>  月刊『CGWORLD +digitalvideo』  >  Vol.262
CGWORLD vol.262(2020年6月号)、2020年5月9日(土)発売! メイン特集はコスパ最高のHDRI制作術&自動車業界で活躍するゲームエンジン!

Vol.262

第1特集:コスパ最高のHDRI制作術
第2特集:オートモーティブ×ゲームエンジン

CGWORLDのアンケートに答える

こんにちは、CGWORLD編集部です。本日は5月9日(土)に発売されるCGWORLD最新号、CGWORLD vol. 262(2020年6月号)をご案内いたします!

第1特集は「コスパ最高のHDRI制作術」! 実写VFXの現場でHDRI用の撮影を行う際にRICOH THETAシリーズを利用している人は多いはず。昨年5月に発売されたフラッグシップモデル「RICOH THETA Z1」は、RAW撮影にも対応したことでACES対応のワークフローをより手軽に構築できるようになりました。CGSLABとロゴスコープ全面協力の下、その制作術と使い勝手をガチンコで検証します!。

CGWORLD Vol.262(2020年6月号)

第2特集は「オートモーティブ×ゲームエンジン」! ゲームエンジンは、そのリアルタイム性能がもたらす高い開発効率によって自動車業界においても様々なシーンで広く活用され始めています。ここでは、エンタメにも役立つUnreal Engine 4の自動車向け新機能とUnityを用いたコンテンツ制作事例について紹介します。

その他ゲームグラフィックス、アニメ、実写VFXなどの各種事例やTIPS、連載陣も大充実! CGWORLD Vol.262(2020年6月号)は、全国の書店ならびに、「CGWORLD SHOP」 をはじめとする各オンラインショップにて絶賛予約受付中です。



【CONTENTS】
第1特集:コスパ最高のHDRI制作術

TIPS
RICOH THETA Z1を利用したACES対応HDRI制作フロー

REVIEW
RICOH THETA Z1はHDRI制作に最適か検証!

TALK
開発者とユーザーが腹を割って語らう! RICOH THETAに期待すること

CGWORLD Vol.262(2020年6月号)

CGWORLD Vol.262(2020年6月号)


第2特集:オートモーティブ×ゲームエンジン

UE4-TIPS
リアルタイム技術の専門家による最新の自動車ビジュアライゼーション

Unity-CASE
アニメーション制作の知見を活かしたクラフターグループの取り組み

CGWORLD Vol.262(2020年6月号)

CGWORLD Vol.262(2020年6月号)



<HOT STUFF!>
・映画『ソニック・ザ・ムービー』
BULLET RENDER FARM「柴犬まる」を再現
・Cinema 4Dでつくる! シンプル&気持ちの良い動き

CGWORLD Vol.262(2020年6月号)

CGWORLD Vol.262(2020年6月号)


<連載>
・CGWORLDリサーチ
インターンシップ
・Game Graphics Studio
『仁王2』
・アニメCGの現場
劇場アニメ『サイダーのように言葉が湧き上がる』
・VFXアナトミー
映画『燃えよ剣』

CGWORLD Vol.262(2020年6月号)

CGWORLD Vol.262(2020年6月号)

CGWORLD Vol.262(2020年6月号)

・世界大諸説史 by 沢田匡広
#022 帰還
・Phoenomenal Things by 森田悠輝
Work 020 "Scales Creature" テクスチャ篇
・画龍点睛 by 早野海兵
菖蒲
・アニメーションスタイル by MORIE
オリンピック競技編①
・ACADEMIC meets INDUSTRY
筑波大学 理工情報生命学術院 計算幾何学とグラフィックス研究室

【CGWORLDのご購入はこちら】