>   >  豊かな自然に囲まれて心地良く働く。ATA企画・多田朱利氏が実践する「自由な働き方と環境問題への取り組み」
豊かな自然に囲まれて心地良く働く。ATA企画・多田朱利氏が実践する「自由な働き方と環境問題への取り組み」

豊かな自然に囲まれて心地良く働く。ATA企画・多田朱利氏が実践する「自由な働き方と環境問題への取り組み」

建築CG界のトップランナーの1人である多田朱利氏。1990年代の建築CG黎明期より第一線で活躍を続け、ATA企画の取締役を務める傍ら、2012年には八ヶ岳清里高原(山梨県)に支社となるLEI THREE(レイスリー)を設立。現地に移住し東京本社とリモートワークで繋がって仕事をこなしつつ、環境問題への取り組みやデジタルアートの創作をしているという。多田氏はなぜ、東京を離れ八ヶ岳に拠点を移したのか。働き方やライフスタイルに対してどのようなビジョンを抱いているのか。「心地良く暮らし、自由に働く」を体現する多田氏に話を聞いた。


構成_石井勇夫 / Isao Ishii(ねぎぞうデザイン)
INTERVIEW&EDIT_三村ゆにこ / Uniko Mimura(@UNIKO_LITTLE




ATA企画・多田朱利氏による動画チュートリアル

「3ds Max & V-Ray5によるCGレンダリング
〜簡易設定ハイクオリティ建築インテリア編〜」

建築CGパース制作者や自分でも簡単にCGパースを制作したいと考えている設計士の方、そして建築CGパースに興味がありこれから始めてみたいと考えている方向けのチュートリアル。V-Ray5を使用し、最低限の設定でもハイクオリティと言われるフルレンダリング画像を制作できるようになることを目的としています。

3ds Max & V-Ray5によるCGレンダリング ー簡易設定ハイクオリティ建築インテリア編ー
詳細・ご購入はこちら



八ヶ岳への移住を決めた理由

CGWORLD(以下、CGW):今日はどうぞよろしくお願いします。まずは、多田さんのご経歴をお聞かせください。

多田朱利氏(以下、多田):90年代にバンクーバー(カナダ)の建築・インテリアデザインの学校に留学したのですが、そのときに書籍を通してCGと出会いました。留学する前は、プロを目指して音楽をやっていたので、コンピュータに関することに興味はなかったんですけどね。

CGW:CGが好きで勉強を始めた、というわけではなかったんですね。

多田:映画『ターミネーター2』(1991)が公開された頃で、CGがまだ一般的ではなかった時代ですね。建築でも手描きのパースが主体だったので、CGでレンダリングされたものを見て「これは勝てない」と衝撃を受けたのを覚えています。

  • 多田朱利/Aketoshi Tada
    有限会社ATA企画 専務取締役/株式会社レイスリー 代表取締役。やまなし大使。
    カナダバンクーバーで建築およびCGを学び帰国後、一級建築士事務所の有限会社ATA企画を兄と設立。同会社CGチームのキャプテン。Autodesk Visualization Contest、Lumion Contestなど数々のコンペ出場歴があり、その全てにおいて入賞・優勝。V-Ray Certified Professional(VCP)/3ds Max&Maya保持者。現在は八ヶ岳清里高原にあるデジタルアートスタジオ「LEI THREE Inc.」を拠点として活動中。建築ビジュアライゼーションに加え、歌舞伎公演などメディアアート、プロジェクションマッピング、そして近年では環境問題へのアプローチとして環境デジタルアート制作という独自の取り組みと幅広く活動している。 www.atakikaku.com



CGW:まだ手描きが主流だった時代ですね。CGでできた映像や画像は、本当に驚きと感心の連続でした。卒業後はどうされたのですか?

多田:バンクーバーの学校を卒業して、現地の建築デザインオフィスに就職しました。CGパースと図面の日本語翻訳を担当し、独学でCGを学びながら業務を行うという感じです。そうするうちにさらにCGを極めたくなり、フィルムスクールに入学しようと考えていたのですが、その矢先に日本でバブルが崩壊。2年ほど働いた後、帰国して家業の建築設計事務所を手伝うことにしました。

CGW:ということは、ご実家の建築設計事務所を継がれてATA企画となったのでしょうか?

