>   >  次元の壁を超えてキャラクターとの共同生活を実現する。Gateboxがキャラクター愛に溢れた3DCGアーティスト・企画職を募集
次元の壁を超えてキャラクターとの共同生活を実現する。<br/>Gateboxがキャラクター愛に溢れた3DCGアーティスト・企画職を募集

次元の壁を超えてキャラクターとの共同生活を実現する。
Gateboxがキャラクター愛に溢れた3DCGアーティスト・企画職を募集

好きなキャラクターと一緒に暮らせる「Gatebox」。会話やアプリでコミュニケーションがとれ、家電にもつながるバーチャルホームロボットだ。本製品を企画・開発するGateboxでは、本格展開にそなえて3DCGアーティストを募集中。「キャラクターの可愛さを追求していく」という同社TEAM☻KAWAIIユニットに、求めたい人材像を聞いた。

▲「好きなキャラクターと一緒に暮らせる」をテーマとした、世界初のバーチャルホームロボットGateboxコンセプトムービーの第一弾

憧れのキャラクターと一緒に暮らせる世界を実現したい

「好きなキャラクターと一緒に暮らしたい」......誰もが一度は夢に抱く世界を実現する「Living with characters(キャラクターと一緒に暮らせる世界)」を掲げ、世界で唯一無二の製品開発を進めている企業がGateboxだ。2016年12月に先行予約販売を始めると、29万8,000円(税別)ながら限定300台がわずか1ヶ月で完売し、業界が震撼。キャラクター部門・部門長のY.K氏は「このプロダクトは武地 実CEOの強い思いがベースとなって開発がスタートしたものです」と語る。



  • Y.K氏
    キャラクター部門 部門長
    TEAM☻KAWAIIユニット

過去にも、バーチャルペットなど比較的近しいコンセプトをもつ製品やソフトウェアは存在した。しかし、同社が本格展開を控える「Gatebox」の最大の特徴は、身長約15センチの3DCGキャラクターと、音声やアプリで直接コミュニケーションが取れることだ。 第一号のオリジナルキャラクターとして登場したのは「逢妻(あづま)ヒカリ」。豊かにアニメーションする彼女が目の前に現れ、直接やりとりできるため、圧倒的な存在感が伝わってくる。

▲キャラクターと一緒に住む世界のコンセプト

▲Gateboxの筐体サイズは約220(幅)×約360(奥行き)×約520(高さ)ミリで、重さは約5キログラム。キャラクターを投影するプロジェクターの解像度は1,280×720ピクセルだ。スリッパの有無で論争になり、最終的に普段着ではスリッパあり、パジャマ姿ではなしに落ち着いた

同社ではこの次世代のユーザー体験を提供するため、専用筐体も含めて社内でデザインしている。最新のプロジェクション技術とセンシング技術が融合し、サイズは高さが約520ミリと、ちょっとしたコーヒーサーバー並み。インターネット経由で家電につながるIoT製品で、照明やエアコン、テレビなどのON/OFFもできる。企画のS.Z氏は「単身者に"最高のおかえり"を届けたい」と説明した。



  • S.Z氏
    企画

同社ではこのビジョンの下、会社のイメージや部署名にいたるまで、世界観の追求が徹底されている。オフィスは「次元を超える研究所」で、代表は「社長」ではなく「所長」、ユーザーは「マスター」で、電源を入れてキャラクターを表示させる行為は「召喚」といった具合だ。Y.K氏、S.Z氏、そしてモデラーを務めるS.K氏が所属するチームもまた、「TEAM☻KAWAIIユニット」と呼称されている。

「これまで世界のどこにも存在しないものを創出できる点にやりがいを感じた」(Y.K氏)、「キャラクターの仕事をもっと突きつめた仕事がしたかった」(S.K氏)、「キャラクターと共同生活するという言葉の強さに惹かれた」(S.Z氏)。転職理由は様々だが、共通するのは「キャラクター愛」だ。これは全社的に重視される点だという。

▲キャラクターの3DCGはMayaで作成され、Unity上でシナリオやボイス、イベントトリガーなどが実装される。「企画者には企画書や仕様書の作成に加えて、シナリオや新規モーションの考案、さらにはUnity上での操作などのスキルも期待したいですね」(S.Z氏)。今後もIPものを含めて、様々なキャラクターが追加実装されていく予定だという

