダリングが行えたので、驚きました。一方、3ds MaxではDispatcherを介してクラウドレンダリングを行うことになりますね。プラグイン自体はソースウェアが無償公開されているので、ユーザーの環境に合わせて自由にカスタマイズが可能で、さらなる自動化もできそうです。対応レンダラはArnoldV-Rayですが、V-Rayは限定的な対応に留まっており、今後に期待でしょうか。

Maya、3ds Maxのプラグイン感覚で使える


Azure Batch Renderingの正式提供が開始され、手元のPCからMaya、3ds MaxのArnoldのレンダリングジョブを直接投げることが可能。まさにプラグインの感覚で利用できる

ーーお試しなどは可能なのでしょうか?

ネクストスケープ 岩本義智氏( 以下、岩本):Microsoft Gold Cloud Platformパートナーであるネクストスケープは、Microsoft Azureを用いたクラウドレンダリングサービス「NS-Render」(nsrender.nextscape.net)の一環として、クラウドレンダリングの活用をご検討されている企業様にAzure Batch Renderingの導入支援を行なっています。また、Maya、3ds Max、Arnold、V-Rayを利用したクラウドレンダーファーム構築支援サービスも提供しています。NS-Renderのホームぺージからは、当社オリジナルのAzure Batch Renderingベンチテスト結果付きのレンダリングテスト用サンプルと設定チュートリアルをダウンロードいただくこともできます。パフォーマンスはもちろん、機材を常に確保する必要がないメリットも実感していただきたいですね。

田中:Azure Batch Renderingの導入セミナーやハンズオンなども行なっていく予定です。公式サイトには日本語ドキュメントも整備されていますが、実際に触って体験していただくことが大切ですから。またレンダリングだけでなく、破壊や流体などの大規模シミュレーションに応用することで、表現の幅が一気に広がることが期待できます。

次ページ:
ハリウッド映画のVFXスタジオでも採用

Profileプロフィール

ネクストスケープ × ボーンデジタル × マイクロソフト

ネクストスケープ × ボーンデジタル × マイクロソフト

右から、岩本義智氏(ネクストスケープ クラウドレンダリング事業開発部 部長)、田中 洋氏(マイクロソフト HPC Techリード)、細見龍 一氏(ボーンデジタル ソフト事業部 技術サポート)

スペシャルインタビュー