>   >  CGとVFXの祭典「京楽ピクチャーズ.PRESENTS VFX-JAPANアワード2016」表彰式レポート
CGとVFXの祭典「京楽ピクチャーズ.PRESENTS VFX-JAPANアワード2016」表彰式レポート

CGとVFXの祭典「京楽ピクチャーズ.PRESENTS VFX-JAPANアワード2016」表彰式レポート

一般社団法人VFX-JAPANは「京楽ピクチャーズ.PRESENTS VFX-JAPANアワード2016 表彰式」を3月3日(木)に秋葉原UDXシアターで開催した。会場では昨年度のCG・VFXを活用した作品の中から28作品が上映され、制作者への表彰が行われた。

CG・VFX技術に関する賞は、映画分野では米国アカデミー賞に「視覚効果(VFX)賞」が創設されているが、日本アカデミー賞には存在しない。こうした中でVFX-JAPANアワードはCG・VFX技術を活用した映像作品を一挙に紹介し、顕彰するイベントとして日本唯一の存在であり、今年で4回目の開催となる。今年は新たに先導的視覚効果部門が新設され、合計7部門での顕彰となった。

VFX-JAPAN代表理事の秋山貴彦氏(4Dブレイン)は冒頭「CG・VFXは映像作品における縁の下の力持ちであり、それらを表彰することで業界を盛り上げていきたい」と挨拶。以下、各部門ごとに最優秀賞1作品、優秀賞3作品が上映・表彰された。

▲秋山 貴彦 氏(4Dブレイン/代表取締役 VFX-JAPAN/代表理事)

劇場公開実写映画部門:Motion Pictures

劇場公開実写映画部門の最優秀賞には『バクマン。』が選出され、代表として道木伸隆氏(ピクチャーエレメント/VFXスーパーバイザー)が登壇した。優秀賞には『進撃の巨人 ATACK OF TITAN(前編) / 進撃の巨人 ATACK OF TITAN エンド オブ ザ ワールド(後編) 』、『寄生獣 完結編』、『天空の蜂』が輝いた。

最優秀賞に輝いた映画『バクマン。』は、アニメ化もされている漫画作品の実写映画化ということで、映像化のハードルがとても高い作品であるが、プロジェクションマッピングやモーショングラフィックスを効果的に利用した映像演出によって、これまでにない納得のいく漫画原作の実写映画に仕上がっている。本作のVFX制作は、モーショングラフィックスを使用したバトルシーンを中心にWOW、プロジェクションマッピングを使用した漫画執筆シーンを中心にアンドフィクション、エンドタイトルを中心にeaseback、その他のコンポジットをピクチャーエレメントとマリンポストが担当している。

関連記事:映画『バクマン。』(VFX制作:ピクチャーエレメントほか)

  • 「今日はありがとうございます。爆発とかしなくても受賞できるんだなと意外でした。これは冗談ですが(笑)。実写映画では他の作品も同じだと思いますが、いろんな特殊なエキスパートのチームが集まってつくっています。今回は最優秀賞をいただきましたが、モーショングラフィックス、プロジェクションマッピング、エンドロールなど、いろんな会社のいろんなアーティストや、エキスパートの方々に入っていただいています。それを発案したのが監督の大根さんで、漫画を描くという地味な作業をどうやってビジュアル化するか。そういうことで集めたチームだったりします。」

▲道木 伸隆氏(ピクチャーエレメント/VFXスーパーバイザー)

「監督、プロデューサー陣にVFXで最優秀賞をとれたことを報告できるのは嬉しいです。これからも皆さんと、横の繋がりがないと発展していかない業界だと思いますので、これからもよろしくお願いします。ありがとうございました」(道木氏)

■最優秀賞

  • バクマン。
  • 株式会社 ピクチャーエレメント
  • VFXスーパーバイザー
  • 道木伸隆

▲「バクマン。」予告

■優秀賞

  • 進撃の巨人 ATTACK ON TITAN (前編)/ 進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド(後編)
  • 株式会社 TMA1
  • VFXスーパーバイザー
    VFXスーパーバイザー
  • 佐藤敦紀
    ツジノミナミ
  • 寄生獣 完結編
  • 株式会社 白組/調布スタジオ
  • 3DCGディレクター
  • 高橋正紀
  • 天空の蜂
  • 株式会社 エヌ・デザイン/デザイン部
  • 取締役
  • 阪上和也

