>   >  竹内良貴監督率いるCGチームが語る! コミックス・ウェーブ・フィルムが描く青春アンソロジー『詩季織々』の制作秘話
竹内良貴監督率いるCGチームが語る! コミックス・ウェーブ・フィルムが描く青春アンソロジー『詩季織々』の制作秘話

竹内良貴監督率いるCGチームが語る! コミックス・ウェーブ・フィルムが描く青春アンソロジー『詩季織々』の制作秘話

2016年、日本映画史に残る大ヒット作『君の名は。』を世に贈り出したコミックス・ウェーブ・フィルム(以下、CWF)が、今夏放つ最新作『詩季織々』。3名の若手監督が、中国の3都市を舞台に、「衣食住行」をテーマとした3つの短編を描く。監督を務めたのは、中国を牽引するアニメブランドHaolinersの代表リ・ハオリン氏、実写映画『ストームブレイカーズ 妖魔大戦』(2015)を大ヒットさせたイシャオシン氏、そしてCGクリエイターとしてCWFを支え続けてきた竹内良貴氏だ。竹内監督は全編のCGチーフも兼任している。竹内監督と共に、本作のCG制作を担当したのが植田 祐氏と桑田尚幸氏である。今回は『詩季織々』の公開を記念して、彼らCGチームに集まっていただき、竹内監督誕生の裏話や今だから言える制作秘話など、余すことなく語っていただいた。3人の口からどのようなエピソードが飛び出したのか。遠慮なし、語りっぱなしの120分の模様をお伝えしよう。

詳しいCGメイキングは本誌『CGWORLD vol.241』アニメCGの現場にて!

TEXT_野澤 慧 / Kei Nozawa
EDIT_斉藤美絵 / Mie Saito(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada
PHOTO_弘田 充 / Mitsuru Hirota

『詩季織々』 予告篇
©「詩季織々」フィルムパートナーズ

CGチーフから監督へ、竹内監督インタビュー

Q:どのような経緯で、監督を担当されることになったのでしょうか?

竹内良貴氏(以下、竹内):もともとは、5年くらい前にHaolinersからCWFに共同制作のオファーがあったことがはじまりです。当時は制作ラインが確保できませんでしたが、その後『君の名は。』の制作が終われば、制作ラインに余裕が生まれるとの判断から、本企画が動き出すことになりました。その時点で中国と日本からそれぞれ監督を立てることは決まっていて、その日本側の監督として声をかけていただきました。

  • 竹内良貴/Yoshitaka Takeuchi
    コミックス・ウェーブ・フィルム所属。映画『秒速5センチメートル』(2007)をはじめ、ほとんどの新海 誠監督作品に携わってきた。近年ではCGチーフとして映画『君の名は。』(2016)にも参加。数々のヒット作を裏から支えてきた新海監督作品の「柱」のひとりである。本作『詩季織々』全編のCGチーフ、そして『小さなファッションショー』ではオリジナル作品として初監督を務めあげた。コミックス・ウェーブ・フィルム期待の若手クリエイターである。

Q:初監督ということで、不安はありませんでしたか?

竹内:これまでにも自主制作で作品をつくっていたのですが、今回は商業作品ですし、30分近い長めの尺だったので、気合を入れないと大変だなと感じていました。ただ、川口さん(川口典孝氏/CWF代表取締役)からも「うちのクリエイターを監督に据えて制作したい」とずっと言われていたので、これを機に頑張ってみようかな、と。

Q:自主制作と商業作品とで、ちがいは感じましたか?

竹内:自主制作と商業的な作品の大きなちがいとしては、多くの方が関わっているということですね。対応とか、お願いの仕方には気を遣いました。やはり、それぞれのスタッフで得意なことや不得意なことがありますから、そういうところを考慮しつつ、適材適所に作業を割り振らなければなりません。一方で、いろいろな方がいると、自分が想像すらしていなかったものができ上がることもあり、そこは面白かったですね。自分ひとりではつくりきれない部分もあるので、良いなと感じた要素は積極的に採り入れています。例えば作画でいうと、スティーブというオネエ口調のキャラクターは、スタッフのアイデアに助けられました。脚本からだけではどうしてもイメージが定まらない部分があったのですが、最初に上がってきた作画の画を見て「なるほど! こういうのもありか」と納得して、現在のようなキャラクター像に落ち着きました。


作画スタッフのアイデアを採り入れて味のあるキャラクターとなったスティーブ(中央)
『小さなファッションショー』©「詩季織々」フィルムパートナーズ

Q:CWFといえば美しい美術背景が特徴的ですが、監督として特別な指示は出しましたか?

竹内:CWFの美術の特徴なのですが、通常は設定画をきちんと起こしてから描くような、部屋に置いてある小物などは美術スタッフにまかせてしまっています。僕が設定を起こしていなくても、作品の世界観(美術)をよく理解しているスタッフ各自が必要なものを考えて描いてくれ、結果として作品にマッチする画になりました。


中国 広州の街並み
『小さなファッションショー』©「詩季織々」フィルムパートナーズ

Q:CGチーフとしての経験が活きたところはどこですか?

竹内:自分が監督をする作品ではCGレイアウトをたくさん使おうと思っていました。監督としてCGレイアウトをつくれば、そのままOKテイクになりますから(笑)。本来はレイアウトの全てのチェックが通った後に、美術に原図を渡した方が良いのですけど、時間的な制限もあったので、ある程度CGレイアウトが上がった状態で、そのまま原図として渡すこともありました。本作はCGチーフを兼任していたこともあって、制作スケジュールが詰め込まれていて、スケジュールがずれ込んだこともあり、3本同時並行で進行していたこともあったので、こうした工夫で何とか乗り越えています。

Q:難しかったことはありますか?

竹内:作画の作法で、わからない部分もありました。そのようなところは演出さんに間に入っていただいて、フォローしてもらっています。最も大変だったのは、コントロールの方法が作画とCGとでちがうことですね。作画にもCGにも、絶対に変更不可能なポイントがあり、そこが大きくちがいました。どの工程でどのような指示を出せば対応可能なのかというタイミングが、作画の方がシビアだったのです。作画は仕上げで色を塗ってしまうと、そこから線を直すのはなかなかハードルが高く......。CGであれば、レンダリング時間こそかかりますが、作画よりは手軽に修正できますので。


『陽だまりの朝食』©「詩季織々」フィルムパートナーズ

Q:監督を担当された感想をお聞かせください。

竹内:監督業は大変だと身をもって感じました。CGチーフとして参加するときとは責任の重さがちがいましたね。監督は作品のねらいを考えて、各工程や演出で必要な要素を盛り込むことが求められます。また、多くのスタッフも関わっていて、作品全体はもちろん、関係するスタッフ全員にも責任をもたないといけません。大変ではありますが、新鮮な気持ちで新しいことに挑戦できて、楽しかったです。


『小さなファッションショー』©「詩季織々」フィルムパートナーズ

次ページ:
CGスタッフからみた『詩季織々』制作の舞台裏

Profileプロフィール

竹内良貴 ✕ 植田 祐 ✕ 桑田尚幸

竹内良貴 ✕ 植田 祐 ✕ 桑田尚幸

左から、CGデザイナー・植田 祐氏(コミックス・ウェーブ・フィルム)、監督・CGチーフ・竹内良貴氏(コミックス・ウェーブ・フィルム)、CGアーティスト・桑田尚幸氏(スピード)
www.cwfilms.jp
speedinc-jp.com

スペシャルインタビュー