>   >  アニメCGの草分け的存在 有限会社オレンジ
アニメCGの草分け的存在<br /> 有限会社オレンジ

アニメCGの草分け的存在
有限会社オレンジ

[PR]

『創聖のアクエリオン』や『.hack//Quantum』など、CG 監督として数多くの作品を手がけてきた井野元英二氏。もともと、フリーのアニメーションディレクターとして活躍していた井野元氏が、仕事量の増加に伴い、2004年に起ち上げたのが有限会社オレンジだ。同社は『ヱヴァンゲリヲン新劇場版 破』や『マクロスF』といったアニメ作品において、3DCG を使った高いクオリティの映像を制作しているアニメーション会社である。

作画と 3DCG のハイブリッドで作る
高クオリティなアニメーション

「オレンジの特長としてよく挙げられるのが、作画と合わせても違和感の少ない 3DCG を作るという点です。しかしそれは CG の嫌悪される部分を極力排除した結果であって、作画に近づける事が弊社の最終目標ではありません。理想はそういうものを超えた 3DCG のメリットと気持ちよさを最大限に活かした"ときめき"を感じる映像です」と井野元氏。クオリティの高さはもちろんの事、この作画と 3DCG 両方の長所を持つ"ハイブリッド映像"こそが、同社の魅力だ。

実際の制作では、井野元氏、各ディレクター陣、マネージャー兼 CG デザイナーの神谷氏を柱にしたクオリティ管理が徹底されている。「これまでにオレンジが手がけてきた映像が、どう作られたてきたのか...... CG 制作者としても、いちアニメファンとしても興味のあるその制作過程を実際に見て、技術を学べるという点は、弊社ならではの良さだと思います」と神谷氏。さらに、有志のスタッフによる勉強会もあり、スクリプトやツールの情報を共有するなど、スキルアップの場が多いという。

現在、同社に所属しているスタッフは約 30 名ほど。作業はディレクターを中心に、各プロジェクト毎にチームを組んで進めらている。朝 10 時スタートという、アニメの制作会社としては比較的、珍しい朝型体制のため、複数の案件が同時進行する忙しい毎日ではあるものの、体力的に無理のないよう、勤務時間が管理されているのだとか。

そんな同社が求める人材について「アニメや映像が好きという事が大切」と語る井野元氏。今後の夢としてオリジナル作品の制作にも挑戦していきたいと言い、一緒にその夢を追いかけてくれるスタッフを募集中だ。

では次ページから、同社が手がける 4 月スタートのアニメ『アクセル・ワールド』『坂道のアポロン』について、ディレクターの鈴木氏、越田氏にメイキングを少しだけ紹介していただこう。


POINT!

アニメーション制作の
第一線で活躍のチャンス!

高クオリティなアニメ制作の現場で
技術を学んでレベルアップ!

スタッフの皆さん(左)と制作に関して、スタッフにアドバイス中の井野元氏(右)


【JOB】バナーWinterバージョン

スタッフ募集中!

有限会社 オレンジでは現在、CGデザイナーを募集中です。 詳しくは 求人コーナー【JOB】をご覧ください。

Profileプロフィール

有限会社 オレンジ
CGデザイナー/マネージャー 神谷 ももこ氏

オレンジ
設立日:2004 年 5月
資本金:300万円
所在地:本社/〒183-0011東京都府中市白糸台2-16-2
スタジオ/〒180-0023 東京都武蔵野市境南町2-10-21新倉ビル4F

TEL:0422-39-4040
URL:http://www.orange-cg.com/

スペシャルインタビュー