>   >  目標はILMやBlizzard。プロを目指し、Blenderを駆使する15歳モデラー
目標はILMやBlizzard。プロを目指し、Blenderを駆使する15歳モデラー

目標はILMやBlizzard。プロを目指し、Blenderを駆使する15歳モデラー

Rian Digitalの名でTwitterにて精力的に作品を発表している古賀悠悟氏は、都内の高校に通うアマチュア3Dモデラーだ。まだ15歳という若さながら、プロのモデラーになるという目標を掲げ、日々CG制作に励んでいる。そんな古賀氏に、CG制作を始めたきっかけや、これまでの経緯、今後の抱負を語ってもらった。

TEXT_尾形美幸 / Miyuki Ogata(CGWORLD)

制作中は「格好いい」と思っているので、客観的に見直す機会が必要

CGWORLD(以下、C):古賀さんのTwitterを追っていると、徐々に作品が仕上がり、じわじわと腕を上げていく様子が伝わるので、とても面白いです。最近の中学生の中には、ここまで3Dソフトを使いこなす人がいるのかと非常に驚きます。

古賀悠悟氏(以下、古賀):来月(※)からは高校生になります。自分はつくるペースが遅いので、もっと早くなりたいです。友人の中には、良い意味で飽きっぽくて見切りが早く、どんどん新しいことに手を出して知識や経験を積み上げていく人もいます。そういうスタイルも良いなと思うのですが、僕の場合は真逆で、1つの作品を納得いくまでつくり続け、納得がいったら次にいくという感じです。今つくっているロボットのモデルは去年の12月下旬からつくり始め、ようやく質感設定まで終わりました。次はリグを入れ、最終的には映画をつくりたいと思っています。

※ このインタビューは、2018年3月中旬に実施しました。

▲2017年12月から制作を開始した「Demon」。先に制作した「Monarch」(後述)の敵役という設定で、これら2つのモデルが登場する映画をつくることを目指しているという


▲前述の「Demon」のワイヤフレーム


C:モデリング中の「Demon」を自分で添削している画像も公開していましたね。「ちゃんとつくりましょう」「立体感がない」「リアリティない」「どうやって製造するのか」など、容赦のないツッコミだらけで感心しました。同時に、モデリングを楽しんでいることが伝わってきて、なんだか嬉しい気持ちにもなりました。

▲モデリング中の「Demon」に対する添削。古賀氏の造形に対して、古賀氏自らが鋭い指摘を書き込んでいる


古賀:制作中は疑うことなく「格好いい」と思っているので、ちゃんと客観的に見直す機会が必要だと思うのです。じっくりと見て、よくないところにチェックを入れ、後で修正するようにしています。自分がつくるモデルは、あまりリアリティがなく、実際に製造できそうにない場合が多い点が目下の課題です。実在する工業製品などのデザインをよく見て、勉強しなきゃいけないと感じています。例えば「アイアンマン」のパワードスーツは、全体のデザインがすごく良いのに加え、細かい部分のリアリティも素晴らしいですよね。動かすための機構や、ネジの1つにいたるまで、ちゃんと設計されていると思います。そういう部分が、今の自分の作品には足りないと感じています。

▲前述の添削を踏まえ、修正した「Demon」のターンテーブル動画


▲【左】「Demon」の全身のワイヤフレーム/【右】質感設定後のレンダリング画像

次ページ:
ソフトの使い方よりも、デザインの基礎の勉強が大事

Profileプロフィール

古賀悠悟/Yugo Koga(Rian Digital)

古賀悠悟/Yugo Koga(Rian Digital)

2018年4月から高校1年生となる15歳のアマチュア3Dモデラー。主な使用ツールはBlender。Rian Digitalの名で、Twitterにて作品を発表中。プロのモデラーになることを目標に、日々CG制作に励んでいる。
twitter.com/RianDigital

スペシャルインタビュー