>   >  VFXアナトミー:三池崇史総監督×オー・エル・エムによる女子児童向け特撮の新機軸!『アイドル×戦士 ミラクルちゅーんず!』
三池崇史総監督×オー・エル・エムによる女子児童向け特撮の新機軸!『アイドル×戦士 ミラクルちゅーんず!』

三池崇史総監督×オー・エル・エムによる女子児童向け特撮の新機軸!『アイドル×戦士 ミラクルちゅーんず!』

ひさしぶりに登場した女子児童向け特撮作品。アイドルがダンスや歌を武器に、悪と戦っていく。その様にエンタメ精神あふれるVFXが華を添える。

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 233(2018年1月号)からの転載となります

TEXT_福井隆弘
EDIT_沼倉有人 / Arihito Numakura(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada

『アイドル×戦士 ミラクルちゅーんず!』
テレビ東京系列にて毎週日曜午前10時30分から放送中
BSジャパンにて10月31日火曜夕方5時から放送中
総監督:三池崇史/監督:山口義高、横井 健、西海謙一郎、倉橋龍介/キャラクタースーパーバイザー:前田勇弥/ヘアメイクディレクター:冨沢ノボル/音楽:遠藤浩二/撮影:南 秋寿/照明:渡部 嘉/美術:坂本 朗、前田 陽/VFX/中島征隆/撮影プロダクション:楽映舎/制作:OLM
miracletunes.jp
©TOMY・OLM/ミラクルちゅーんず!製作委員会・テレビ東京

鬼才・三池崇史が総監督
女子児童向け特撮ドラマのVFXとは

2017年4月2日から放送中の『アイドル×戦士 ミラクルちゅーんず!』(以下、ミラクルちゅーんず!)。「ライブ型NEW特撮ヒロインストーリー」を謳った本作は、小学校高学年から中学生のアイドルたちが得意なダンスや歌のチカラで悪を倒し、世界の平和を守る様子を描いたTVシリーズである。制作はオー・エル・エム、そして総監督を務めるのは三池崇史氏で、両者のタッグで培ってきた実写映画のノウハウを活かした、良質なエンターテインメントに仕上がっている。

  • 〈前列〉左から、木邨恒哉VFXアーティスト、楊 子瑩コンポジター、上田紗希VFXアーティスト、茂木小弓VFXコーディネーター、田原 秀祐コンポジター/〈中列〉左から、佐藤浩一郎コンポジットスーパーバイザー、松岡翔吾リードコンポジター、奥泉暢之コンポジター、川地宏之コンポジター、森田 出VFXディレクター、徳重 実VFXプロデューサー/〈後列〉左から、川出 海VFXコーディネーター、菅家 涼コンポジター、西川拓朗コンポジター、太田聖史エフェクトアーティスト、濱口幸祐VFXアーティスト、高橋 護コンポジター。
    以上、オー・エル・エム・デジタル olm.co.jp

本作のVFXをリードするのはもちろんオー・エル・エム・デジタル(以下、OLMデジタル)だ。VFXのプリプロが始まったのは2016年4月だったと、VFXプロデューサーを務める徳重 実氏はふり返る。「女児向けの特撮は近年制作されていませんでしたが、アイドル×ダンスという旬な要素を組み合わせることで今までになかった斬新なものをつくろうと、制作に臨んでいます」とは、本作でコンポジットSVを務める佐藤浩一郎氏。毎週放送のTVシリーズということで相応のフットワークが求められているが、効率化一辺倒ではなく、様々な"新たな試み"に取り組んでいるそうだ。「企画から完成まで何年も費やす映画の場合、自ずと規模が大きくなるため、確実性も重視しなければなりません。ですが、本作のような小規模で各スタッフが臨機応変に動く必要のある案件では、むしろチャレンジすべきなんです。コンポジットチームでは、若手を抜擢。松岡(翔吾)くんは3年目ですが、リードコンポジターとしてエフェクトのR&Dなども積極的に任せています。また、僕自身も新たなツールを習得しようと今回初めてFlameを自身の作業フローに採用しました」(佐藤氏)。同様の試みは3DCGチームでも実践されている。「通常は分業制ですが、今回はアニメーターにエフェクトやライティングも担当してもらうなど、意欲のある人には前後の工程まで手がけてもらうようにしているんです。画づくりにおいても仕様どおりに作業するのではなく、コンポジットチームと連携して各担当者が盛っていく、即興的なセッションを楽しむかたちで取り組んでいます」とは、3DCGチームを率いる森田 出VFXディレクター。タイトな条件だからこそ意欲的にチャレンジ、この精神が絶妙なシナジー効果を引き出している。

