>   >  新・海外で働く日本人アーティスト:帰国の危機を乗り越え、幼い頃からの夢を実現! 第20回:若杉 遼/Ryo Wakasugi(Sony Pictures Imageworks / Animator)
帰国の危機を乗り越え、幼い頃からの夢を実現! 第20回:若杉 遼/Ryo Wakasugi(Sony Pictures Imageworks / Animator)

帰国の危機を乗り越え、幼い頃からの夢を実現! 第20回:若杉 遼/Ryo Wakasugi(Sony Pictures Imageworks / Animator)

ハリウッドで仕事をしていると、映画の公開時期が延期され、その影響で担当アーティストがレイオフされてしまうという事態をよく耳にする。今回、登場いただいた若杉氏も、そんな苦い経験をおもちである。しかし、もち前のポジティブさと行動力で「運」も味方につけ、その後の成功に結びつけたという若杉氏に、その貴重な経験談を伺ってみよう。

TEXT_鍋 潤太郎 / Jyuntaro Nabe
ハリウッドを拠点とするVFX専門の映像ジャーナリスト。
著書に『海外で働く日本人クリエイター』(ボーンデジタル刊)、『ハリウッドVFX業界就職の手引き』などがある。
公式ブログ「鍋潤太郎☆映像トピックス」


EDIT_山田桃子 / Momoko Yamada

Artist's Profile

若杉 遼/Ryo Wakasugi(Sony Pictures Imageworks / Animator)
2012年にサンフランシスコの美術大学Academy of Art Universityを卒業後、Pixar Animation StudiosにてCGアニメーターとしてキャリアをスタート。2015年よりサンフランシスコからカナダのバンクーバーに移り、現在はSony Pictures​ Imageworksに所属。映画スタジオでアニメーターとして仕事する傍ら、3DCGアニメーションに特化したオンラインスクール「AnimationAid」の創設者として、運営の他、講師として教えている。これまで参加した作品は『アングリーバード』(2016)、『コウノトリ大作戦』(2016)『スマーフ スマーフェットと秘密の大冒険』(2017)などがある。

<1>幼い頃から夢はCG・VFX業界で働くこと

ーー日本では、どんな学生時代を過ごされたのですか?

中学生の頃にはすでにハリウッドのSF映画に興味をもっていました。元をたどれば小学生の頃に公開された『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』を観た影響で、その当時からぼんやりと「映画のVFXをやってみたい」と思うようになっていました。さらに高校に上がると『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』が公開されるなど、僕の学生時代はちょうどハリウッドの3DCG/VFXが大きく変わっていく時期だったような気がします。

大学に進学してからは独学で3DCGのアニメーションの勉強を始めたのですが、アニメーターを目指す大きなキッカケになったのは、実はこの「海外で働く」シリーズの連載記事でした。当時は、アニメーターとしてハリウッドを目指したいとは思っていたものの、実際に海外で働いている日本人を誰も知らなかったので、アニメーターという仕事は日本人には難しい仕事なのかな......と思っていたんです。そんなときにちょうど、当時ILMにいたアニメーター、小山 誠さんの記事を読み「日本人アニメーターでも海外で働くことができるんだ!」と、勇気を貰いました。なので、この連載で取り上げていただくことは、本当に光栄です。僕自身まだまだ未熟ですが、少しでも、若い優秀なアーティストの皆さんの後押しをできたらと思います。

ーーアメリカに留学されたときのお話をお聞かせください。

大学卒業後、サンフランシスコのAcademy of Art University(以下、AAU)という美術大学に留学しました。専攻はCGキャラクターアニメーションです。僕は日本にいるときからPixar Animation Studios(以下、ピクサー)でアニメーターとして仕事することを目標としていて、そのためにリサーチもしていたので、AAUに通い始める前から、海外のVFXスタジオでの就職には、デモリールで評価を得ることが大切だと知っていました。なのでAAUでは、とにかくアニメーションの勉強漬けの日々でしたね。アニメーション以外の授業は学部長に無理矢理交渉して、ほぼスキップさせてもらって、代わりにアニメーションの授業を受けることもありました(笑)。とにかく卒業するときにしっかりしたデモリールがないと駄目だと、そこだけを考えていたんです。

正直に言うと、AAUには僕が期待していたほどレベルの高い授業はなかったのですが、ピクサーのアニメーターが教えてくれていた、「ピクサークラス」と呼ばれるクラスはとても良かったです。基礎からレベル別に分かれているクラスなのですが、教えてくれるのは、基礎のウォーク・サイクル、物理的な動き、そして演技......といたって普通の内容でそた。しかしそこで僕にとって一番大きな影響を与えてくれた、「アニメーションに対する考え方」を学ぶことができました。アニメーターは動きをつくるのではなく、ストーリーを伝える仕事なんだ、というアニメーターとしての心得のようなものを掴めた感じです。それがAAUで得られた一番大きなものだと思います。

ーー海外の映像業界での就職活動は、いかがでしたか。

AAUを卒業するとき、運良くピクサーのアニメーション・インターンに受かりまして、初めての就職先は希望通りピクサーになりました。3ヶ月におよぶピクサーのインターンシップでは、プロダクションに関わるのではなく、アニメーションのテストを数ショット、制作するといった感じでした。

ピクサーのスタジオは本当に学校のようで、毎日、勉強することだらけでした。そして何よりも、ベテラン・新人に関わらずビックリするぐらい良い人ばかりだったのが印象的でしたね。今でも気にかけていただいている「トンコハウス」の堤さんに初めてお会いしたのもピクサーでした。

3ヶ月のインターンシップの後、『アーロと少年』で正式にオファーをいただいたのですが、採用後、すぐにこの映画の公開延期が決まってしまい、レイオフになってしまいました。嬉しいのと残念が同時に来たような気分でしたが、学校も卒業したばかりでしたので落ち込んでもいられず、次の仕事を探しを始めました。

最初のうちは、ピクサーでの経験があったのですぐに仕事が決まると高をくくっていたのですが、なかなか思うように決まらず、OPT(オプショナル・プラクティカル・トレーニング)※の有効期限が近づいてきました。日本に帰るか他の国で仕事を探すかという所まで追い詰められていたとき、カナダのSony Pictures Imageworks(以下、SPI)から、奇跡的に応募後たったの1週間で返事が来て(海外だと数ヵ月後に返事が来ることもザラにあるそう)、トントン拍子に仕事が決まりました。海外で働く日本人は、みんな綱渡り的な体験談をひとつはもっていらっしゃるようですが、僕もそんな感じです(笑)。運も大事な要素のひとつとだと思います。

※OPT(オプショナル・プラクティカル・トレーニング):アメリカの大学を卒業後、自分が専攻した分野と同じ業種の企業で、実務研修を積むため1年間合法的に就労できる制度。専攻分野によっては、1年以上の就労が認められるケースもあるので、留学先の学校に確認してみると良い


SPIの同僚と

次ページ:
<2>SPIのアニメーターとして、フル3DCGや実写系VFX作品に携わる

その他の連載