多田:いえ、そういうわけではないんですよ。家業は本当に手伝い程度で、その後しばらくして、当時はまだあまり普及していなかった「メール営業」をして、建築CGの業務を一人で始めました。後に、山城デザインからオファーをもらって入社したのですが、海外生活による価値観の相違や満員電車での通勤が苦手だったこと、そのほか諸事情も重なり退社することに。その後は、外注というかたちでCG業務を続けさせてもらいました。配慮をしていただいて本当に感謝しています。

それと並行して、実家の建築設計事務所のパースを制作しながら、1996年に兄と一緒にATA企画を起ち上げました。CGの部署は私1人だけでしたが、現在は全体で17人にまで増えました。

CGW:レイスリー(ATA企画・清里オフィス)は当時からあるのですか?

多田:ATA企画の支社として清里にオフィスを構え、移住したのは2012年です。それ以降はリモートワークで東京本社と仕事をしていて、レイスリーでは地元スタッフを採用して業務を行なっています。

CGW:ところで、なぜ清里という場所を選んだのでしょうか?

多田:実は、プライベートで犬を4頭飼っているんですよ。ボーダーコリーで、ディスクドッグのチャンピオンでもあるんですよ!

CGW:おお、すごい!

多田:とある夏に、犬を連れて清里に遊びに来たことがあったのですが、そのときに偶然穴場を見つけたんですよ。2度目に訪れたとき、運良くテナントに空きがあったので即決しました。

CGW:即断・即決ですね!

多田:そうですね(笑)。即決したのは良かったのですが、冬にどの程度寒くなるのかとか、ネット環境がADSLしかないといったことも知らなくて。引っ越してすぐに光回線が来るようになったので助かりましたが、本当に行き当たりばったりでした。

▲ディスクドッグの大会で日本一の経歴をもつというボーダーコリーたち

▲いつでもどこでも働ける「移動オフィス」仕様のキャンピングカー

CGW:行動力が素晴らしいですね!

多田:いつかバンクーバーか海外のどこかに支社を起ち上げて、東京本社と両立させて業務を行いたいと考えていました。また、清里は車で2時間程度で行ける「少し海外」のような場所ですからね。すぐに実行しました。

CGW:気持ちの準備は整っていたんですね。

多田:ATA企画ではスタッフを1から育てるのですが、会社が良い感じに育ってきてくれたという背景もありますね。本当にリモートワークが可能なのかを「実験も兼ねて」挑戦してみたくて、「八ヶ岳に移住しても大丈夫?」とスタッフに相談したところOKをもらいました。価値観は人それぞれちがうものですが、いずれこういった価値観に共鳴する人も出てくるのでは、と期待しています。

CGW:経営者が自ら「新しい働き方」に挑戦したわけですね。

多田:はい。それに建築CGはニッチな領域でもあり、若いCGクリエイターはゲームやアニメなどのエンターテインメント業界に行きがちですからね。そんな中で、「こんな働き方もできるぞ」と体現したかったというのもあります。「自然に囲まれたオシャレなオフィスで働く」というイメージを発信していけたら良いなと。

CGW:心地良さそうな労働環境ですね!

多田:あと、大きなキャンピングカーを中古で購入してレストアして使っています。ソーラーパネルも積んでいてオフグリッドなので、日本中どこでも仕事ができる環境です。東日本大震災前から非常時のことも考えて、住める車を探していたんですよ。震災経験後には、その重要性が確信に変わりました。

CGW:実際、東京を離れていかがですか?

多田:東京にいた頃は、「素晴らしい建築ビジュアライゼーション」を作ってやろうと意気込んでいたのですが、そういった考えも少し変わってきました。仕事後にワインを飲みながら小鳥のさえずりを聞いていると、自然にスケッチがしたくなるんですよ。制作するものに関しても、以前はガチガチの建築CGを作っていましたが、作風が変わってアート的な作品が増えました。こういうところで暮らすと、誰しも変化するのではないでしょうか。

CGW:環境が人を変えるんですね。東京を離れて寂しいとか、物足りないという気持ちはありませんか? 東京に対する印象は変わりましたか?

