>   >  CGWORLD vol. 247 連動特別企画 ~菊地 蓮氏が語る アニマが取り組むプロダクションパイプライン構築とHoudini活用~
CGWORLD vol. 247 連動特別企画  ~菊地 蓮氏が語る アニマが取り組むプロダクションパイプライン構築とHoudini活用~

CGWORLD vol. 247 連動特別企画 ~菊地 蓮氏が語る アニマが取り組むプロダクションパイプライン構築とHoudini活用~

本誌vol. 247でも取り上げたアニメ『モンスターストライク』新シリーズ(以下、モンストアニメ)をはじめ、多くの映像作品のCG制作を手がけるアニマでは、近年プロダクションパイプラインの構築に力が注がれている。アニマのプロダクションパイプラインの中で特徴的なポイントとして、Houdiniを積極的に導入したエフェクトチームの存在が挙げられる。今回はそのエフェクトチームを率いるアニマのCGスーパーバイザー兼VFXスーパーバイザー菊地 蓮氏にHoudiniを中心としたプロダクションパイプラインについて話を聞いた。

TEXT_大河原浩一(ビットプランクス
EDIT_海老原朱里 / Akari Ebihara(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada
PHOTO_弘田 充 / Mitsuru Hirota

これまでのキャリアを活かしたパイプライン設計とチームづくり

CGWORLD(以下、CGW):最初に菊地さんのプロフィールをお伺いしたいのですが。

菊地 蓮(以下、菊地 ):学生時代はカナダの学校の映画学科で撮影を専攻して、フィルム中心の映像制作を勉強していました。その後、同じ学校でCGの学部に移って本格的に3DCGを勉強し、卒業後帰国してスクウェア(現スクウェア・エニックス)のヴィジュアル・ワークスで5年ほどエフェクトアーティストとして働いて、さらにその後、米国のBlizzard Entertainment(以下、Blizzard)のシネマティクス部門で6年ほどエフェクトリードとして勤務していました。その当時、Blizzard自体は大きな会社だったのですが、エフェクトチームは立ち上げたばかりで、私も立ち上げメンバーの1人でした。チームをつくるところから参加できたので、チームの立ち上げ方やパイプランの構築の仕方など、多くのことを経験できましたね。Blizzard退職後はフリーランスとして、マーザ・アニメーションプラネットILMWeta Digitalなどで働いたあと、2017年にアニマに入社しました。

CGW:アニマに入社した動機はなんでしょうか?

菊地:第一はアニマが目指している方向性と自分がこれからやりたいと思っている仕事の方向性が一致したということでしょうか。あとは現場と経営が非常に近いことですね。これまで関わってきた会社は親会社があったり、複雑な経営判断の系統があったりと、現場と経営陣の距離が遠いので、意思決定に時間がかかることもありました。アニマはその点、独立した会社なので、非常にスピード感があってやりやすいです。また、中堅と呼ばれる層のスタッフが活躍しているところもいい。これから伸びていく会社だと思います。

CGW:菊地さんが目指している方向性について、もう少し詳しく聞かせてください。

菊地:日本に帰国したときに、自分のこれまでのキャリアを日本で活かすことを考えたら、映像制作のしくみをつくったり、組織づくり、自分のもっている知識を広めていくということが合っているのではないかと。そのことが自分にとっても、働く会社にとってもメリットがあることなのではないかと考えたんです。アニマはこれまで様々な作品をつくり出しているのですが、私が入社したころはエフェクトチームがまだない状態だったので、イチからチームの組織化やパイプライン設計を行う必要があり、アニマであれば、自分のやりたいことができると感じていました。

CGW:現在、アニマで稼働しているプロダクションパイプラインはどのようなものなのでしょうか?

菊地:アニマのパイプラインは、ロードマップ的にいってしまうと"フェイズ2"の段階に入っています。これまでのベーシックなパイプラインから、「ステラ」と名付けた統合的なパイプラインへ移行中です。このパイプラインは様々なツール群によって構成されていて、データベース、パイプラインツール、DCCを包括した大きな枠組で、スクリプトだけでできているわけではなく、多くのツールが有機的に作用しあう構造になっています。データベースからの情報を各DCCツールが共有して、情報のやりとりがしっかりできるような構造になっています。パイプラインの開発では、私は全体の設計とマネジメントが中心で、パイプラインの開発運営は開発チームが行なっています。

CGW:どのようなコンセプトで設計したパイプラインなのでしょうか?

