>   >  IDOLiSH7『Mr.AFFECTiON』MVの舞台裏:第3回:アイドル7人の魅力を引き出すワイシャツ衣装
第3回:アイドル7人の魅力を引き出すワイシャツ衣装

第3回:アイドル7人の魅力を引き出すワイシャツ衣装

本誌『CGWORLD vol.258』の特集に端を発し、1月から開始した大人気アイドルグループIDOLiSH7の新曲『Mr.AFFECTiON』MVにおける制作スタッフの挑戦の軌跡をお届けする本短期連載(全7回)。第3回のテーマは「ワイシャツ衣装」だ。本作では種村有菜氏がデザインするメイン衣装に加え、白のワイシャツ衣装も登場し、メンバーたちの新たな一面を引き出した。今回はアイドルにとって重要なアイテムである「衣装」を通して、本MVの裏側に迫る。

TEXT_野澤 慧 / Satoshi Nozawa
EDIT_斉藤美絵 / Mie Saito(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada
PHOTO_弘田 充 / Mitsuru Hirota

  • IDOLiSH7 ニューシングル『Mr.AFFECTiON』
    好評発売中
    価格:1,200円(税抜)
    www.lantis.jp

  • 『アイドリッシュセブン』
    ジャンル:音楽・AVG(アドベンチャーゲーム)
    発売:バンダイ ナムコオンライン
    価格:無料(一部アイテム課金あり)
    対応OS:iOS・Android
    idolish7.com

▲左下から時計まわりに、監督・絵コンテ・演出・山本健介氏(オレンジ)、制作プロデューサー・半澤優樹氏(オレンジ)、プロジェクトプロデュース・下岡聡吉氏(バンダイナムコオンライン)、プロジェクトプロデュース・根岸綾香氏(バンダイナムコオンライン)、CGディレクター・池谷茉衣子氏(オレンジ)、アニメーションキャラクターデザイン・ワイシャツ衣装デザイン・原画・動画・仕上げ検査・宮崎 瞳氏(オレンジ)
www.bandainamco-ol.co.jp www.orange-cg.com

シルエットや美しさを徹底追求したワイシャツ衣装

種村氏はこれまでIDOLiSH7の衣装デザインを数多く手がけてきた。純粋な完成度の高さはもちろんだが、そのどれもがメンバーたちの輝きを倍増させる愛の詰まったものばかり。まさにIDOLiSH7というアイドル像を関係者が共に作り上げてきた。本作でも華美でありながら繊細につくり込まれた衣装は、まちがいなく見どころのひとつである。

▲種村氏がデザインしたメイン衣装。細かなパーツや揺れもの、ファーなど、衣装制作の手間がかかる凝ったデザインで、だからこそ何度も注目して見たくなる魅力がある

さらに、本作にはもうひとつの衣装が登場する。今回のテーマである「ワイシャツ衣装」だ。本誌読者の方はご存知の通り、宮崎 瞳氏がデザインを担当した。種村氏のデザインと対となるようなシンプルなつくりは、メンバーの迫真の演技を際立たせ、本MVの目玉のひとつであるコンテンポラリーダンスを、より一層印象的なものへと持ち上げている。「感情を魅せるワイシャツ衣装のシーンの後で、種村先生の衣装でアイドルらしく大変身するという"谷"のつくり方が素晴らしいと思いました」という下岡聡吉プロデューサーの言葉が表しているように、引き算的な美しさで全体を引き締めているのがこのワイシャツ衣装だ。

