>   >  Villard スカルプティング・ラウンジ:Vol.03 Wolf phantom beast[狼 幻獣]~Concept Model
Vol.03 Wolf phantom beast[狼 幻獣]~Concept Model

Vol.03 Wolf phantom beast[狼 幻獣]~Concept Model

ZBrushマスターとして独特の存在感を放つVillard・岡田恵太が、ZBrushを用いた勢いのある造形テクニックを毎月紹介していく本連載。第3回は荒々しさを前面に出した狼を作成します。

TEXT_岡田恵太 / Keita Okada(Villard Inc.
EDIT_小村仁美 / Hitomi Komura(CGWORLD)



勢いのある造形でつくり進める

第3回となる今回のモチーフに選んだ動物は「狼」です。今回は勢いで最後まで進め、荒々しい印象の作品をつくります。狼に少しアジアのテイストを織り交ぜ、幻獣らしさを出しています。細かいディテールより、荒めの雰囲気がポイントです。それでは解説していきます。

主要な制作アプリケーション
・ZBrush 2018
・Adobe Photoshop CC 2017
・KeyShot 7
・Procreate 4.0.10

STEP 01:デザイン画の準備

今回も初めにデザイン画を用意しました。イメージを固めるため、今回は細部まで描き込んだデザインを起こします。相手を威嚇するような強さをイメージしてシルエットや雰囲気を整えていきます。


STEP 02:Sphereから身体のラフモデルを作成する

顔からつくると全体のイメージが固まりやすいので、まずはSphereから顔のラフモデルを作成します。この段階から、相手を強く睨んでいるといった表情を想定し、与える印象を意識しながらつくっていきましょう。今回は早い段階からポーズを付けて制作していくため、ベースはかなりラフでも問題ありません。頻繁に使うブラシはいつもと同じClay Buildupブラシと、Snake Hookブラシです。


  • 【1】顔を作成します

  • 【2】耳はサブツールで追加します


  • 【3】牙を追加します

  • 【4】身体のベースを作成します

STEP 03:ポーズを決める

デザイン画に合わせてポージングを行なっていきます。このときに身体のボリューム感や、手足の長さなど調整しながら雰囲気を整えていきます。大胆にスカルプトして進めていきますが、筋肉や骨格は意識しておく必要があります。今回はTranspose Master(サブツールをまとめて編集できる機能)を使わず、それぞれのサブツールを個別に調整するかたちでいきました。まず胴体のうねり具合を決めたかったからです。


  • 【1】胴体を編集します

  • 【2】胴体に合わせて手足を調整します


  • 【3】大体のバランスを確認します

  • 【4】横からも確認します

次ページ:
STEP 04:パーツを追加しながらディテールを作成

その他の連載