>   >  VFXアナトミー:フィルム時代のサイケデリックなホラー表現が進化! 映画『地獄少女』
フィルム時代のサイケデリックなホラー表現が進化! 映画『地獄少女』

フィルム時代のサイケデリックなホラー表現が進化! 映画『地獄少女』

フィルム時代のサイケデリックなビジュアルをモダンなCG・VFX技法によって進化させる。これぞ、ジャパニーズホラーの新境地。

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 255(2019年11月号)からの転載となります。

TEXT_福井隆弘
EDIT_沼倉有人 / Arihito Numakura(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada
©地獄少女プロジェクト/2019映画『地獄少女』製作委員会

< 映画『地獄少女』新宿バルト9ほか、2019年11月15日(金)ロードショー
gaga.ne.jp/jigokushoujo-movie
監督・脚本:白石晃士/原案:わたなべひろし/原作:地獄少女プロジェクト/プロデューサー:平田樹彦、山口敏功、内藤和也/撮影:釘宮慎治/照明:田辺 浩/美術:安宅紀史/特殊スタイリスト:百武 朋/特殊メイク:並河 学/編集:張本征治/VFXスーパーバイザー:村上優悦
製作:NBCユニバーサル・エンターテイメント、藤商事、ギャガ、ギャンビット/制作プロダクション:ダブル・フィールド/リードVFXプロダクション:スタジオ・バックホーン/配給:ギャガ

往年のホラー映画の魅力をモダンなルックに仕上げる

2005年にTVアニメが放映され、2017年の第4期までのロングランヒットとなった『地獄少女』。特に20代の女性では知らない者がいないと言われるほど高い人気をほこり、2008年には少女漫画化され、累計326万部の売り上げを記録。さらにはドラマ化、小説化、ゲーム化、遊技機化とメディアミックス展開が続けられてきた本作が、ついに実写映画化。メガホンをとったのは『貞子vs伽椰子』(2016)を興収10億円というヒットに導いたことでも知られる白石晃士監督。映画監督ではなく、ホラー映画監督だと自称するほど、ホラー表現に強いこだわりをもつことでも知られる白石監督だが、地獄少女・閻魔あいが、復讐執行人として、依頼者が憎む相手を地獄に流す。ただし、依頼人自身も死後にその代償を受け、地獄へ落ちる......そんな原作の設定を活かしつつ、ホラー要素をもたせながらも、美しさと悲しさと凶暴さが同居する青春映画へと仕上げるべく、オリジナルの脚本を書き上げた。

右から、鹿角 剛シニアVFXスーパーバイザー、山上弘了チーフデジタルアーティスト、中屋健司デジタルアーティスト、笹倉秀信CGディレクター、村上優悦VFXスーパーバイザー、麻田哲史デジタルアーティスト。以上、スタジオ・バックホーン
www.buckhorn.jp

本作のリードVFXスタジオを務めたのは、スタジオ・バックホーン。白石監督とは『貞子vs伽椰子』でもタッグを組んだ、村上優悦VFXスーパーバイザーが中心となり、原作特有の地獄描写や、閻魔あいに付き従う三藁など、ちょっとした匙加減次第では、ユーモアに転んでしまう難しいホラー表現を、リアリティのある実写VFXに仕上げている。「白石監督が地獄描写に求めたのは、大林宣彦監督の『HOUSE ハウス』(1977)や、60〜70年代の鈴木清順監督、石井輝男監督、中川信夫監督らの作品に通じる、サイケデリックな色合いやトーンのビジュアルでした。そのねらいは、現実世界と地獄が存在する世界をパラレルワールドとして見た目としてもしっかりと描き分けたいというものでした。ただし、当時のルックをそのまま再現したのではチープに見えてしまうため、モダンなCG・VFX技法を活用することで今の時代にも通用する怖さ、恐ろしさを感じる映像を目指しました」(村上氏)。VFXチームの編成は、スタジオ・バックホーンは、村上氏、笹倉秀信CGディレクターを中心とするコアスタッフ5名。そして外部パートナーとして、フリーランスの山本英文氏と高玉 亮氏、フレームワークス・エンターテインメント、アンダーグラフが参加している。

01 プリプロ&撮影現場での対応

できるだけ撮影現場で画づくりを行う

2018年6月下旬に白石監督とコアスタッフたちによる決起集会が行われた後、お盆頃からロケハンを実施。それと並行して絵コンテの作成などのプリプロダクションが進められた。撮影は、9月16日クランクイン、10月10日クランクアップ。VFXが介在するカットについてはクランクアップ前日にグリーンバック撮影を集中的に行う日が設けられたそうだが、同日に参加できない役者が介在するシーンについては、実写撮影の合間をぬってグリーンバック撮影を行なったという。そして、モダンなルックに仕上げるにあたっては3DCGが介在するVFXシーンの撮影では、銀玉、グレーボール、カラーチャートによるライトリファレンスを必ず収集。それに加えて、RICOH THETA SによるHDR素材のブラケット撮影を実施したほか、撮影現場のリファンレス写真も可能な限り集めたそうだ。そのほかにも、撮影手法やポスプロ作業に懸念事項があるものについてはプリビズも作成された。

先述のとおり地獄シーンについてはサイケデリックなルックが目指されたが、キーカラーとなったのは強い赤色であった。「ただ、その一方では三藁たちは青系のルックが求められるなど、かなり複雑なカラーリングに仕上げる必要があったため、オフライン編集が完了した段階でCG・VFX作業に着手する前にプリグレーディングを行なっていただきました。その一方、白石監督はリアルな造形を用いて撮影することを望まれたため、花曼荼羅エフェクトなど3DCGじゃないと表現できないもの以外は、できるだけ特殊造形や特殊メイクによって、撮影現場でルックの方向性を定めてもらうことを心がけました。実写に勝るものはありませんし、CG・VFXにとっても実写素材という確かな指針があったので効率良く作業を進めることができました」(村上氏)。最終的にVFXの総カット数は171、そのうち3DCGが介在するものをはじめ演出的リクエストによる難易度の高い表現は約40とのこと。

  • VFXが介在するシーンについては絵コンテが作成された。図は、最も象徴的な御厨早苗に対する(2回目の)花曼荼羅シーンのもの。花曼荼羅出現カットには、ライト変化のコメントも記述されている


中盤の見せ場となる「生首地獄」シーン(後ほど解説)のプリビズより

ターンテーブル上で演者を回転させながら、カメラをティルトダウン&トラックバックするというカメラワークを検証したもの

【上画像】のイメージを使用し、2D合成によるデジタルズームバックも併用して作成したプリビズ


クライマックスに登場するライブハウスの亡者モブ表現を検証したもの



  • ロケハン時に撮影した写真資料



  • テスト用の亡者モブ素材。スタジオ・バックホーンのスタッフが自ら演じている

【上画像】を素材としたイメージテスト。黒タイツを着たエキストラたちの実写素材を加工した場合の表現の可能性を探るために作成された


早苗(大場美奈(SKE48))が人形に結ばれた紅い紐を解くシーンの撮影時に収集されたライトリファレンス



  • カラーチャート



  • グレーボール



  • ミラーボール



  • 美術部が作成した人形のリファレンス

RICOH THETA Sによるブラケット撮影素材から作成したHDRI。本プロジェクトでは、3DCGが介在するシーンの撮影時には同様のリファンレスが必ず収集された

次ページ:
02 閻魔あい&三藁のVFXワーク

その他の連載