>   >  ACADEMIC meets INDUSTRY:No.002:お茶の水女子大学 理学部 伊藤研究室
No.002:お茶の水女子大学 理学部 伊藤研究室

No.002:お茶の水女子大学 理学部 伊藤研究室

本連載では、アカデミックの世界に属してCG・映像関連の研究に携わる人々の姿をインダストリーの世界に属する人々に紹介していく。第2回では、お茶の水女子大学の伊藤貴之教授に自身の研究室について語っていただいた。

※本記事は月刊『CGWORLD + digital video』vol. 241(2018年9月号)掲載の「ACADEMIC meets INDUSTRY お茶の水女子大学 理学部 伊藤研究室」を再編集したものです。

TEXT_伊藤貴之 / Takayuki Itoh(お茶の水女子大学)
EDIT_尾形美幸 / Miyuki Ogata(CGWORLD)
取材協力_芸術科学会

企業勤務で応用研究の面白さを実感

お茶の水女子大学の伊藤貴之です。1992年から13年ほど企業研究所に勤務し、2005年からお茶の水女子大学で教員を務めています。私は産学両方に10年以上勤務しているため、本誌のこのような企画への寄稿の機会をいただけることを心から嬉しく思います。

  • 伊藤貴之
    お茶の水女子大学 理学部 情報科学科 教授
    博士(工学)
    専門分野:CG(主に形状モデリング)、情報可視化、音楽情報処理、インタラクション
    itolab.is.ocha.ac.jp


私は学部卒業研究にてCGの研究に従事しましたが、その翌年の1990年(当時大学院修士1年)に進路選択の転機が訪れました。まず夏に1ヶ月間の語学研修に参加したことから、外資系企業に勤務して国際的な仕事に就きたいと思うようになった点です。続いてSIGGRAPHの学会誌の表紙を日本人の外資系企業研究者(宮田一乘氏:現、北陸先端科学技術大学院大学 教授)(※)の論文画像が飾るという快挙があった点です。これを機に私も同じ企業への就職を志し、ありがたくも採用していただけました。

※ 宮田研究室のWebサイトはこちら

就職当初はCGの部門に所属しましたが、その部門で従事したプロジェクトはエンターテインメント事業のCGではなく、例えば自動車の設計解析支援や、Webのアクセス分析のための情報可視化など、専門業務目的の研究が中心でした。さらに後半3年間では、分散処理システム・セキュリティ・文書データベース処理といったまったく別の技術分野の研究開発に就き、業務の中で必要に応じてデータを可視化していました。以上の企業勤務経験から私は「ひとつの研究技術を多様な産業に応用できる」「ひとつの研究課題で成果をあげた経験を多様な研究分野に転用できる」と確信しました。そして、現在の大学での研究も同様に、自分の知見・経験を多様な産業に展開しようとしています。

女子大学の情報科学科に赴任して

現在の勤務先はお茶の水女子大学 理学部 情報科学科です。日本には数多くの女子大学がありますが、理系学部の情報系学科を有する女子大学は多くありません。女子高生と面談するとわかるのですが、最初から女子大学前提で理系進学を目指す生徒はそれなりに多く、そういう生徒は女子大学に情報系学科がなければ情報処理の専門家として社会に出ることはありません。その意味で本学は、情報処理産業に女性専門家を増やすための重要な役割を担っていると言えます。

余談ですがお茶の水女子大学の最寄り駅は御茶ノ水駅ではありません。丸ノ内線の茗荷谷駅です。前身の東京女子師範学校は御茶ノ水駅近く(現在の東京医科歯科大学および附属病院の地)にあったのですが、1923年の関東大震災を機に移転しています。つまり本学は90年以上にもわたって、過去の地名をそのまま大学名に用いているわけです。

さて、本学理学部は基礎科学教育を重視する学部で、そこに属する本学情報科学科も数学や基礎理論の教育が充実しています。昨今の技術の高度化に伴いCGソフトウェアの開発にも数学や物理の高度な知識が求められていますが、本学はまさにそのような高度な基礎学力を積み上げることに長けた大学と言えます。

そんな教育を経た学生の中でも、自分で研究テーマを選んで自分の夢を目指すタイプの学生が、本研究室に多数配属されます。配属学生が希望する研究テーマは非常に多岐にわたっており、CGのほかにも、情報可視化、画像処理、音楽情報処理、インタラクションなどの研究テーマを選ぶ学生がいます。他大学であれば複数の研究室が担当するような広範囲な研究分野を一気に網羅するのが本研究室の特徴のひとつです。

国際的な研究体制・多彩な参加学会

本研究室の2018年度の構成員は学部生4名、修士学生9名、博士学生8名です。大学院に進学する女子学生は少ないと勘違いされがちですが、本研究室の14年間の大学院進学率は97%(73名中71名)です。また毎年のように博士後期課程に進学する学生がいるのも本研究室の特徴ですが、その多くは企業に勤務する社会人学生です。「研究者を目指すわけではないが好きな研究を続けることで専門性を高めたい」という向上心の高い学生を多数抱える研究室とも言えます。

本研究室のもうひとつの特徴は短期研究留学者が多いことです。2012年以降、修士学生の約8割の学生が2~3ヶ月ほど海外の研究室に滞在して国際研究交流を体験しています。この体験を通して研究へのモチベーションを高めたことで専門性の高い進路を志望した学生もいます。

本研究室の2017年度の学会活動は、論文誌4本(うち英文誌3本)、国際会議発表14本、国内発表38本、学会表彰9件でした。海外の共著者を有する論文が急増しているのが最近の本研究室の特徴です。投稿先はCG、情報可視化、画像処理、インタラクション、音楽情報処理、データ工学など幅広い分野にまたがっており、可能な範囲で学生自身に投稿先学会を選んでもらうスタイルをとっています。表彰はNICOGRAPHをはじめとするいくつかの国内研究会でのベストペーパー賞やベストポスター賞、海外では情報可視化に関係あるPacificVis(Pacific Visualization Symposium)やIV(International Conference Information Visualisation)などの国際会議でベストペーパー賞やベストポスター賞を何度かいただいています。

私自身は論文発表とは別に、有名国際会議の実行委員長、国内学会の事務局代表、単著書籍発刊、国内国外の各種招待講演や解説記事執筆などの用務を担当しています。

大学院生の大半は短期研究留学を体験

▲本研究室は国際交流が豊かな研究室でもあり、大学院生の大半は2~3ヶ月の研究留学を経験してきます。【上】カリフォルニア大学デービス校/【左下】シドニー大学/【右下】シュトゥットガルト大学。これらの大学での研究交流を通して、学生たちは研究へのモチベーションを高めます

次ページ:
産学連携への貪欲な挑戦

その他の連載