>   >  訓練兵募集!? INEI・富安健一郎氏に聞く、3日間の短期集中 "アート訓練"「BOOT CAMP SUMMER 2021」が目指す「本当のアート教育」とは
訓練兵募集!? INEI・富安健一郎氏に聞く、3日間の短期集中

訓練兵募集!? INEI・富安健一郎氏に聞く、3日間の短期集中 "アート訓練"「BOOT CAMP SUMMER 2021」が目指す「本当のアート教育」とは

「One more set!! Two more set!!」との掛け声が聞こえてきそうな "アートブートキャンプ" がこの夏に開催されるとの一報が入った。INEI代表・富安健一郎氏が毎週ゆるやかにお届けしている「INEI ART ACADEMY Online」の短期集中合宿とも言える「BOOT CAMP SUMMER 2021/INEI ART ACADEMY」(以下、BOOT CAMP SUMMER 2021)が、8月7日(土)〜9日(月・祝)に開催される。富安教官による3日間に渡る特訓の暁には、「やりきった!」というゆるぎない自信を勝ち取ることができるはずだ。長引くコロナ禍でくすぶっている諸君。この夏をアートに捧げてみてはどうだろう。

「BOOT CAMP SUMMER 2021/INEI ART ACADEMY」
詳細はこちら


INTERVIEW & EDIT_三村ゆにこ / Uniko Mimura(@UNIKO_LITTLE





コンセプトを描くということ

「INEI ART ACADEMY Online」

映画、アニメ、ドラマ、ゲーム、都市計画、大型施設。世界照準のスケールとクオリティで数々のコンセプトを手がけたアーティスト・富安健一郎による"初"の超実践的コンセプトアートスクール。なぜ、企業は経営戦略のコンセプトメイクをINEIに依頼するのか? なぜ、たった1枚のアートがそのコンテンツの真実を語ることができるのか? 独学でやってきた本人だからこそ伝えられる、コンセプトアートに本当に必要なこと。それは、"基礎"だった。さぁ、真っ白な画用紙と真っ白な頭を準備して、その答え合わせをしに行こう。

INEI ART ACADEMY Onlineセット割引販売開始!
ご購入はこちら



富安氏が掲げる「本当のアート教育」とは

CGWORLD(以下、CGW):本日はよろしくお願いします。まずは自己紹介をお願いします。

富安健一郎氏(以下、富安)INEIの代表でコンセプトアーティストの富安健一郎です。INEIが掲げる「世界中のコンテンツのコンセプトアートを描く」と言うミッションの下、日々がんばっています。

西原紀雅(以下、西原): CGWORLDで教育事業全般の企画・運営をしている西原紀雅です。2020年11月から富安さんと一緒に「INEI ART ACADEMY Online」というオンライン講座の企画・配信を進めています。

CGW:「INEI ART ACADEMY Online」はどのような経緯で企画されたのですか?

富安:「本当のアート教育」をずっとやりたいと思っていて、数年前からいろいろと構想を練っていました。包み隠さず正直に話すと、新型コロナウィルス感染拡大を受けて「何かしなければ」と逆に燃えてきてしまって。これはずっと温めてきたアイデアを実行する良いタイミングなのかもしれないと社内で話し合った末、西原さんに相談させていただきました。

西原:富安さんとは、これまでも記事だったりセミナーだったりと様々なかたちでお世話になってきたのですが、もう何年も前に「INEI ART ACADEMY」という教育事業を考えている、と富安さんがお話しされたことがありました。僕自身も、CGWORLDという媒体を活用した教育事業を企画・運営しているので、「何か一緒にできたら良いですね」とお話ししたのがそもそもの始まりです。当時はまだ漠然としたアイデアの交換という感じで、以降、ずっと企画を温めつつチャンスを待っていました。

  • 富安健一郎/Kenichiro Tomiyasu
    INEI代表/コンセプトアーティスト
    ゲーム会社のデザイナー、フリーランスのアーティストなどを経て、2011年にコンセプトアートのスペシャリスト集団である株式会社INEIを発足。現在は同社代表を務めつつ、映画、ゲーム、CMなどのエンターテインメントコンテンツ、都市計画、大型施設などのコンセプトアートを手がけている

  • 西原紀雅/Norimasa Nishihara

    株式会社ボーンデジタル CGWORLD編集部

CGW:長年温めてきたアイデアが、新型コロナウィルスの感染拡大をきっかけに動き始めたわけですね。

西原:富安さんの中ですでにしっかりとした構想が固まっていたので、今回改めてお話をいただいてから第1回の配信をするまで、本当にあっという間でした。

CGW:西原さんはCGWORLDでオンラインチュートリアルなどの教育事業を手がけられていますが、どういった背景によるものなんですか?

西原: 教育事業を本格的に開始したのは4~5年前からで、オフラインでのセミナーからスタートしました。しかし、遠方に住む読者の方やクリエイターさんたちも、「もっと学びたい」と思っている人は多いのではないかと気付き、チュートリアル等の動画配信を始めたところ、予想以上のリアクションをいただいたんですね。デジタル・アーティストの皆さんって、学びに対する意識が本当に高いんですよ。

CGW:私も日々アーティストの皆さんに取材をさせていただいていますが、技術力の向上やR&Dに本当に力を入れていらっしゃると感じます。

西原: そうなんですよね。我々は「CGWORLD」という媒体として、国内外で活躍する多くのアーティストさんたちに取材を行なってきましたし、そういった人脈が「宝」でもあるわけです。そういうアーティストさんたちに講師となってもらい、より広く知識や技術を繋ぐことができるのではないかと考え、皆さんのスキルアップの手助けとなる事業を 進めていくことになりました。これが、教育事業を推進する背景です。

CGW:なるほど。「INEI ART ACADEMY Online」は、西原さんが目指す教育事業と富安さんの思い浮かべる教育事業が融合したものだったんですね。スタートしてからすでに半年が過ぎ、「基礎編(全31回)」が終了したとのことですが、次のステップはどのようなものですか?

富安:「INEI ART ACADEMY Online」は、「基礎編」、「中級編」、「実際に描いてみる篇」......と続き、まだまだ先が長いのですが、次のステップとして「物語を軸に描いてみる篇」が始まろうとしているところです。このステップでは、普段から僕が仕事で使っている技術をお伝えする予定で、より実践的な内容になります。

CGW:配信スケジュールはどのような感じなんですか?

富安: 毎週1回、1時間のセミナーです。そうか、もう31回も続いているんですね。「どうなるかわからないけど、まずはやってみよう」というかたちでスタートした講座なんですが、予想よりずっと多くの方が観てくれているので、僕としてもやる気が出ます。

CGW:本当にすごいことですね。

西原:この講座は「絵が上手に描けるようになりましょう」という内容ではなく、「コンセプトアートをちゃんと学ぼう」という点に焦点を当てた講座なんですね。ですので「 基礎編」では、構図やパースといった基礎を教えつつ「アイデアの発想法」に比重を置いた内容になっています。

富安:「アイデアの発想法」というのは本当はたくさんあるんですが、それを日本でちゃんと教えているところって聞い