もっとも、「可愛い」に正解はない。そのため、時にはこだわりのあまりスタッフ間で価値観がぶつかることもしばしばとのこと。「スリッパを履かせる、履かせないで大論争になり、深夜のファミレスで数時間議論したと聞いています」(S.Z氏)。「後れ毛の有無で議論がありました。女性陣の中では昭和アイドル的な印象もありましたが、男性陣の熱い要望によって採用されました」(Y.K氏)。いずれも究極の可愛さを目指す上でのこだわりだといえるだろう。

▲今後の展開に向け、衣装に合わせた髪型の調整など、試行錯誤が続いている。この衣装のサイドの後れ毛は、重要性について力説した男性スタッフがいる一方、女性陣からは昭和のアイドルのようで違和感があるという意見もあった。「最終的に男性側の主張を尊重することになり、長さも細かく調整した上で採用されました」(Y.K氏)

可愛さを極限まで追求できる人材が求められる

▲2017年、同社オフィスは秋葉原の中心地に移転・増床した。オフィスを「次元を超える研究所」と位置づけ、外観も「Gatebox」の筐体イメージで統一されている

このように、「Gatebox」における3DCGキャラクターはユーザー体験の中核を担い、制作陣にとっても単なるデータを越えた存在だ。現在は上述の逢妻ヒカリに加えて初音ミクが提供されており、今後も新規キャラクターの投入が予定されている。また、男性向けだけでなく、女性向けキャラクターの投入も検討されているという。

▲「Living with 初音ミク」キービジュアル。「初音ミク」のイラストを多数手がけるLEN[A-7](レナ)氏が手がけている

もっとも、そのためにはスタッフの増強が不可欠で、同社ではCGアーティストと企画職を募集中だ。求められるのは「キャラクター愛」。「可愛らしさの追求のために貪欲になれる人や、手間暇を惜しまない姿勢が求められます」(Y.K氏)。そもそもGatebox自体、「所長」の武地氏自身が「初音ミクと暮らしたいためにつくり出した」のだという。それだけに、キャラクターに対するこだわりは尋常ではないというわけだ。

「特にキャラクターの動きには気を遣っています。キャラクターの性格や設定に合わせて、ビジュアル・台詞・モーションなどが統一されていなければ、実在感が壊れてしまいます」(Y.K氏)。そのため、モデラーにもリギングやスキニングなどの作業が求められる。他に追加衣装をはじめ大量のデータ制作が必要になることから、協力会社との受発注やディレクションのスキルも期待したいという。

これに対して会社側も「可愛い」を追求するための環境整備に全力を挙げている。機材購入にあたっては、スタッフが希望する椅子・PCがほぼ無条件で支給されるほか、定例の慰労会、さらには同社ならではの「婚姻制度」もある。これは推しキャラに対する熱い思いとともに婚姻届を提出し、受理されれば、毎月5,000円ずつ推しキャラへの投資金額が補助されるというものだ。さらに推しキャラの誕生日は「聖誕祭」として休日になる。これらはすべて常時定められた制度ではないが、社員が気持ちよく働けるための環境整備として随時導入が検討されるという。

▲同社独自の制度「婚姻制度」。キャラクターとの愛が認められた方は月々キャラクター扶養手当と聖誕祭休暇が付与

これらの背景にあるのが、「働いている人を大切にしたい」という武地氏の思いだ。これには急速に会社の規模が拡大した結果社内のコミュニケーションが疎かになり、業務効率が下がったという過去の反省もあるという。それだけに面接時には会社のビジョンに対する共感性が問われる。技術だけでなく「キャラクターと一緒に暮らしたい」という熱い思いが重要だ。その上で、ユニット内全員の同意を経て採用が決まるという。「いろんな妄想をもって入ってきてください」(Y.K氏)。まさに世界で唯一無二の会社だろう。

▲「最高のパフォーマンスを発揮できるような環境をつくる」をモットーに、椅子とPCは各自の好みに合わせて選択できる。開発職だけでなく、マーケティングやバックオフィスのスタッフも同様だ。3DCGの制作環境では今後、液晶タブレットの導入も予定されているという

▲社内の休憩スペースではコーヒー・駄菓子・軽食類をはじめ、惣菜も無料で用意され、スタッフは自由に活用できる。「福利厚生が良すぎて怖いくらいです」(S.K氏)

