>   >  スウェーデン発のCG・映像制作向けプロジェクト管理ツール「ftrack」 徹底したユーザーファーストを貫くその開発体制とは
スウェーデン発のCG・映像制作向けプロジェクト管理ツール「ftrack」 徹底したユーザーファーストを貫くその開発体制とは

スウェーデン発のCG・映像制作向けプロジェクト管理ツール「ftrack」 徹底したユーザーファーストを貫くその開発体制とは

CG・映像制作におけるプロジェクト管理ツールとして、ユーザーの意見を広く取り入れながら開発を続け、欧州で勢いをもつスウェーデン発の「ftrack」。その開発元である同名メーカーのCEO Fredrik Limsäter/フレドリク・リムサター氏に、ftrack のこと、ツールとしての考え、今後の展望などを聞いた。

TEXT_安藤幸央(エクサ)/ Yukio Ando(EXA CORPORATION)
EDIT_小村仁美 / Hitomi Komura(CGWORLD)
PHOTO_弘田 充 / Mitsuru Hirota

<1>短時間で習得できる、使い勝手の良さが特徴

CGWORLD(以下、CGW):まずは ftrackとftrack社の紹介をお願いします。

フレドリク・リムサター氏(以下、リムサター):ftrack は"film track"の略だと考える方もいますが、実は私の名前が「Fredrik」なので、その「F」を頭につけたツールというわけなんです(笑)。以前務めていたソニー・ピクチャーズ・イメージワークスにインハウスのプロジェクト管理ツールがあり、もともとは社内利用に限定したツールだったのですが、それを外部でも利用することになり名前をつけたのが始まりです。様々な案が出ましたが、Webサイトのドメインが空いていたこともあって「ftrack」という名前になりました。

CGW:ftrackの特徴はどういったところですか?

リムサター:まずひとつめに、使い始めやすいこと、親しみやすいのが大きな特徴です。ユーザーからフィードバックを多く採り入れ、使い勝手の向上を重要視しています。普段からツールを使い慣れている人たちだけでなく、フリーランスで突然プロジェクトに駆り出されたような人にとっても使いやすいような工夫をいろいろと考えています。ftrackは使い始めてからひととおり使いこなすまで、習得にかかる時間が短いことが最大の特徴です。

ftrackのレビュー画面

ふたつめは、バックエンドには様々な複雑な機能が用意されていますが、必要になるまではそれらの複雑な機能を呼び出すことなくシンプルなままで使えるということです。シンプルに使いたい人は自分が使うところだけ選んで使い、複雑な機能を使いたい人は、必要に応じてそれらの機能を呼び出して使うといった、柔軟な使い方ができます。

みっつめは、ヨーロッパ、米国、中国にサポートチームを置いており、開発者たちとコンタクトを取りながら充実したサポートを受けられることです。アジア圏は上海に拠点を置き、そこではセールス、サポート両方の対応を受けられるようになっています(日本ではボーンデジタルが取り扱い)。

さらに近いうちに日本語バージョンのリリースが予定されています。すでに中国語バージョンがリリースされており、2バイト文字への対応も問題なくできているため、あとは日本語の表記だけです。日本語の場合、漢字だけでなくカタカナ表記もあり、文も長くなりがちです。ローカライズはとてもトリッキーで複雑な作業なので注意深く進めているところです。

自分のタスク管理画面(左)/チーム内でのタスクの割り振りを一覧する画面(右)

<2>TVシリーズやゲーム、VR制作にも活用されるftrack

CGW:ftrackは主にどういった分野で利用されているのでしょうか?

リムサター:ftrackはもともと映画や大規模作品のVFX制作に使われていましたが、2012年にテコ入れをして、複数話を扱うTVドラマシリーズやゲーム、VRの制作においても非常に多く使われるようになってきています。

制作会社の中では、プロジェクトを特定のパートに細分化し、あるパートだけ ftrackを使って細かく扱うといったやり方が浸透してきています。全行程ではなく、部分的に使われていることもあります。


プロジェクトの進行状況を確認する画面

リムサター: チームやプロジェクトごとに使い分けることができ、外部スタッフとのやりとりに ftrackを活用しているスタジオもあります。ftrackを介してコミュニケーションを取り、ftrackを作業のハブ的に使い、アクセス管理やアセットの受け渡し、共同作業のチェックなどを行うのが便利との声も聞いています。

チーム全体の進行状況を確認する画面(左)/アセットのバージョン管理画面(右)

CGW:ftrackはクラウドベースのシステムですが、メリット、デメリットは?

リムサター:今はクラウドでサービスを提供していますが、ご要望があればオンプレミス(制作会社内のマシンにツールをインストールして利用すること)も可能です。特にニュース映像を扱う放送局系の企業は情報の取り扱いが厳しいため、データを外部に出さず、オンプレミスで運用しているところもあります。

大手のユーザーの場合はクラウドベースで利用していますが、自分たちのクラウド、プライベートクラウドにftrackをインストールして使っている企業もあります。インストールは、docker(モジュール単位で手軽に扱える仮想化環境)なので、簡単に行えます。

次ページ:
<3> 高いカスタマイズ性

Profileプロフィール

Fredrik Limsäter/フレドリク・リムサター

Fredrik Limsäter/フレドリク・リムサター

ftrack CEO
https://www.ftrack.com/

スペシャルインタビュー