>   >  先生に聞く。:第1回:宮下善成先生(トランジスタ・スタジオ)
第1回:宮下善成先生(トランジスタ・スタジオ)

第1回:宮下善成先生(トランジスタ・スタジオ)

日本における3DCG・映像教育の現状と課題を探るため、本連載では、教育現場と制作現場の双方で活動している方々に話を聞いていく。第1回となる今回は、株式会社トランジスタ・スタジオの代表取締役を務める傍ら、1998年から現在までの長きにわたり、絶えることなくHoudiniの講師を続けてきた宮下善成氏にご登場いただく。現在は東京工科大学 メディア学部でHoudiniを教え、さらに宝塚大学 東京メディア芸術学部ではMaya、東京デザイナー学院では映像演出も教える宮下氏に、これまでの変遷や指導時のこだわりを伺った。
ロケーション協力:宝塚大学 東京メディア芸術学部 東京新宿キャンパス

日本のHoudini ユーザーを根絶やしにしたくなかった

宮下氏が初めて教壇に立ったのは1998年。当時からHoudiniをメインツールとしており、その頃はユーザーサポートも行なっていたという。デジタルハリウッドでHoudiniのコースをつくることになったけど、教えられる人がいないから講師をやってくれないか、と依頼されたのがきっかけだったそうだ。
「最近は動画のチュートリアルや日本語のマニュアルが充実してきましたが、当時は情報が限られており、今以上にしきいの高いソフトだと思われていました。ユーザーサポート用につくったマニュアルと、Houdini ユーザーが継承してきた一子相伝の説明を組み合わせて教えていましたね」と宮下氏はふり返る。

その後は東京マルチメディア専門学校でも教えるようになったものの、「学校に行きたくない!」と思ったことも少なくないという。
「学校に行く時間と仕事の納期が重なったときは、本当に大変で......(苦笑)。なんで先生を引き受けちゃったんだろうって後悔していました。でも私が教えなくなったら、Houdiniの技を継承する人がいなくなってしまう。日本のHoudiniユーザーを根絶やしにしたくないという責任感があったから、続けてこられたのかなと思います」。

「先生に聞く。」第1回・宮下善成先生01

宮下善成/Yoshinari Miyashita
株式会社トランジスタ・スタジオ 代表取締役/宝塚大学 東京メディア芸術学部 講師/東京工科大学 メディア学部 講師/東京デザイナー学院 講師

グラフィックデザイン業界を経て、3DCG・映像業界に進出し、1997年に株式会社トランジスタ・スタジオを設立。自身のメインツールはHoudini で、そのユーザーサポートも行なっていたため、1998年からデジタルハリウッド、2000年から東京マルチメディア専門学校にてHoudini を教え始める。1998年以降、絶えることなくHoudiniの講師を続けており、現在も会社経営の傍ら東京工科大学 メディア学部でHoudiniを教えている。さらに宝塚大学 東京メディア芸術学部ではMaya、東京デザイナー学院 映像デザイン科では映像演出も指導中である。

2015年の4月からは、新たに東京工科大学 メディア学部でもHoudini を教えはじめており、同校の学生とHoudiniの相性の良さに期待しているという。
「私自身は理系アレルギーなのですが、"工科大"だけあって、受講生の大半は理系なのです。Houdiniは理系の人がその拡張性をフルに使いこなすと、色々な画づくりができるソフトなので、今後の彼らの成長が楽しみですね」。

基礎の部分に限定すればHoudini の習得はそれほど難しくない。ただし、高いレベルまで到達するためには"Houdini愛"が必要だと、宮下氏は続ける。
「自分のつくりたい映像を自在につくれるようになりたければ、自分で調べる努力が必要になります。凄く機能の多いソフトなので、ピンポイントで質問されても私にも答えられない場合が多いのです」。自分のアイデア次第で、パズルを組み立てるように色々なことができるソフトなので、その面白さを伝えていきたいと宮下氏は語る。

その一方、宝塚大学 東京メディア芸術学部ではMayaを、東京デザイナー学院 映像デザイン科では映像演出を教えているという。
「宝塚大学はゲーム領域の学生が対象なので、2Dの道に進みたい人と、3Dの道に進みたい人が混在しています。特に最近はスマートフォンのアプリ関係の求人が増えているので、ゲームの2Dイラストやデザインをやりたがる人が多いですね。そんな学生でも、なるべく退屈しないで学べるように講義内容を工夫しています」。

しきいの低い共通課題を出すことで脱落者を出さないようにする一方で、深く学びたい学生には、個別に対応しているという。
「モチベーションの高い人には、それに応じて高い要求を出しています。できる学生の方が、駄目出しを受ける回数は多いと思います」。

東京デザイナー学院でも、昨年度まではHoudiniを教えていたが、今年度からは映像演出の講義を受けもつという。「Houdiniの講義は別の先生にお任せして、企画や絵コンテ、アニマティクスを教えることになりました」。15秒程度のCM映像のプリプロダクションを通して、映像演出のノウハウを伝えていくそうだ。
「以前は3DCGの基礎を学んでほしいと思っていましたが、最近は学生の進む道が多様化しているので、作品として完成させることを重視していますね。自分の作品ができたという喜びを感じてほしいですし、就職活動をする際には自分の作品が必要になります。単に機能を覚えて課題をこなすだけでなく、個々の学生が自分の志向に合わせた作品をつくれるよう配慮しています」。

その他の連載