菊地:どの会社のパイプラインでもそうだと思うのですが、パイプラインを設計する際には、アーティストがなるべくクリエイティブに注力できるということを一番に考えています。これまでのパイプラインではアーティストがパイプライン側で設定されたルールに合わせ、仕様を合わせるのに時間をとられてしまうことも多かったのですが、アーティストがそのような単純作業に煩わされて生じる時間のロスをなくして、よりクリエイティブなアーティスト本来の仕事に時間をかけられるようにしたいということがひとつの大きな設計コンセプトです。

CGW:なるほど。

菊地:その他に注力している点として、データフローをアプリケーションに依存しないということがあります。例えば、これまでのワークフローでは、Mayaであれば.maファイルをそのまま渡すとか、3ds Maxであれば.maxを渡すという感じで、データがアプリケーションに依存してしまうことが多いのですが、そのようなワークフローでは使用するアプリケーションが固定されてしまいます。そうではなく、データベースにアップされたデータは、アプリケーションに依存しない形式で保存されているので、みんなでシェアすることができるというのが理想型だと思っています。そうすることで、例えばアニメーターから上がってきたアニメーションデータをMayaでも開けるし、Houdiniでも開ける。なぜそのような仕様を目標にしているかというと、アニマという会社はモンストアニメのような大きな仕事と同時に、小さい規模の案件も扱っているため、仕事の規模で使用するツールを切り替えることもしばしばあります。そのような制作体制に対応するために、プロジェクトによってパイプラインのスケールを変えることができるようになっています。大きな案件のときはパイプラインのフルセットを使い、小さな案件のときは縮小したパイプラインで運用することができるようなつくり方をしています。現在のところ、その理想型に向けて開発を続けていますが理想型の半分ぐらいまでは到達していると思います。


アニマが手がけたモンストアニメ『ルシファー 反逆の堕天使』。詳しいメイキングは本誌vol. 245、およびvol. 247を参照
anime.monster-strike.com
※"モンスターストライク"、"モンスト"は、株式会社ミクシィの商標または登録商標です。


ショットレビュー用のインハウスツール「Aquarium」。エピソードナンバー、シーンナンバー、カットナンバーを選択して、[Datatype]で見たい工程のバージョンのショットを再生することができる。[Datatype]ではストーリーボード、レイアウト、プライマリ、セカンダリ、ライティング、エフェクト、コンポジット、エンバイロメントなどを選択することができ、各工程で作成されたムービーを比較再生することができる


ショットで使用するアセットをMayaのシーンに一括で読み込むためのツール「Asset Importer」。作成するショットナンバーを選択するだけで必要なアセットが表示され、Mayaのシーンにインポートすることができる。また、アセットを選択するとそのアセットのバージョンナンバーや改訂履歴を参照することができる


ショットに必要な各種アセットをパイプライン上にパブリッシュするためのツール「Asset Publish」


シーンのセーブ、ロードなど各種処理を行うための「Workfiler」。パイプラインのルールに則ったファイル命名を自動で行い、バージョン管理も自動化することで、アーティストにとって煩雑な作業を極力減らすように工夫されている



  • テクニカルディレクター・リギングスーパーバイザーのMiquel Campos(ミケル カンポス)氏が開発したMaya用リギングツール「mGear」。図はmGearのアニメーション作業画面だ。現在オープンソースとして公開されている



  • mGearのリグをビルドするための専用ツールのUI。図のように羽根にジョイントが仕込まれている構造でも、簡単にリグを構築することができるようになっている

次ページ:
Houdiniをフル活用してエフェクトアーティストの経験値やノウハウを共有

Profileプロフィール

菊地 蓮/Ren Kikuchi

菊地 蓮/Ren Kikuchi

カナダ・オンタリオ州のシェリダンカレッジを卒業後、スクウェア(現スクウェア・エニックス)のヴィジュアル・ワークスでの勤務を経て、米Blizzard EntertainmentのCinematics Divisionにて数々のゲームムービーの制作に携わる。その後は日本のマーザ・アニメーションプラネット、米サンフランシスコのIndustrial Light & Magic、ニュージーランドのWeta DigitalにてSenior Effects Technical Directorとして大規模映画のVFXやフルCG映画に参加。2017年にアニマ入社。現在はCGスーパーバイザー兼VFXスーパーバイザーとして、主にエフェクトチームのマネジメントとパイプラインの開発を担当している
www.studioanima.co.jp

スペシャルインタビュー

  • 三木陽子/Yoko Miki

    三木陽子/Yoko Miki

    映画『天気の子』特集記念! メインスタッフインタビュー~色彩設計篇~

    映画『君の名は。』(2016)から3年。 今夏、新海 誠監督待望の最新作『天気の子』が公開された。 「新海ワールド」の特徴でもある、美しい色彩で描き出される作品世界は、本作でさらに磨きがかけられている。 そんな観る者すべての心を掴む「新海ワールド」の秘密を暴くべく、メインスタッフへのインタビューを敢行。 全3回に亘って、本作を支えた凄腕クリエイターたちの本音をお届けしていく。 第1回となる今回はは、「色彩設計」にフォーカス。 "色"を組み立てるという作品の根幹に関わる工程だけに、困難も少なくなかったようだが......。 クリエイターにしか語れない、苦悩の舞台裏に迫る。