劇場公開アニメーション映画部門:Animated Motion Pictures

劇場公開実アニメーション映画部門の最優秀賞には『アップルシード アルファ』が選出され、代表として荒巻伸志氏(SOLA DIGITAL ARTS/監督)が登壇した。優秀賞には『GAMBA ガンバと仲間たち』、『劇場版 シドニアの騎士』、『花とアリス殺人事件』が輝いた。

「3Dライブアニメ」として制作された過去2作でも監督を務めた荒牧伸志氏率いるSOLA DIGITAL ARTSが、彼らが追求するフォトリアル路線へとルックを一新させ、まさにリブートさせた作品。

関連記事:CGWORLD(vol.198)紹介記事

  • 「ありがとうございます。今日いただけると思っていなかったので本当ににビックリしました。今日はうちのスタジオからCGディレクターも来ていますので、ひとこといいませんか? ダメですか?勘弁してくださいとのことなので、帰って一緒に喜びを分かち合いたいと思います。私たちのスタジオはこうした長編をつくらせていただいていて、作業自体は2年くらい前なんですが、本当に励みになる賞をいただきました。帰ってスタジオで報告して、みんなで喜びたいと思います。本当にありがとうございました。」(荒巻氏)

▲荒巻 伸志氏(SOLA DIGITAL ARTS/監督)

■最優秀賞

  • アップルシード アルファ
  • SOLA DIGITAL ARTS
  • 監督
  • 荒牧伸志

▲「アップルシード アルファ」本予告

■優秀賞

  • GAMBA ガンバと仲間たち
  • 株式会社 白組/制作第4部
  • 監監督/CG Supervisor
  • 小森啓裕
  • 劇場版 シドニアの騎士
  • 株式会社 ポリゴン・ピクチュアズ
  • 代表取締役社長
  • 塩田周三
  • 花とアリス殺人事件
  • 株式会社 スティーブンスティーブン
  • CGディレクター
  • 櫻木優平

テレビ番組部門:Broadcast Program

テレビ番組部門の最優秀賞には『生命大躍進』が選出され、代表として松永孝治氏(NHK番組制作技術部/VFXスーパーバイザー)が登壇した。優秀賞には『TVアニメ「アルスラーン戦記」』、『ワンパンマン』、『アイムホーム』が輝いた。

2015年5月から3回にわたり放送された、最先端の科学ドキュメンタリー番組NHKスペシャル『生命大躍進』。世界で通用する日本最高峰のドキュメンタリー番組を目指し、最新の技術を駆使して制作されている。 特に考証の下で再現される太古の世界や、最新の研究により解読されたDNAに基づく進化の解説など、4Kによる高精細の映像とハイクオリティなVFXで描く本作は、ドラマとは異なるドキュメンタリー番組ならではの難しさがあったという。

関連記事:CGWORLD(vol.202)紹介記事

  • 「このような素晴らしい賞をいただきありがとうございます。一緒に作ってくれた仲間達に感謝したいと思いますし、おめでとうといいたいです。この番組は生命46億年の進化の歴史を辿るものですが、世界各国のテレビ局でも放送されます。番組がおもしろいのと同時に、日本のCGやVFXはすごいぞと言ってもらえるようにがんばったたつもりです。これからも日本のCG・VFX業界を盛り上げていきますので、よろしくお願いします。ありがとうございました」(松永氏)

▲松永 孝治氏(NHK 番組制作技術部/VFXスーパーバイザー)

■最優秀賞

  • 生命大躍進
  • NHK/番組制作技術部
  • VFXスーパーバイザー
  • 松永孝治

■優秀賞

  • TVアニメ「アルスラーン戦記」
  • 株式会社 サンジゲン/CG作画部
  • ディレクター/チーフ
  • 横山貴央
  • ワンパンマン
  • -
  • 監督
  • 夏目真悟
  • アイムホーム
  • 株式会社 キュー・テック
  • VFXスーパーバイザー
    テクニカルコーディネーター
  • 金谷光寛
    照井 一宏
▶︎次ページ:
ゲーム映像部門:GAME Movie︎

特集