>   >  ディズニー・プログラミング学習教材「テクノロジア魔法学校」を発表、公式サイトで先行予約販売開始(ライフイズテック)
ディズニー・プログラミング学習教材「テクノロジア魔法学校」を発表、公式サイトで先行予約販売開始(ライフイズテック)

ディズニー・プログラミング学習教材「テクノロジア魔法学校」を発表、公式サイトで先行予約販売開始(ライフイズテック)

ライフイズテック株式会社は、ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社とライセンス契約し、ディズニーの世界を楽しみながらプログラミングやクリエイティビティをオンラインで学ぶことのできるプログラミング学習教材「テクノロジア魔法学校」を開発し、2018年4月21日よりサービスを開始する。また、「テクノロジア魔法学校」公式サイトで先行予約販売を受付中だ。公式サイトの先行予約特典として、「初回限定ナンバリングを施した魔法の本」と「白雪姫80周年記念オリジナルポストカード」を同封した初回限定モデルが用意されている。「テクノロジア魔法学校」の販売は、公式サイトのほか、全国の家電量販店など150店舗以上で展開する予定。さらに、同サービスのストーリーを盛り上げる主題歌として、Perfumeの「エレクトロ・ワールド」が決定し、「テクノロジア魔法学校」のPVが公開された。

■「テクノロジア魔法学校」について

「テクノロジア魔法学校」は「プログラミングは現代の魔法である」をテーマとして、魔法学校を舞台にしたオリジナルメインストーリーと、『アナと雪の女王』、『ベイマックス』、『アラジン』など13のディズニー作品を使ったレッスンによって、ロールプレイングゲームのように冒険の物語が進みプログラミングを学ぶことができる。「JavaScript/HTML/CSS/Processing/Shader」といったプログラミング言語を軸に、メディアアート、ゲーム制作、Webデザインと3つのコースを総合的に学習するクロスカテゴリ学習を採用。基礎編40時間、応用編60時間、計100時間分(※学習者によって、学習速度は異なる)の学習コンテンツを用意し、週1回2時間の学習で、約1年間学ぶことができる。毎日学べば約2~3ヵ月と、自分のペースで進めることができる。

オンライン学習教材のほか、物語を進めていくための地図や封筒などのさまざまなアイテムが入ったスタートキット「魔法の本」を連携させながら学習を進める。「魔法の本」には、「謎」が仕掛けられ、それらを解くことで物語が進行する。さらに、メインレッスンをクリアすると自宅に届くディズニーキャラクターがデザインされているオリジナルポストカード(40枚以上)など、オンライン学習とアナログアイテムが融合した、学習者が楽しく継続して学べる仕掛けが満載だ。

■概要

商品名:ディズニー・プログラミング学習教材「テクノロジア魔法学校」
内容:初心者向けオンラインプログラミング学習教材
商品構成:オンラインプログラミング学習教材(3コース)+スタートキット「魔法の本」+オリジナルハガキ(※進捗に合わせて届く)
対象:12歳以上(12歳未満は保護者の助言・指導が必要)
学習言語:JavaScript / HTML / CSS / Processing / Shader
学習コース:メディアアート/ ゲーム制作 / Webデザイン
学習時間目安:約100時間(基礎編約40時間/応用編約60時間)
週1回、2時間ずつ学べば約1年で修了。毎日学べば約2~3ヶ月と、自分の好きなペースで進めることが可能
サービス開始時期:2018年4月21日
料金:128,000円(税別)※分割払い可

新着のニュース一覧