>   >  Ask Me about SIGGRAPH Asia 2018!:Question 7:What do you expect in SIGGRAPH Asia?(SIGGRAPH Asiaに期待することを教えてください)
Question 7:What do you expect in SIGGRAPH Asia?(SIGGRAPH Asiaに期待することを教えてください)

Question 7:What do you expect in SIGGRAPH Asia?(SIGGRAPH Asiaに期待することを教えてください)

本連載では2018年12月4日(火)∼7日(金)に東京国際フォーラム(有楽町)で開催されるSIGGRAPH Asia 2018の価値を、SIGGRAPH Asiaを愛するキーマンたちに尋ねていく。第7回ではカンファレンスチェアの安生健一氏自らが、Nafees Bin Zafar氏(Technical Briefs & Posters チェア)、Tobias Klein氏(Art Gallery チェア)、Tomasz Bednarz氏(Courses Committee メンバー/SIGGRAPH Asia 2019 カンファレンスチェア)に対して、SIGGRAPH 2018の会場で行なったショートインタビューの模様をお伝えする。

INTERVIEW_安生健一 / Ken Anjyo
EDIT_尾形美幸 / Miyuki Ogata(CGWORLD)
取材協力_木村 歩、河西 仁

Interview 1:Technical Briefs & Posters チェア

安生健一氏(以下、安生):まずは、SIGGRAPH Asia 2018ならではの特徴やこだわりを教えてください。

  • 安生健一
    オー・エル・エム・デジタル 技術顧問/イマジカ・ロボット・ホールディングス アドバンストリサーチグループ ディレクター/ヴィクトリア大学(ニュージーランド)コンピューテーショナル・メディア・イノベーションセンター(CMIC)ディレクター。工学博士。国内外の研究者・技術者との「使える」技術開発のコラボレーションに加え、SIGGRAPHを始めとするCGの国際会議での研究発表などの対外活動も活発に行なっている。SIGGRAPH Asia 2018ではカンファレンスチェアを務める。


Nafees Bin Zafar氏(以下、Zafar):実用的なアイデア、あるいは使いやすいアイデアであることを重視しています。Technical BriefsやPostersを見た人々が、何らかの学びを得て、自身の研究室や仕事場に持ち帰り、活用できるアイデアを集めたいと思っています。

  • Nafees Bin Zafar
    マジック・リープ(Magic Leap)リード・ソフトウェア・エンジニア。17年以上にわたりライブアクション・ビジュアル・エフェクトやフィーチャー・アニメーションの開発に携わる。デジタル・ドメイン 技術開発担当スーパーバイザー、オリエンタル・ドリームワークス(上海)R&D担当ディレクター、ドリームワークス・アニメーション プリンシパル・エンジニアなどを経て現職。SIGGRAPH Asia 2018ではTechnical Briefs & Posters チェアを務める。


安生:今回はTechnical BriefsとPostersの応募締切が同日になっていますね(※)。これまではPostersの締切の方が遅かったので、まずはTechnical Briefsに応募して、ダメだったら改めてPostersに応募するという人が多かったと思います。でも、今回はこの手が使えないということですね。

※ Technical BriefsとPostersの応募締切は8月26日だった。なお、本インタビューは8月14日に実施された。


Zafar:そうです。審査プロセスを統一したいという思いから、応募締切を同日にしました。応募者には、自分の研究がTechnical BriefsとPostersのどちらに相応しいものなのかを見極め、それぞれの形式にフィットしたプレゼンテーションをしてほしいと期待しています。

安生:Technical BriefsはいわゆるShort papers扱いの論文ですが、Postersではどんなプレゼンテーションをするのが良いと思いますか?

Zafar:例えばアニメーションなどの動きに関するプロジェクトの場合は、どんなに優れたものであってもPostersで全てを伝えきることは難しいでしょう。アニメーションの素晴らしさは、ディスプレイに映すことで初めて伝えることができます。こういったPostersの制約を理解した上で、プレゼンテーションのやり方を考えることが大切です。

安生:Postersは、自分の研究をプロモーションするためのサマリーだと位置づけ、興味をもってもらえるように演出することが重要なわけですね。

Zafar:はい。Postersは自分の研究の特に重要な部分に焦点を当てて紹介するものですから、多くの紙面を必要としないのです。また、Postersは学生が研究者としての経験を積む良い機会でもあると思います。応募者は審査する側から貴重なフィードバックをもらえます。さらに、審査に通り発表の機会を得れば、来場者からも多くのフィードバックをもらえます。

▲【左】SIGGRAPH 2018の会場内で対談するZafar氏と安生氏/【右】バンコクで開催されたSIGGRAPH Asia 2017のPostersの様子。2日目と3日目の13:00〜14:00には、Postersの発表者が自身のポスターの前に立ち、来場者に研究内容を解説したり質問に答えたりするPresentation Timingsが実施された
© 2018 ACM SIGGRAPH


安生:若い研究者には、ぜひこの機会を活用してほしいですね。今現在、どのような応募が集まっていますか?

Zafar:最近のトレンドに沿った応募が多いです。例えば、VR/AR、リアルタイムCG、バーチャル・キャラクターなどに関する研究です。これ以外にも、あらゆる分野の方々からの応募を期待しています。

安生:最後に、SIGGRAPH Asia 2018の参加者に向けてメッセージをお願いします。

Zafar:SIGGRAPH Asiaには、CGに関連する世界中のアカデミック分野とインダストリー分野の専門家が集まります。そのコミュニティに参加することは、とても魅力的でエキサイティングなことだと思います。特に今年は東京で開催されるので、多くの専門家が参加してくれると思います。私も含め、皆さん東京が大好きです。世界各国の専門家が交流することで、様々な成果が生まれ、カンファレンスが成功することを期待しています。

次ページ:
Interview 2:Art Gallery チェア

その他の連載