>   >  インディ・ゲームから最先端のメディア・アートまで、『美術手帖』8月号は「ゲーム×アート」特集(美術出版社)
インディ・ゲームから最先端のメディア・アートまで、『美術手帖』8月号は「ゲーム×アート」特集(美術出版社)

インディ・ゲームから最先端のメディア・アートまで、『美術手帖』8月号は「ゲーム×アート」特集(美術出版社)

世界をシミュレーションする手段としても注目される、ゲームとアートのクロスポイントを探る「ゲーム×アート」を特集した『美術手帖』8月号が発売された。
詳細はこちら

■概要

今日、様々な角度から研究の対象ともなっている「ゲーム」。同特集では、その手法を使ったメディア・アートから、芸術性を追求するゲーム作品、さらには現代美術における遊戯性の系譜まで、広くゲームとアートの領域が重なるところにある実践をとりあげ、その関係と、新たな表現の可能性を考える。PART1では「ゲームアート」と呼ばれる領域を中心に、アートにおける新たなメディアとしてのゲームについて紹介。巻頭アーティストインタビューでは、国内でいち早くゲームの技法を取り入れてきた谷口暁彦氏と、岡山芸術交流などに出品したことでも知られ、ゲームAIを使った制作を行うイアン・チェン氏が登場する。また、このテーマを考えるうえで知っておきたいゲーム用語などのキーワードをイラスト入りで解説。愛知県美術館学芸員の副田一穂氏による、アナログゲームなどをモチーフとしたアーティストの実践の紹介、若手アーティスト・大岩雄典氏による「ゲームブック」形式の論考などから、ヴィデオゲームにとどまらず両領域の関係を考察する。

PART2では、ゲームにおける芸術性に着目。ゲームクリエイターから、国内外で注目される個人制作者・麓旺二郎氏(もっぴん)と、『ぷよぷよ』で知られ現在は上演形式の作品なども手がける米光一成氏にインタビュー。また、商業ゲームにおける「美」の概念を、批評家の藤田直哉氏が分析する。主に作品性を重視したインディ・ゲームを指す「アートゲーム」と呼ばれる分野については、ゲーム研究者・松永伸司氏の監修により紹介。テーマ別の作品カタログのほか、アートゲーム制作者の草分けとして知られるジェイソン・ローラーがその制作について語るインタビュー翻訳も掲載する。

PART3は論集として構成。ゲーム制作者・文筆家の山本貴光氏による、初期コンピュータ・ゲームを題材としたゲームの視覚効果の分析、世界的ゲーム研究者のイアン・ボゴスト氏と美学者の吉田 寛氏による、『あつまれ どうぶつの森』とコロナ禍の世界について考える対談、近現代美術史にゲームの系譜を見出す中尾拓哉氏による論考などを掲載する。ほか、ゲームにおける多様性やフェミニズムに注目するキュレーターのイザベル・アルヴェール氏への取材や、ゲーム内で撮られた写真作品「インゲームフォトグラフィ」のビジュアルページなど、120P超の大ボリュームの特集となっている。また今号では、久門剛史のロングインタビューや、コロナ禍における世界のアートシーンの状況レポートも掲載する。

『美術手帖 8月号』
発売日:7月7日(火)
定価:1600円+税
発行元:美術出版社
www.bijutsu.press/books/magazine/

新着のニュース一覧