>   >  伊勢丹 新宿本店を、新宿の街をバーチャル空間に再現したい! 百貨店&ファッション文化の再構築を目指す、三越伊勢丹 社員の挑戦
伊勢丹 新宿本店を、新宿の街をバーチャル空間に再現したい! 百貨店&ファッション文化の再構築を目指す、三越伊勢丹 社員の挑戦

伊勢丹 新宿本店を、新宿の街をバーチャル空間に再現したい! 百貨店&ファッション文化の再構築を目指す、三越伊勢丹 社員の挑戦

2020年4月29日(水)〜5月10日(日)の期間、VRChat内の特設ワールドにて『バーチャルマーケット4』が開催される。VR会場内に展示された3Dアバターや3Dモデルなどを来場者が自由に試着、鑑賞、購入できるこのイベント。2018年夏に第1回が開催されて以降、参加者は回を追うごとに増加し、前回は、のべ来場者数約70万人を数え、今や、バーチャル空間最大のマーケットフェスティバルとなっている。今回も多くの参加者が見込まれる「バーチャルマーケット4」に、老舗百貨店の「伊勢丹」が出展するという。伝統と最新のメディアの融合となる「"仮想"伊勢丹 新宿本店」の企画から、CGモデリングまで自ら行う三越伊勢丹のスタッフ3氏に、ここまでの道のりと今回のねらい、そして今後の展望を聞いた。

TEXT_日詰明嘉 / Akiyoshi Hizume
EDIT_沼倉有人 / Arihito Numakura(CGWORLD)
PHOTO_弘田 充 / Mitsuru Hirota

<1>バーチャル空間に百貨店の強みを持ち込む"仮想"・伊勢丹 新宿本店構想と『バーチャルマーケット4』への出展

新宿のシンボルである伊勢丹 新宿本店が開店したのは1933(昭和8)年のこと。そこから元号が2つ変わった2020(令和2)年、バーチャル世界に伊勢丹 新宿本店が出店する。

伊勢丹 新宿本店の外観。新宿を代表するランドマークのひとつだ(写真提供:三越伊勢丹ホールディングス)

「百貨店って、コミュニケーションの場なんです」。

この企画を2010年から構想し、実際に販売員として店頭で接客も行なっていた、三越伊勢丹ホールディングスの仲田朝彦氏はこう語る。

百貨店は単なる販売スペースではない。目利きのバイヤーが選んだ商品を並べ、販売員がファッションの文脈を追って提案し、顧客の関心に合わせて提案をする場だ。また、来客の半数ほどが家族や友人と訪れ、ファッションを提案し合ったりプレゼントをしたりする、購買とコミュニケーションが結びついた経験をしているという。世の中にECサイトはすでに数多あるが、こうしたリアルタイムなコミュニケーションを伴って買い物体験をできる場にはなっていない。

  • 仲田朝彦氏 株式会社三越伊勢丹ホールディングス
    チーフオフィサー室 関連事業推進部 プランニングスタッフ



そこでまずは、VRChatをプラットフォームとする「バーチャルマーケット4」にて「仮想・伊勢丹 新宿本店」を展開し、「百貨店は敷居が高い」と感じている若い世代に対し百貨店の価値をバーチャル空間にインポートし、リアル空間でも百貨店に親しみを持ってもらえるようにつなげていく考えだ。

「ですから、私はこの取り組みを新規事業としては捉えていないんです。あくまでオーソドックスな百貨店の事業を仮想空間で行うという意識でいます」(仲田氏)

「バーチャルマーケット4」にて展開する「仮想・伊勢丹 新宿本店」は実在の新宿本店の約1/10のサイズで外観はお馴染みの新宿本店をCGで再現する。



バーチャルマーケット向けに制作したローポリゴン版「仮想・伊勢丹 新宿本店」外観。サイズは15m×15m。一連の3DCGモデル(後述する内観や全アイテムを含む)は仲田氏と、この取り組みに賛同した池田英生氏と丸山 透氏の3人がBlenderで自作したものだ(後述)

1Fは、実際の本館にかつてあった大階段をモチーフにした内装で、婦人靴ブランド『NT』文化服装学院の専任講師・高橋 優氏によるバーチャルのアウター売り場、そしてインフォメーションを設置。2Fには、メンズクリエーターブランド『MINOTAUR INST.』を展開する。



バーチャルマーケット向けに制作した内観。出展規約との兼ね合いもあり、今回は2フロア構成に仕上げられた

これらのCG商品は実際に店頭で販売されているアイテムだ。それだけではなく、実際には存在しないカラー展開や伊勢丹を象徴するタータンチェックのマクミラン柄のブーツ、ガラスの靴といったCGならではのブランドアイテムも用意される。また1Fインフォメーションのゾーンではマクミランショッパーも無料配布する。

(左)婦人靴『NT』販売スペース/(右)高橋 優がデザインしたバーチャルアウター販売スペース

<2>CG初心者が半年でVケット出展にたどり着けた理由〜仮想新宿を通じた「百貨店」の未来〜

先述したように仲田氏がこの企画を構想したのは2010年のこと。 当時は⾃⾝の企画を会社に提案する仕組みがなかったが、同社に社内企業制度が導⼊され、事業化の候補として提案が認められた。そしてこの4⽉から専任としてトライアルの機会を得た。それまでは自分たちの時間をやりくりして企画を詰めたり、パートナー探しに奔走していったという。



『MINOTAUR INST.』(ミノトール)販売スペース

『バーチャルマーケット4』で販売される商品については各ブランドと交渉し、製作に関しては池⽥⽒、丸⼭⽒がサポート。一連の3DCGモデルはBlenderで⾃作しているというから驚きだ。



(左)池田英生氏/(右)丸山 透氏。共に、三越伊勢丹の社員

趣味としてゲームは遊ぶものの、それまでCGの制作には触れてこなかった仲田氏だったが、このアイデアに賛同した丸山 透氏と2019年8月からBlenderに触れて食器や家具などを作り始め、1ヶ月半後には新宿本店内のプロトタイプを作れるまでに上達していった。11月からは池田英生氏も加わり、3人で業務終了後などの空き時間を活用して切磋琢磨をしながら3DCG制作に打ち込んでいったそうだ。