多田:東京に対する印象も変わったかもしれませんね。今は高速道路で東京に向かうとき、八王子あたりでビルが増えてくると少し違和感を覚えます。街を歩いている人も、なんだか疲れているように見えて自分もそうだったんだろうなぁって。特に清里は観光地なので、訪れる人の表情も明るいから余計にギャップを感じるんですよね。

▲清里オフィス「レイスリー」の周辺

CGW:確かに、清里は休日を楽しむために訪れる人が多く、皆元気で笑顔ですもんね。

多田:逆に東京から清里へ戻るときに、高速道路から八ヶ岳が見えると気分が高まります(笑)。「うおー!」と魂の叫びが出るというか。もともと自然が好きというわけでもなかったんですけどね。部屋が好きなオタクで、自然なんて面倒くさかったくらいです。でもハマりましたね。薪割りをして、チェーンソーを使う生活をするなんて思いもしませんでした。

CGW:チェーンソー!? 生活でチェーンソーを使うんですか?

多田:薪割り用の玉切りに使うんですよ。切り始めると楽しくて、ずっとやっちゃいますよ(笑)。本当に環境が人を変えていくんですよね。仕事で徹夜して、朝外に出たときに毛穴で感じるゾワゾワ感を体験すると、本当に変わるんです。

▲清里での日常。薪ストーブを囲む愛犬たち(上)/ATA企画・清里オフィスこと「レイスリー」のエントランス(下)

CGW:「制作するものが変わった」とおっしゃっていましたが、そのあたりをもう少し詳しく聞かせてください。

多田:自然が豊かだから環境問題に関心をもつようになり、SDGsなどにも強い興味が出はじめました。とあるアーティストがゴミを集めてアート作品を制作し、収益を海外に寄付している......という記事を読み、自分もCGアーティストとして何かできないかと考えるようになりました。

CGW:環境問題は地球規模の大きな課題ですね。CGクリエイターとして何ができるのでしょうか。

多田:例えば、海洋汚染のマイクロプラスチックをパーティクルで表現して、エネルギーアートをプロジェクターで投影してみるのも面白いと思っています。押しつけがましくて重い作品ではなく、子供を連れて見に来てくれた家族がみんなで楽しんで、なおかつ環境問題を意識するきっかけになるようなことができたら良いなと。

CGW:私はニュージーランドやオーストラリアで生活していたことがあるのですが、この2つの国はとりわけ環境問題に真剣に取り組んでいて、「きれいなものを失いたくない」というポジティブな発想によるアクションが多いように感じました。日本では「罰則」や、つらいものを見せつける「ショック療法」的な取り組みが多いように思います。

多田:そうなんですよね。「戦争反対!」と叫ぶよりも「平和を」と言う方が良いですよね。ネガティブなものを押しつけるより、成功事例を見せた方が気持ちが良い方向に動くように思います。「楽しい」とか「オシャレだな」といった入口からのスタートでも良くて、とにかく「事実を知ってもらうこと」が大切です。そこに、CGアーティストの自分にできることがあると思いました。

CGW:清里にいるからこそ、実感できたことなのかもしれませんね。



次ページ:
コロナ禍にCGアーティストとしてできること

Profileプロフィール

多田朱利/Aketoshi Tada

多田朱利/Aketoshi Tada

有限会社ATA企画 専務取締役/株式会社レイスリー 代表取締役。やまなし大使。
カナダバンクーバーで建築およびCGを学び帰国後、一級建築士事務所の有限会社ATA企画を兄と設立。同会社CGチームのキャプテン。Autodesk Visualization Contest、Lumion Contestなど数々のコンペ出場歴があり、その全てにおいて入賞・優勝。V-Ray Certified Professional(VCP)/3ds Max&Maya保持者。現在は八ヶ岳清里高原にあるデジタルアートスタジオ「LEI THREE Inc.」を拠点として活動中。建築ビジュアライゼーションに加え、歌舞伎公演などメディアアート、プロジェクションマッピング、そして近年では環境問題へのアプローチとして環境デジタルアート制作という独自の取り組みと幅広く活動している。 www.atakikaku.com



スペシャルインタビュー