>   >  デジタルマーケティングやプロモーションを一手に担い、自由な働き方を実現するフラッグがモーショングラフィッカーを募集中!
デジタルマーケティングやプロモーションを一手に担い、自由な働き方を実現するフラッグがモーショングラフィッカーを募集中!

デジタルマーケティングやプロモーションを一手に担い、自由な働き方を実現するフラッグがモーショングラフィッカーを募集中!

[PR]

TEXT_神山大輝 / Daiki Kamiyama
PHOTO_弘田 充 / Mitsuru Hirota

映像制作を軸としながら、デジタルマーケティングの総合プロデュースを担うフラッグが、新たにモーショングラフィッカーを募集中だ。フラッグならではの自由な働き方や制作ポリシーについて、大阪オフィス マネージャー 奥平圭樹氏に訊いた。

求人情報

フラッグは現在下記の職種を募集中です。

■募集職種
①モーショングラフィックデザイナー(大阪勤務)
②モーショングラフィックデザイナー(東京勤務)
③法人営業(大阪勤務)

詳しくは 求人コーナー【JOBS】をご覧ください。

大阪オフィス編

CGWORLD(以下、CGW):本日は宜しくお願いします。まずは自己紹介をお願いします。

奥平 圭樹氏(以下、奥平):株式会社フラッグ大阪オフィスマネージャーの奥平です。僕はもともと映像業界出身で、大手メーカーのプロモーション映像や社内映像などを制作していました。その後フリーランスとしての活動や、いくつかの企業を経て、9年前に株式会社フラッグへ入社しました。最初は渋谷オフィスでディレクターとプロデューサーを2年ずつ務め、その後大阪オフィスを立ち上げました。

  • 株式会社フラッグ
  • 奥平 圭樹/ Keiju Okuhira
    株式会社フラッグ
    大阪オフィス マネージャ―

CGW:株式会社フラッグについて教えて下さい。

奥平:フラッグは映像制作会社をルーツに持つプロモーション会社です。映画のプロモーションや、最近ではInstagramやTwitter用の映像やスチールなどのクリエイティブもやるようになっています。東京本社はどちらかと言うとソーシャル寄りの仕事が多く、大阪は映像制作をメインに行っています。

株式会社フラッグ
フラッグ大阪オフィスの風景。フリーアドレスとなっており、社員同士の気軽なコミュニケーションが可能だ

CGW:映像制作会社は数多くありますが、フラッグならではの強みはどういった点にありますか?

奥平:映像制作単体の受託も可能ですが、広告物全体として受託もできるというのがポイントですね。プロモーションもできて、クリエイティブもできる。企画から全てがノンストップで可能な点が強みです。他の企業さんだと制作だけ、広告だけと複数の企業に渡って仕事をする必要が出るかと思いますが、フラッグなら例え大阪オフィスだけで難しい案件も、東京や名古屋、ロサンゼルスなど他のオフィスと協力して進めることができます。

CGW:映像制作がメインとのことですが、大阪オフィスの特長について詳しく教えて下さい。

奥平:現在は8名のスタッフがいて、内訳としてはディレクターが僕含めて2名、3DCG担当が1名、ADが3名、あとはプログラマーが1名、庶務系の方という形です。大きな案件を回すためにある程度縦割りになっている東京本社と違い、大阪は個々人の裁量がかなり幅広くなっています。ディレクターでもカメラを回すし編集もするし、「何でもやれる」というのが面白いですね。今後は大阪単体でも総合的な受託ができるように、今スタッフを募集しているところなんです。

株式会社フラッグ
通称「機材部屋」。撮影に必要な機材が並べられている

CGW:奥平さんは大阪オフィスの立ち上げにも関わられたと聞いています。

奥平:私は滋賀県出身で、もともと地元に帰りたいという願望があって。数年前に「地元に帰るので退職します」と社長に伝えたところ、「それなら大阪にオフィスを作ろう」と返されて、そのまま大阪オフィスを任せて頂いています。松山出身のスタッフが地元に帰るタイミングで松山オフィスを作ったり、名古屋オフィスやロサンゼルスオフィスも同じ理由ですね。東京で仕事をしたスタッフがいつか地元に戻りたくなった時、そこでもフラッグとして仕事ができるというのは、すごく面白い点だと思います。裁量を任せてもらえる分プレッシャーもありますが、そういう社風なんだと思います。