01 プリプロダクション&ワークフロー

内容は削らずに作業効率を高める

OLMデジタル内では、3DCGチームを率いる森田VFXディレクターと、コンポジットチームを率いる佐藤コンポジットSVが中心となり、1話あたり3DCGとコンポジットで各々6~7名ほどが携わっているという。1話あたりのVFXショットは平均40ほどだが、フォトリアルな実写合成であることに加え、物語の発端となる『音楽の国』の世界とキャラクターたちはフルCGのため、作業負荷はデフォルトで高めだ。「プリプロダクションやキーとなる表現については内部でつくるようにしていますが、毎週放送のTVシリーズということで多くのCGプロダクションさんに外部パートナーとしてご協力いただいています。現在(2017年11月中旬)までに10数社に参加していただきました」(川出 海VFXコーディネーター)。多くの外部パートナーに協力を求めていることから、3DCGツールはMaya 2015、レンダラはmental rayを採用。ただし、複雑なエフェクト表現についてはHoudiniも利用されている。

VFX表現は、アイドル戦士『ミラクルちゅーんず!』たちの変身シーンと必殺技をくり出すシーンのいわゆる「バンク」。そして、各エピソード特有のVFXやCGアニメーションに大別される。OLMデジタル内のチームによるプリプロ時から取り組まれたバンクのR&Dと、三池総監督自身がディレクションを手がけた第1話&第2話の制作を通じて、ワークフローや作品全体としてのVFX表現の方向性は定まっているとのこと。「各話の監督さんと相談しながらCG・VFXボリュームのバランス取りを提案するようにしています。その際は、内容を削るのではなく、作業効率を高めることを心がけています。具体的には、3Dではなく2Dで対応する、よりシンプルな処理で同等の見映えに仕上げるといった具合です」(森田氏)。上述のとおり、『音楽の国』の表現はフォトリアルな3DCGアニメーションがベースとなっているが外部パートナーの協力を多く求めることになるため、エフェクトもアセットのひとつとしてできるだけヒューマンエラーが生じないよう数クリックでレンダリング設定が行える等のカスタムツールが組み込まれた。

プロダクション・マネジメントにおいても新たな試みが実践されている。「過去案件でもテスト的に利用していたのですが、今回初めてNUKE Studioを本格的に導入しました。これによって、オフライン編集の情報をより正確に継承できるようになりました。また、監督たちとの打ち合わせの際もNUKE Studioを利用することで、過去エピソードで制作したリズムズたちのアニメーションを簡易的に合成して、サイズやレイアウト、タイミング、表情などを具体的に確認できるようになったことで、内容とスピードの両面で効率を高めることができました」(川出氏)。



  • 神咲マイ(足立涼夏)の変身シーンの演出コンテ



  • 「ミラクルちゅーんず!」必殺技発動シーンの演出コンテ。いずれも、三池崇史総監督と画コンテを手がける相馬宏充氏を一連の打ち合わせを経て作成したものである。これらをガイドにキャストたちの実写撮影を実施し、VFX表現のR&Dが進められた


プリプロ時に作成された一ノ瀬カノン(内田亜紗香)のリズムズ「ポップン」の設定画


リズムズたちが暮らす人間界とは異なる世界「音楽の国」のイメージボード例。こうしたラフを清書したものをベースに3DCG背景セットが作成された


RVによるチェック作業の例



  • QuickTimeやDPX連番のチェックデータを読み込み、それらをマスモニに出力してチェック作業が進められる



  • Annotation Toolsで修正指示を書き込んだ例。打ち合わせ、チェック時に出た簡単な修正指示はその場でムービーに内容を書き込み、その後の作業に利用された


本プロジェクトでは、オフライン編集に込められた情報をムービーとの目合わせではなく、具体的な数値データとしてCG・VFX工程に引き継がれている



  • オフライン時にFinal Cut Proで適用されたブローアップをNUKE StudioのTransformノードとして確認



  • その情報を基に作成したNUKEシーン(ノードツリー)


物語が進み、種類と数の双方で一定量のストックが出来た最近では、過去話数の完成ムービーをCGアニメーションの演出打ち合わせに利用することでさらなる効率化につなげている



  • 過去話数の完成ムービーを社内のライブラリから検索



  • オフラインムービーをNUKE Studio上で簡易的に合成した例。目指す表現に近いアーカイブを利用することで、必要な尺数やレイアウト等について、より適確な演出チェックが行えるようになったという

次ページ:
02 変身&必殺技シーンのVFX

その他の連載