>   >  世界のアーティストたちによるモンスター&クリーチャーの描き方〜鳥のフォームをした風の悪魔「ハーピー」〜
世界のアーティストたちによるモンスター&クリーチャーの描き方〜鳥のフォームをした風の悪魔「ハーピー」〜

世界のアーティストたちによるモンスター&クリーチャーの描き方〜鳥のフォームをした風の悪魔「ハーピー」〜

世界のアーティストたちによる 神話や伝説のモンスター・クリーチャーのデザイン&描き方『世界のモンスター・幻獣を描く』(ボーンデジタル)。
本記事では、その中から鳥のフォームをした風の悪魔「ハーピー」の描き方をご紹介します。

  • 書籍情報

    世界のモンスター・幻獣を描く
    説得力のあるコンセプトのつくり方

    制作:3dtotal.com
    発行・発売:株式会社 ボーンデジタル
    ISBN:978-4-86246-407-1
    サイズ:210 x 279 x 29 mm (A4変形)
    総ページ数:320頁(カラー)
    価格:5,184 円(税込)
書籍のご購入はこちら

ハーピーとは

  • ハーピーは、鳥のフォームをした風の悪魔で、女性の顔と体を持っています。ゼウスの手下としても知られ、いつもお腹を空かしています。かつて、トラキアの王ピネウスが神々の秘密を漏らしたとき、処罰するために遣わされました。そして、ピネウスが何か食べようとするたびにハーピーが急襲し、食べ物を奪い去ったそうです。また、裁かれる悪人を地下世界に運ぶとも言われています。イタリアの詩人ダンテによると、ハーピーは地獄第7圏に住み、自ら生命を絶った人々を苦しめます。狡猾なだけでなく、非常に邪悪かつ残酷で、捕らえた者を拷問することもあります。強烈な突風を伴い、奇妙な金切り声を上げながらその姿を現します。主に地中海やその周辺に生息しますが、ヨーロッパ全土のひと気のない場所でも目撃されています。

制作者:TOMEK LAREK(イラストレーター、コンセプトアーティスト、2 Dゲームアーティスト
tomeklarek.artstation.com

フィールドノート

猛禽類の顔の特徴

ギリシャ神話のハーピーは、一般的に女性の顔を持つ鳥として描かれるので、まずワシを研究しましょう。猛禽類の特徴は、この翼の生えた悪魔にどう猛さを与えます。曲がったくちばしの形状・彫りの深い目・その周りの羽の特徴は、挑戦しがいのある要素です。骨格は人間とまったく異なるため、2つの要素を結び付ける方法を考える必要がありそうです。

冠羽

羽毛はハーピーの重要なパーツなので、オウギワシを観察しましょう(英語名はAmericanharpy eagleで、ハーピーから名付けられました)。頭部にある羽の形状と位置は、とても面白いです。特に目を引く「冠羽」は警戒したときに逆立ち、顔を縁取る小さな羽は聴力を高めます。これらの羽をハーピーのデザインに適用してみましょう。

かぎ爪

オウギワシのかぎ爪を間近で観察します。これは現代に生きるワシの中でも最大で、ハーピーに個性を与え、その悪魔的・攻撃的な性質を強調してくれるでしょう(デザインの手と足に使います)。この猛禽類のかぎ爪は、獲物を捕らえ、押さえるのに最適です。長さは13cmに達することもあり、グリズリーの爪よりも長いです。足はうろこの皮膚で覆われ、爬虫類によく似ています。これをハーピーに取り入れると、人間の要素をさらに弱めることができそうです。

ヴェネツィア・カーニバルの仮面

ヴェネツィア・カーニバルの仮面が、鳥と人間の特徴をリアルに結び付ける糸口になりそうなので、探ってみます。この仮面は、鳥のくちばしと女性頭部の丸い形状を1つにまとめるのに役立ちそうです。そこで、この用途に合った適切なサンプルを探します。羽の位置(並び)を、できるだけオウギワシの冠羽に対応させましょう。

人間の頭部

人間の頭部をゼロから描くときは、まず頭蓋骨から始め、ベースを作成します。特に女性の顔では、顎の形状を正しく作ることが重要です。しかし、今回はハーピーのデザインを際立たせ、獣の力とどう猛さを強調するため、女性の顎のラインを弱めたほうが良さそうです。線を引いて、顔の中心と目・鼻・口を定義し、顔の向きは耳で示しましょう。顔が上向きなら耳はやや低く、顔が下向きなら耳はやや高くなります。

次は、目・鼻・口・耳と頭蓋骨全体の形状を決定します。ハーピーは女性ですが、引き続き、顎と頭蓋骨の形状は男性のような力強さを維持してください。前のステップで開始点として引いた線をガイドに、目・鼻・口の形状を描いていきます。ここまで、頭蓋骨の形状を男性的にしてきましたが、顔の造作は女性的で、魅力的なものにしましょう。目は大きく開かれ、鼻は小さく、唇はふくよかです。

それでは、ディテールを微調整し、影を定義して、個性と立体感を強めましょう。また、光の方向を決定し、それに従ってシェーディングを加えます。たとえば、ハーピーが左側から照らされている場合、顔は2 つのゾーンに分かれ、左側は明るく、右側は暗くなります。私はシェーディングで、目と彫りの深さを定義しました。最後は口です。特定の部分が突き出し、より多くの光が当たると覚えておきましょう。図では下唇が突き出しているので、より明るく照らし出されます。

ワシの頭部

ワシの頭部を描くときは、人間の頭部と同じプロセスで進めましょう。まず輪郭を描き、目・くちばし・顔の中心を縦に走る線をマークします。次に目を描き、三角形でくちばしのプロポーションを正しく表します。目の高さとくちばしのサイズの比率に注目すると、鳥の特徴を人間の顔を結び付けるのに役立ちます。

遠近法で描くときは、プロポーションを正しく取って立体感を作り出し、オブジェクトの印象を伝えます。ここでは、一般的な人間の鼻の代わりに、鳥のくちばしを鑑賞者に向けて描く必要があります。目の上部はくちばしの上部と同じ高さです。額はくちばしの上部に見える線から顔の外側に向かってカーブしています。

人間の顔と同様に、鳥の顔の凹凸部分やくちばしの弓なりの形状を正しくライティングすることが重要です。羽の方向と光が当たる領域に集中し、的確に捉えましょう。そして、くちばし及び頭部の下から広がる羽毛の向き・形状をはっきりさせてください。ワシの頭部は重なり合った羽毛のせいで、人間のような滑らかなエッジになりません。少しラフに輪郭を描きましょう。

次ページ:
デザインプロセス

特集