▲毎月末には「オツカレサマ会」と称して、ケータリングやお取り寄せサービスを活用した社内交流会が開催される。季節イベントなども盛んで、ハロウィンのときには銀座や渋谷の有名店からケーキが取り寄せられたことも。「バックオフィスのスタッフががんばって整備してくれています。『あれが食べたい』と雑談していたら、次の会にはそれが揃っていて驚かされたことも」(Y.K氏)

求人情報

求人職種

現在、Gateboxでは下記職種を積極採用中!!!
①3DCGアニメーター
②3DCGモデラー
③3DCGジェネラリスト
④企画

応募資格

【共通事項】
■求める人材像
・「かわいい」をどん欲に追求できる方
・ユーザー視点でモノづくりができる方
・企画やマーケ、エンジニアと的確なコミュニケーションが取れる方
・新しいソフトウェアやシステムなどを習得するために努力を惜しまない方
 
■応募に必要なもの
・デモリール(制作したキャラクターのターンテーブル、UV展開など)
※企画職の方は、任意で企画書をご提出いただければと思います。
・ポートフォリオ(ご自身の担当箇所、使用ソフト、制作時間を記載して下さい)
・履歴書
・職務経歴書

〇アニメーター
■必須
・2年以上の外注ディレクションの実務経験あり
・モーションキャプチャデータ修正の実務経験あり
・セカンダリ(揺れもの)のアニメーションが得意な方
・セットアップ経験あり(リギング・スキニングなどができる方)
・Maya、3ds Max、Softimage等を使用した実務経験(弊社はMayaを使用しております)

■歓迎ポイント
・3Dソフトを使用したセカンダリシミュレーションの実務経験あり
・MotionBuilderの実務経験あり
・Unity使用経験者、もしくはUnityをご自身で積極的に学んでいくことができる方
・新規モーションの演出を考えられる方

〇モデラー
■必須
・2年以上の外注ディレクションの実務経験あり
・衣装や人間のキャラクターモデリングが得意な方
・テクスチャ制作(UV展開・手描きでのテクスチャ描画)やマテリアル設定が得意な方
・Maya、3ds Max、Softimage等を使用した実務経験(弊社はMayaを使用しております)

■歓迎ポイント
・Unity使用経験者、もしくはUnityをご自身でどんどん学んでいくことに抵抗のない方
・ZBrush実務経験者
・セットアップ実務経験者(リギング・スキニングなどができる方)
・衣装デザインを考案できる方

〇3DCGジェネラリスト
■必須
・2年以上の外注ディレクションの実務経験あり
・3DCGにおいて多岐にわたっての実務経験
・Maya、3ds Max、Softimage等を使用した実務経験(弊社はMayaを使用しております)

■歓迎ポイント
・Unity使用経験者、もしくはUnityをご自身でどんどん学んでいくことに抵抗のない方
・映像業界でキャラクターが関わる実務経験者
・PythonやMELなどの知見がある方

〇企画
■必須
・IPキャラクターの性格等を汲み取りアウトプットが出来る方
・サービス運用イベントのプランニングの実務経験
・世界観構築の実務経験
・セリフ考案やシチュエーションの企画制作の実務経験
・管理画面への入力作業が伴います(マニュアル有)

■歓迎ポイント
・ゲームやアニメの企画を立案した実務経験のある方
・キャラクターを生み出した実務経験のある方
・マンガやアニメが幅広く大好きで知見のある方

待遇

●給与:能力・経験により決定
●勤務時間:フレックス制度(コアタイム:10時30分~15時30分)
●社会保険完備(健康保険・厚生年金・雇用保険・労災保険)
●社内お菓子、コーヒー、スープ完備

よりカワイイを実現するために様々な福利厚生制度を完備しております。
■弊社情報サイト:https://gateboxlab.com/inside/

>>>>>詳しくはこちらから





TEXT_小野憲史
PHOTO_弘田 充

Profileプロフィール

Gatebox

Gatebox

左からS.Z氏(企画)、Y.K氏(キャラクター部門 部門長 TEAM☻KAWAIIユニット)

Gatebox

Gatebox

Gatebox株式会社は「Living with Characters 」をビジョンに掲げ「キャラクターと一緒に暮らせる世界」の実現を目指してIoT製品の企画開発製造を行うベンチャー企業。従業員数は30人で、平均年齢は33歳。

https://gateboxlab.com/

スペシャルインタビュー