>   >  ドワンゴのAI技術でアニメーション制作を支援へ、劇場版『フリクリ プログレ』とCM『すすめ、カロリーナ。』の一部で使用
ドワンゴのAI技術でアニメーション制作を支援へ、劇場版『フリクリ プログレ』とCM『すすめ、カロリーナ。』の一部で使用

ドワンゴのAI技術でアニメーション制作を支援へ、劇場版『フリクリ プログレ』とCM『すすめ、カロリーナ。』の一部で使用

株式会社ドワンゴは、同社の機械学習技術の開発・研究部門「Dwango Media Village」が開発しているディープラーニングを用いたアニメーション制作支援技術が、2018年9月28日より劇場公開されたアニメ映画『フリクリ プログレ』(Production I.G 制作)および2018年6月に公開された大塚製薬「カロリーメイト」のCM『すすめ、カロリーナ。』(スタジオコロリド制作)の制作の一部で使用されたことを発表した。また、同技術の擬人化キャラである「時季ヶ原姉弟」は、今後アニメ制作の動画工程を見習うアシスタントという設定のもと、Twitterで活動報告を随時発信していく予定。

■アニメ制作工程の「中割り」と「原画トレス」を支援するAI、アニメ映画やCMの制作で一部使用

近年、様々な業種で人工知能の活用が広がっている。ドワンゴではアニメーションの制作支援技術の研究開発を目的として、アニメーターの作業をサポートするAI技術の研究開発を行なってきた。その一環として開発されたのが、アニメ制作における「中割り」と「原画トレス」の工程をアシストする作画支援AIだ。「中割り」は、原画と原画の間の動作を描き足す工程。作画支援AIによって、この中割りの絵の一部をディープラーニングで追加生成し、動作を補完する絵を増やすことで、より滑らかなアニメーションを作成することができる。また、原画を清書する「原画トレス」工程の一部にも対応しており、線を整える作業時間を軽減することもできる。

同技術の開発にあたっては、中割りに関する技術レポートと実験動画が2017年6月に公開され、その後、アニメ制作関係者の協力のもと、原画トレス工程へ対応すべく研究開発に着手した。2018年からは、実際の制作現場で本技術が実験的に使用されるようになった。アニメ映画『フリクリ プログレ』の第5話(シグナル・エムディ担当)では、劇中劇のキャラクターの作画の原画トレスの一部と地面のひび割れや煙のエフェクトの中割りの一部で使用された(※関連記事)。そして今年6月に公開された大塚製薬の CM『すすめ、カロリーナ。』では、主人公の作画の原画トレスの一部で使用された。

動画見習い AI「時季ヶ原姉弟」
同作画支援AIの中割りと原画トレス機能は、それぞれ動画見習いAI「時季ヶ原 埋」と「時季ヶ原 写」として擬人化される。彼らはアニメ制作における動画工程を見習うアシスタントという設定で、今後関わった作品の告知などを公式Twitterアカウントで発信し、様々な作品での使用を通して学習し、「一人前」のAIを目指す。

<画像左側>
名前:時季ヶ原 埋(ときがはら うめる)
担当工程:中割り
<画像右側>
名前:時季ヶ原 写(ときがはら うつす)
担当工程:原画トレス

新着のニュース一覧