>   >  「ハイエンドリアルタイムCG ハンズオンセミナー【Unreal Engine 4活用編】in 名古屋」開催(CG-ARTS協会)
「ハイエンドリアルタイムCG ハンズオンセミナー【Unreal Engine 4活用編】in 名古屋」開催(CG-ARTS協会)

「ハイエンドリアルタイムCG ハンズオンセミナー【Unreal Engine 4活用編】in 名古屋」開催(CG-ARTS協会)

ハイエンドリアルタイムCGの技術についてUnrealEngineを使いながら学ぶセミナー「ハイエンドリアルタイムCG ハンズオンセミナー【Unreal Engine 4活用編】in 名古屋」が開催される。セミナーではEpicGamesJapanの協力により最新のVRコンテンツの体験もできる機会も用意されている。
詳細はこちら

■プログラム

3月30日(1日目)
  • 10:00~10:40
  • 特別講演「Unreal Engine 4(UE4)の現状と未来について」
    講師:今井翔太氏(エピック・ゲームズ・ジャパン コミュニティ・マネージャー)
  • 10:50~12:20
  • Unreal Engine 4 クイックスタート
    基本操作の習得
  • 13:20~15:20
  • グラフィックアセット作成
    DCCツールからUnreal Engine 4へのコンバート
  • 15:30~16:30
  • シェーダ設定・レンダリングⅠ
    物理ベースレンダリング
  • 16:40~18:00
  • Level Sequence Editorを用いたアニメーション表現
    フライスル―/シネマティクス
3月31日(2日目)
  • 09:20~11:10
  • Landscapeを用いたオープンワールド表現
  • 11:20~13:00
  • シェーダ設定・レンダリングⅡライティング、ポストエフェクト
  • 14:00~14:40
  • 特別講義「リアルタイム3DCGを医療の世界へ!」
    講師:瀬尾拡史氏(サイアメント代表取締役、京都造形芸術大学客員教授)
  • 14:50~16:00
  • ヴィジュアルエフェクト
    GPUパーティクルの活用
  • 16:10~17:30
  • マスタリング
    VRコンテンツへの応用

※セミナーの内容は予告無く変更する場合あり

■日程・会場・申込みなど

主催:CG-ARTS(公益財団法人 画像情報教育振興協会)
協力:EpicGamesJapan
日時:2017年3月30日(木)10:00~18:20、2017年3月31日(金)9:20~17:30
会場:トライデントコンピュータ専門学校/名古屋市中村区名駅3-24-15
定員:20名(最少催行人数5名に満たない場合中止になる可能性あり)
受講料:一般 30,000円、認定教育校 24,000円、CG-ARTSマイスター取得者:24,000円
対象:
・ビジュアルアーティスト、テクニカルアーティストの育成をしている人
・学校や企業で、Unreal Engineを使ったゲーム教育の検討している人
・ゲーム制作における効果的な教育方法を学びたい人
想定スキル(受講条件):
同セミナーは、 初めてUnrealEngineを使用する前提で行われるが、前提スキルとして3DCGの基礎知識やDCCツールやUnityなどのゲームエンジンの使用経験がある程度あることを想定して進められるので要注意。
申込み:こちらから

新着のニュース一覧

  • 3DCG制作者向けレンダリングワークステーション「SuperPC RYZENX」発売(JUNS)

    ツール

    3DCG制作者向けレンダリングワークステーション「SuperPC RYZENX」発売(JUNS)

    JUNSは、高速なレンダリング処理を行うRyzen7プロセッサを搭載し、3DCG制作に最適化したワークステーション「SuperPC RYZENX」を発売した。「SuperPC RYZENX」は、高度なアニメーション制作や物理シミュレーション、解像度の高まる3Dビジュアルやタイトルモーションなど高精細な3DCG映像表現を求める制作者へ向けた、パワフルかつ最もコストパフォーマンスに優れた高速レンダリングマシン。AMDのZENマイクロアーキテクチャを採用した8コア16スレッドプロセッサ Ryzen7を搭載し、レンダリングやモデリングにかかる時間を短縮。"すべての制作者を待ち時間から解放する"をキーワードに企画・設計されたモデルだ。