>   >  CG de カラマネ!:第12回:導入してみよう!
第12回:導入してみよう!

第12回:導入してみよう!

こんにちは、パーチ の長尾です。これまでカラーマネジメント導入に必要な技術と考え方、そして実際に導入した時の問題などについて解説してきましたが、とうとう今回が最終回となりました。全12回を読んでいただければカラーマネジメントに関する基礎学習は終了です! 次は実際の導入に進んでみてください。
そこで、最終回は "導入" ということにフォーカスしていこうと思います。すでに導入しているプロダクションの多くは 段階的導入 を採用しています。
必要性の高い部署から徐々に導入を進めていくやり方です。その際のポイントを紹介して、「自分のところではこうやっていこうか」と考えてもらうのを最終回のゴールにしてみます。では、いつも通り 「一番大事なポイントを絞り込んで、難しいことをわかりやすく」 してありますので、最後までおつきあいください。

導入ステップ

全12回にわたってカラーマネジメント(以下、カラマネ)を解説してきたので、一連の導入作業を一覧できた方が良いかな? と思いました。と言うわけで、ここに導入ステップをまとめてみました。

図版1「導入ステップ」

「導入ステップ」 ※クリックで拡大
導入のステップを一覧にしてみました。各ステップごとに参照する連載回を入れてあるので、インデックスとしてご利用ください

STEP 1:基準プロファイルを決める
まずは、自分の制作に最適なプロファイルを決めます。第3回 に掲載した 「業種別 推奨カラープロファイル 一覧表」 を参考に決定してください。

STEP 2:導入する部署を決める
会社で導入する場合は、「全ての部署で導入」するのか、「一部の部署で導入」するのかを決めましょう。個人または数名の場合は PC ごとに、または業務内容(3DCG、ポスト処理など)によって導入範囲を決めます。今回の次章で 《段階的導入》 について解説しているので参考に決定してください。

STEP 3:適切な機材を導入
基準プロファイルと、導入部署の要求水準を下に、適切な機材を導入します。カラマネにおいて一番重要な機材はモニタです。また導入した機材は測色器で測定管理することになりますので、管理の手間も考えてモニタを決定します。実機を確認したい場合は;

・メーカーショールームへ行く
・実機が展示してあるイベントに行く
・すでに導入しているプロダクションを訪問する
・メーカーから機材を一時的に借りる
・実機を使ったセミナーに参加する

......といった方法があります。第31012回 に、モニタとそれ以外の機材について解説してありますので、そちらを参考にしてください。

STEP 4:ソフトウェアを設定
3DCG ソフト、ポスト処理ソフト、のカラマネ設定を行います。3ds Max、Maya については第56回 を、ポスト処理ソフトについては 第7回 を参考に決定してください。

STEP 5:パイプラインを構築
業務内容に沿って、カラマネのパイプラインを構築します。設定方法はもちろん、データのやりとりなど、自動処理される部分とルールに基づいて、主導で管理する部分を決めます。第4~9回 を参考に決定してください。

STEP 6:スタッフ教育
カラマネのメリット、基本的な仕組み、基礎知識、パイプライン(運用方法)を関連スタッフ全員に伝えます。 第1~11回 を参考に教育コンテンツを制作してください。

STEP 7:管理・運用
最後は導入後の管理と運用について決めます。管理者が管理業務を行うためのルールづくりです。第2、,11回 を参考に管理・運用マニュアルを制作してください。

その他の連載