ZBrushマスターとして独特の存在感を放つVillard・岡田恵太が、ZBrushを用いた勢いのある造形テクニックを毎月紹介していく本連載。今回は中国の伝説上の動物「獬豸」の造形をつくっていく。

中国の伝説上の動物を制作

今回は、中国の伝説上の動物である「獬豸(かいち)」を制作してみました。

姿は牛や羊に似て、全身に体毛があり、頭の真ん中に長い角があるのが特徴のようです。同じく伝説の動物である麒麟にも似ているとありますが、今回は羊や牛ベースで制作を進めていきます。体毛は全身に生やすのではなく首の周辺をメインにして獅子のようなニュアンスを採り入れ、体の造形に関しては羊と牛を混ぜたような感じに落ち着かせています。

主要な制作アプリケーション
ZBrush 2021
KeyShot 8
Photoshop 2022
Maya 2020

STEP 01:全体のラフ造形

制作をスタートした時点ではまだ完全にイメージできていないので、造形しながらバランスやニュアンスを探っていきます。

【1】まずは全体のベースを作成します
【2】身体はごついが、頭部のあたりはスマートな感じを出していこうと思い、形を整えていきます
【3】脚回りの造形を整えていきます
【4】雰囲気を掴むため顔の造形を進めていきます。身体は未完成のままで大丈夫です
【5】首周りの骨格やバランスを調整しました
【6】さらに、胴体の肉付きや長さなどを調整します

STEP 02:毛や角を作成

身体のベースができたら、毛や角といったパーツを作成していきます。いきなり細かく丁寧に毛を作成してしまうと、後々全体のバランスの調整が難しくなったり、印象が違った場合作業が無駄になったりするため、大雑把なアタリから進めていきましょう。

【1】毛のアタリをつけます
【2】細かさよりもボリュームの塊を意識して、毛を作成していきます
【3】角を作成します
【4】真ん中の長い角を作成します

STEP 03:ポーズを付け、細かな造形を進める

大まかな毛のボリュームと角などのパーツができてきたので、ポーズを付け、毛などのより細かな造形を進めていきます。全体のバランスを見ながら毛の塊のニュアンスを調整したり、角の大きさを変えたりと常に全体を見ながら作成していきましょう。

【1】ポーズを付けていきます
【2】角の大きさを調整します
【3】毛に細かなディテールを入れていきます
【4】角度を変えながら毛のバランスやディテールを詰めていきます
【5】後ろ足など、下半身のバランスも整えつつ、ディテールを入れていきます
【6】尻尾を作成します
【7】さらに毛の造形を進めていきます
【8】顔つきや、角など全体的に微調整を進めました
【9】細かい調整をくり返し、毛の造形がほぼ完成しました
【10】最後に、小さい方の角をもう少し大きくし、シルエットも調整しました
【11】造形は完成です

STEP 04:レンダリング

まず、KeyShotで造形の雰囲気を確認し、問題がなければその後Arnoldでレンダリングします。今回もテクスチャは作成しないので、特にUVを展開したりといった作業は行いません。

KeyShotで雰囲気確認を確認します

完成

Arnoldでレンダリングして完成です。

今回はいつもとは異なり、少し威厳のある感じを意識して制作してみました。獬豸は正義や公正を象徴する祥獣との記載もあるので、より堂々として意思がブレないような雰囲気を意識して造形を進めましたが、もう少し追求していきたかったと思っています。

岡田恵太/Keita Okada(Villard Inc.)

デジタルスカルプター、3Dコンセプトアーティスト。1991年7月生まれ、広島県出身。2012年大阪の専門学校を卒業後、大阪のゲーム会社に就職。2013年に退職し上京した後、1年ほど建設現場の作業員(荷揚げ屋)などをしながらZBrushを独学で習得し東京のゲーム会社へ就職。2015年からフリーランスとなり、PS4用ゲームのDLC『Bloodborne The Old Hunters』をはじめ主にクリーチャーなどのコンセプトモデルを手がける。2017年3月、新会社「Villard」を設立
www.artstation.com/artist/yuzuki
www.villard.co.jp

TEXT_岡田恵太 / Keita Okada(Villard)
EDIT_小村仁美 / HItomi Komura(CGWORLD)