>   >  ものづくりの中心に「人とのつながり」があるトンコハウスの現場で培った長砂賀洋のクリエイティブ
ものづくりの中心に「人とのつながり」がある<br />トンコハウスの現場で培った長砂賀洋のクリエイティブ

ものづくりの中心に「人とのつながり」がある
トンコハウスの現場で培った長砂賀洋のクリエイティブ

単身アメリカ・サンフランシスコに渡り、トンコハウスの堤 大介氏、ロバート・コンドウ氏とともに『ダム・キーパー』(2014)、『ムーム』(2016)の制作に携わったコンセプトアーティストの長砂賀洋氏。数々の紆余曲折を経て独自のスタイルを築きあげる長砂氏が、どのような道を通りどのような考えをもってここまで進んできたのか、お話を伺った。

INTERVIEW_UNIKO
EDIT_小村仁美 / Hitomi Komura(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada
PHOTO_弘田 充 / Mitsuru Hirota

<1>堤さんの活動を見て「本当にやりたいこと」に気がついた

CGWORLD(以下、CGW):今日はよろしくお願いいたします。今はトンコハウスのお仕事をされているんですか?

長砂賀洋氏(以下、長砂):そうですね。フリーランスとしてトンコハウスのプロジェクトをメインに活動しています。トンコハウスの仕事はクオリティがものすごく高いので、毎回チャレンジで、勉強になりますよ。

  • 長砂賀洋/Yoshihiro Nagasuna(コンセプトアーティスト)
    鳥取県出身。京都精華大学テキスタイルデザインコース卒業。アニメ美術背景スタッフとして多数の作品に携わった後、渡米。トンコハウスの堤 大介、ロバート・コンドウ監督作品『ダム・キーパー』ペイントリード、『ムーム』アートディレクター、『ダム・キーパー』グラフィックノベル全3巻・アートリードを務める。現在もトンコハウスのプロジェクトに参加中

CGW:トンコハウスが立ち上がる前から『ダム・キーパー』の制作に関わって、その後『ムーム』でもアートディレクターとしてご活躍されていましたね。どういうきっかけでトンコハウスと関わるようになったんですか?

The Dam Keeper: Official Trailer #1

Moom Official Teaser: New Short from the creators of The Dam Keeper

長砂:アニメ制作会社で背景美術の仕事をしていたときに、このままでいいのかな? という漠然とした思いがあって。そんなときにWebで堤(大介)さんの「トトロフォレストプロジェクト」「スケッチトラベル」を知って、堤さんの世界に惹かれたんです。どちらも世界中のアーティストの絵をたくさん見ることができるサイトで、それを見ていると心が踊る感覚があって。今ならよくわかるんですが、「絵でコミュニケーションを取ろうとしている」「人とつながるための絵」だな、と感じたんですよね。本当にやりたい方向に気がついたきっかけでもあり、トンコハウスとのつながりが始まった瞬間でもあります。

Sketchtravel trailer ENGLISH

CGW:そこから思い立ってすぐアメリカに?

長砂:すぐではないですね。まず「僕はこんな絵を描いている人間で、アメリカに行って絵の勉強がしたいんです」みたいなことを堤さん宛にメールで送ったんですよ。そうしたら堤さん本人からちゃんと返信があったんです。そして「アメリカで絵を勉強するならサンフランシスコやNYみたいな大きな都市に行くといいよ」とアドバイスをいただけて、迷うことなく堤さんがいるPixarのあるサンフランシスコに行くことに決めてお金を貯めはじめました。

CGW:堤さんから返信があるなんて期待していましたか?

長砂:まさか! まったく期待していませんでした。

CGW:行動あるのみですね。

長砂:本当ですね。メールを送ることもそうですが、「メールを送って来る人は結構いるけど、実際にアメリカまでくる人は少ない」って堤さんが言っていました。とにかくやってみるという行動力は若い間は特に大事ですね。僕の場合、英語なんて高校生で習った以来で使いものにならなかったし、パスポートももったことがなく海外での暮らしを考えると怖くなるときもありましたが、堤さんの言葉に突き動かされるようにアメリカに行ってしまいました。若さゆえの根拠のない自信があったんだと思います(笑)。


CGW:渡米してすぐに堤さんに会いに行ったんですか?

長砂:初めは語学学校に通いながら英語を勉強していました。あるとき、堤さんの「スケッチトラベル」の展覧会が開催されたのでそれに参加し、オープニングパーティでようやくお会いすることができました。「以前メールを送って、堤さんにアドバイスいただいてアメリカに来たんです!」と言ったんですけど、堤さん全然覚えてなかったですね。「そうだっけ!?」って(笑)。

CGW:そのときはまだトンコハウスは設立されていなかったんですよね?

長砂:はい。堤さんもロバートもまだPixarで仕事をしていた頃で、とりあえず堤さんに会うために行った感じです。そのときは、将来、堤さんとロバートの2人と仕事をするようになるなんて、想像すらしませんでした。

CGW:お2人と仕事をするようになったのはどういう経緯だったんでしょうか?

長砂:語学学校に通ったおかげで英語にもだいぶ慣れて、近所のアトリエに出入りして絵を描くという暮らしをしていたのですが、それもだんだんルーティンになっていったんですよ。「このままただアメリカにいても仕方がないな、日本に帰ろうかな」と思い始めた時期に、偶然、堤さんのWebサイトで「ロバートと自主制作をするんだけど、近くに手伝ってくれる若いクリエイターはいないかな?」って本当に小さく小さ~く募集してる欄があって、それがたまたま目に入って。

CGW:アンテナを張っていると、片隅だろうとちゃんと目に飛び込んで来るんですね。

長砂:そうなんですよね。諦めかけていたときにすごいタイミングだったと思います。すぐに応募のメールを送ったら「一度会って話をしましょう」ということになりました。そして、Pixarの目の前の建物の狭い一室で、堤さんとロバートの2人と並んで一緒に絵を描くという、これまでの自分からすると信じられない環境での暮らしが始まりました。このときに制作したのが『ダム・キーパー』です。


長砂氏が美術を描いた『ダム・キーパー』本編のスチル

CGW:日本に帰ってしまっていなくて本当によかったですね。お2人と一緒に仕事をしていかがでしたか?

長砂:はっきり言って、当時の僕の絵の実力では全然ついていける感じではなかったです。でも2人は僕に絵を描かせてくれたしいろいろなことを丁寧に教えてくれて、プロジェクトをスムーズに進めるよりも、僕の他にも何人かいた若いクリエイターを成長させようとしていました。『ダム・キーパー』の制作には最終的に70名くらいのスタッフが集まったんですが、全員ボランティアなんですよ。技術のあるクリエイターではなく、若くて情熱のある、これから成長したいという人ばかりでしたね。

Tonko House Family Profile #01 : Hiro Nagasuna -- The Dam Keeper Lead Painter

次ページ:
<2>ものづくりへの情熱が「人とつながるための絵」を生むまで

Profileプロフィール

長砂賀洋/Yoshihiro Nagasuna(コンセプトアーティスト)

長砂賀洋/Yoshihiro Nagasuna(コンセプトアーティスト)

鳥取県出身。京都精華大学テキスタイルデザインコース卒業。アニメ美術背景スタッフとして多数の作品に携わった後、渡米。トンコハウスの堤 大介、ロバート・コンドウ監督作品『ダム・キーパー』ペイントリード、『ムーム』アートディレクター、『ダム・キーパー』グラフィックノベル全3巻・アートリードを務める。現在もトンコハウスのプロジェクトに参加中

スペシャルインタビュー