しかし、ひと口にシンプルと言っても「簡易的なデザイン」ということでは決してない。むしろこだわりと愛が多分に詰め込まれているのだ。シルエットのデザインやオリジナルのアクセサリー、着こなし方など、メンバーそれぞれの色を反映している。そうして時間をかけて丁寧に描かれたデザイン画は、縫製前に服飾業界でも使われているクロスシミュレーションツールMarvelous DesignerでCG化された。パターンをつくり、生地を決め、縫製をするといった、実際に衣装を作成するときと同様のステップをツール上で再現し、衣装として完成したときの見え方をシミュレーションするのだ。Marvelous Designerはリアルな衣装をつくれるとして、近年映像業界でも注目を浴びており、生地を使わずにCG上だけで試行錯誤を重ねられるため、大きくコストを削減できるメリットがある。本誌でも触れているように、オレンジは本MVの制作でMarvelous Designerを初めて導入した。山本健介監督は「Marvelous Designerは通常のモデリングなどとは別のアプローチになるので、服飾の知識が必要でした。担当者は個人的に裁縫の教室に通っていたほどです。ここまで専門的なソフトとなってくると、逆に服飾の知識がある人がこちらの業界に入ってきてくれたら面白いなとも思いますね」と話す。

▲水面を撫でる和泉一織さんの足元。パンツの動きもMarvelous Designerでシミュレーションされた

美しい映像をつくるにあたり「どのラインをシルエットの完成とするか」という点も苦労した要因のひとつだという。Marvelous Designerでの作業を担当した松本淳也氏は「例えば、バックダーツを入れるとすっきりとしたシルエットになりますが、絞りすぎるとダンス中に常に衣装が密着してしまいます。後からCG的な処理で修正することもできますが、それではせっかく宮崎さんがデザインしてくださったメンバーごとのワイシャツ衣装のイメージを壊しかねませんでした」と難しさを語る。静止したときのシルエットの美しさか、動いたときの画面映えか、どちらも譲り難いところだ。山本監督との話し合いの結果、どちらの要素も捨て切れないとうことで、「静止的」と「動画的」の中間を目指すことに落ち着いたという。「最初にワイシャツの柔らかさを検証して、良い塩梅を探してもらいました」と池谷茉衣子氏。生地については柔らかで透け感のあるものを選ぶことで、光の中では身体のシルエットが浮かび上がり、襟元からは鎖骨がちらりとのぞくといった、セクシーさの演出にひと役買っている。時折起こる腹チラには悶絶必至だ......!

▲メンバーの過去の苦悩を表現しているコンテンポラリーダンスが、シンプルなワイシャツ衣装を身にまとうことで、より視聴者の心情に訴えかけてくる

また、今回は水中のシーンや消えていくシーンなど、現実的には撮影不可能なカットもあるが、そうしたシーンでは衣装にCG的な処理がかけられた。シミュレーションの難しいところとして、物理的には正しい結果でも、こうした映像ではかえって嘘っぽく感じてしまうことがある。そこで実際の物理現象とは異なるかたちであっても、見映え良く見えるように調整を加えた。例えば水中のシーンでは、ワイヤーアクションを使用した七瀬 陸さんの演技に合わせて、ワイシャツを水中風にシミュレーションしていくのだが、ここも「物理演算的には正しくない」。イメージとしては通常よりも空気をはらんで柔らかくなびかせる。山本監督からは、ふわふわと浮かんでしまうような動きや水の強い抵抗を受けた動きではなく、とにかく綺麗にひるがえったシルエットをつくることを要求されたという。あくまで水中「風」であり、七瀬さんの演技と併せた際にカッコ良く見えることを重視したのだ。完成映像の絶妙なさじ加減に山本監督も大満足だったそうで、本作の衣装について「出来上がる前から確信していたのですが、これは見た人がビックリするんじゃないかなと思っていました。もともとMarvelous Designerの導入は推進派でしたが、同時に全面的な導入の難しさもわかっていたので、実験的要素もかなり大きかったんです。ですので、今回成功を収めることができて非常に嬉しいですね」と山本監督は語ってくれた。衣装ひとつとっても、並々ならぬ情熱が込められている。

▲ワイヤーアクションで撮影した七瀬さんの演技に合わせて、水中「風」のシルエットをシミュレーションしたシーン。七瀬さんの演技はもちろん、こだわられたワイシャツの動きにも注目して観ていただきたい

次ページ:
メンバーらしさを汲み取り、ダンスを効果的に見せるデザイン

その他の連載