CGW:「自由な社風」というキーワードは良く聞きますが、この場合は裁量の大きさに驚きますね。

奥平:働き方そのものも自由ですよ。裁量労働制なので、僕も普通に16時に帰ったりします。夕方必ずジムに通っているスタッフもいます。ある程度お客さんの時間に合わせるようにはしますが、それにしても映像制作会社の中では勤務時間は短い方だと思いますね。

CGW:働き方という話題で行くと、福利厚生などで特色はありますか?これから働く方が特に気にする部分かとは思いますが。

奥平:例えば、書籍の購入費やセミナー参加、展示会などは経費で参加可能です。3DCGなどは制作にソフトのほかプラグインが必須ですが、そういったものもどんどん導入して頂いて構いません。稟議を通して頂く必要はありますが、かなり認めてもらいやすいはずです。また、大阪オフィスは女性が半分以上なので、女性が働きやすい環境も整っていると思います。男女問わず育休は普通に取れますし、あとは休職して海外留学をする!といったことも、会社側は認めてくれます。


  • 株式会社フラッグ

  • 株式会社フラッグ

  • 社内には自由に使える炊飯器やたこ焼き器などがあり、アットホームな雰囲気づくりに一役買っている。冬には鍋も追加されるそうだ。

奥平:特色のある福利厚生だと、大阪オフィスでは毎日炊飯器でご飯を炊いています。みんなおかずだけ持ってきて、ご飯よそって食べたりとか、後は向かいのカレー屋さんでルーだけ買ってきたりとか。あとは、今どき珍しいかも知れませんが、社員旅行もありますね。

CGW:ここからは求人の具体的な部分についてお伺いします。モーショングラフィッカーを募集しているとのことですが、スキルや使用ツールなどについて教えて下さい。

奥平:基本的にはAfter Effects CCです。CINEMA 4Dが扱えるとなお良いですね。テロップなどの仕上げ部分が多いので、ビジュアル的にどう格好良く、見やすくするのかを考えながらデザインができる方がベストマッチだと思います。2Dイラストを動かせたりすると、さらに良いですね。スキル以外だと、「特長のある人」に来て欲しいと思います。むしろフラッグらしくないクリエイターに来て頂いた方が、大阪オフィスとしての特長が出しやすいと思いますね。

株式会社フラッグ

奥平:あとは、職人気質でない方がむしろ良いと思っています。僕個人としては「作品」という言い方はあまりせず、自分で作る映像をあくまで「商品」だと思って向き合っています。意固地にならず、ある程度ビジネスライクに割り切れる人の方が良いと思いますね。

CGW:大阪オフィスは少人数体制ということで、ディレクター視点が必要な状況もあるのでしょうか。

奥平:合成が発生するシーンは、現場に行って3Dの視点での指示を出したりなど、ディレクションに関する仕事も出来るといいですね。というよりも、逆に「モーショングラフィックしかできない」という人材だと、今後はそれ単体で働いていくのは難しいと思うんです。フラッグを利用してこの辺りを学んで行けば、いずれはディレクターとして活躍して頂けると思います。大阪は職種問わずいろいろできる現場でもありますから。

CGW:最後に、フラッグ大阪オフィスの今後の展望を教えて下さい。

奥平:いつか、フラッグ大阪オフィスとしてのブランドを確立して、フラッグ大阪の東京オフィスを出すというのが究極の夢です。そのためには、大阪ならではの特色が必要ですし、独自の路線を持つことが重要です。制作も求人も、そういった意識を持ってやっています。

CGW:ありがとうございました。

次ページ:
<2>東京本社編
~モーショングラフィックで重要なのは動きではなく"情報を伝えるためのデザイン"~

求人情報

■募集職種
①モーショングラフィックデザイナー(大阪勤務)
②モーショングラフィックデザイナー(東京勤務)
③法人営業(大阪勤務)

■仕事内容
①②モーショングラフィックデザイナー
●企業VP等の映像制作におけるCG
●モーショングラフィックス制作
●インフォグラフィックス制作
●アートディレクション
●各種デザイン・イラスト制作
●合成
●テロップワーク など

主な使用ソフト:Premiere、After Effects、CINEMA 4D等

③法人営業
営業を通して映像制作、Webコンテンツ制作などのソリューションをお客様のニーズに合わせてご提案していただきます。
●クライアントの抱える課題のヒアリング・提案機会の創出
●社内でプロジェクトチームを組織
●提案・案件進行の管理
詳しくは 求人コーナー【JOBS】をご覧ください。

Profileプロフィール

フラッグ/flag

フラッグ/flag

www.flag-pictures.co.jp/

スペシャルインタビュー