>   >  Villard スカルプティング・ラウンジ:Vol.02 Squirrel phantom beast[栗鼠 幻獣]~Concept Model
Vol.02 Squirrel phantom beast[栗鼠 幻獣]~Concept Model

Vol.02 Squirrel phantom beast[栗鼠 幻獣]~Concept Model

ZBrushマスターとして独特の存在感を放つVillard・岡田恵太が、ZBrushを用いた勢いのある造形テクニックを毎月紹介していく本連載。第2回は荒々しくも可愛らしい小さな動物を制作していきます。

TEXT_岡田恵太 / Keita Okada(Villard Inc.
EDIT_小村仁美 / Hitomi Komura(CGWORLD)



可愛さと、造形の荒々しさの競演

第2回となる今回のモチーフに選んだ動物は「栗鼠(リス)」です。いつもは力強く、強そうな作品が多いので今回は可愛らしい作品にチャレンジしてみたいと思います。小動物の小さいシルエット、プロポーションに荒々しい造形のテイストを入れ、ただ可愛いだけでなく神秘的な要素を採り入れたいと思いました。それでは解説していきます。

主要な制作アプリケーション
・ZBrush 2018
・Adobe Photoshop CC 2017
・KeyShot 7

STEP 01:デザイン画の準備

今回もスカルプトを始める前に簡単にデザイン画を用意します。今回はスカルプトしながら細かなデザインや雰囲気を探っていくつもりだったので、簡単なデザイン画にしています。どのような方向性でいこうかといった指標です。Photoshopを使用し、ざっくりとシルエットメインでデザインしていきます。


STEP 02:Sphereからベースのラフモデルを作成

デザイン画ができたら、ラフモデルの作成に入ります。Sphereでまず顔をつくり、そこにInsert MeshでSphereを埋め込み、そこから前足を作成。同じやり方で後ろ足や尻尾を作成していきます。重要なのは、「綺麗なスカルプトを意識しすぎない」ことです。綺麗に整える作業は後で行えば良く、最初は全体の比率、肉感などを意識して制作することが大事なのです。この際、頻繁に使うブラシはClay Buildupブラシと、Snake Hookブラシです。個人的にはデッサンと同じで、ストロークを残しつつスカルプトを進めるのを好みます。


  • 【1】顔の形状を作成していきます

  • 【2】Insert MeshのSphereから前足を作成します


  • 【3】同じようにボディを作成します

  • 【4】尻尾を作成するためにSphereを配置します


【5】Snake Hookブラシで尻尾の大まかな形状を作成します

STEP 03:角や背中、尻尾の毛を作成

背中にSphereを埋め込み、そこから背中の毛のベースを作成します。この場合も綺麗さよりも勢いで作成していきます。頻繁にSnake Hookブラシを使用して形状を整えていきます。角も同じようなやり方で作成してきます。角と尻尾に空いている穴は、Booleanの機能を使って空けています。


  • 【1】背中の毛をざっくりと作成します

  • 【2】SphereをSnakeHookブラシで伸ばしながら角を作成します


  • 【3】穴を開けたい場所にInsert MeshでSphereを埋め込みます

  • 【4】尻尾にも同じようにSphereを埋め込みます


  • 【5】Booleanを実行して穴を空けます

  • 【6】上下どちらのメッシュもDynaMeshの状態にし、三日月のアイコンを選択して2つのメッシュをマージして、DynaMeshを更新するとBooleanが完了します

次ページ:
STEP 04:ディテールや残りの毛を作成

その他の連載