>   >  放送、イベント、医療、セキュリティなど多岐に渡る分野の最新技術展示〜「4K・8K映像技術展」
放送、イベント、医療、セキュリティなど多岐に渡る分野の最新技術展示〜「4K・8K映像技術展」

放送、イベント、医療、セキュリティなど多岐に渡る分野の最新技術展示〜「4K・8K映像技術展」

7月17日(水)から19日(金)まで東京ビッグサイト・青海展示棟で開催された「通信・放送Week 2019」は、「第19回 光通信技術展」、「第3回 映像放送WXPO」、「第2回 5G/IoT通信展」、「第2回 4K・8K映像技術展」の4展の合同展示会だ。今回はその中の「4K・8K映像技術展」を取材し、数多くの出展社の中から6社をピックアップして紹介する。

TEXT&PHOTO_石坂アツシ / Atsushi Ishizaka
EDIT_小村仁美 / Hitomi Komura(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada

映像フォーマットや表示デバイスに応じた最適なマスタリングを行う技術/ソニーPCL

ソニーPCLは自社のスタジオで使われている高品質なマスタリングを可能にする技術を紹介していた。

RS+は、SDからHD、HDから4K、8Kといったアップスケーリングにおいてノイズや色味などの成分を調整して高画質化する技術で、単純なスケーリングで生じるエッジのぼやけや色の滲み、バンディングノイズ、インターレースのラインなどを解析、改善して高精細な映像に仕上げることができる。ソニーPCLのスタジオではマスタリング工程の中の適切なタイミングでその技術を施すだけでなく、ノイズの状態や仕上がりのイメージをクライアントと確認・相談した後に作業を開始して確実なチューニングを行なっているという。

このRS+を使ったアップスケーリングのワークフローを簡単に説明すると、まずスケーリングの前に、義色軽減、階調補正、櫛形ノイズ軽減、インターレースのマージ、などを行う。そのスケーリング前の工程で高画質化のための調整ポイントが見えてくるので、クライアントと相談して仕上がりのイメージを固める。その後に、一般的なアルゴリズムやオリジナルのアルゴリズムを使って最適なスケーリングを行い、さらにポスト・プロセスでジャギーやリンギングを軽減するエッジ処理を行なって高精細の映像に仕上がる。

マスタリングに関するオリジナル技術を展示・デモを行うソニーPCLブース

こうして出来上がったマスター映像に対して、ソニーPCLではさらに、その映像を表示する環境に合わせて最適化するために、10bit素材を8bitで表示する際に生じるグラデーションの帯状ノイズ(バンディングノイズ)を軽減するPixelShakeや、オリジナル時から生じているバンディングノイズを検出してその箇所を限定的に処理するPixelShake EXといったオリジナルの技術を使ったサービスも用意している。

また、カラーグレーディングに関するHDR/SDR Hybrid Gardingという効率的なサービスも実演していた。これは4K素材をグレーディングする際に、ハイダイナミックレンジ(HDR)とスタンダードダイナミックレンジ(SDR)用のグレーディングをそれぞれのダイナミックレンジのモニタで確認しながら同時に行うサービスで、デモではS-Logで撮影された素材を使い、HDRとSDRそれぞれに最適なグレーディングを同時に行なっていた。

HDRとSDRのグレーディングを同時に行うHDR/SDR Hybrid Gardingのデモ風景

世界最大手のガラスメーカーが提供する4K対応製品/AGC

ガラスメーカーとして有名なAGCのブースでは光ケーブルとフィルムスクリーンが展示されていた。

プラスティックファイバFONTEXを使ったアクティブ光ケーブルは、4K映像を外部電源を使わずに100mまで伝送でき、その速度もこの展示会の時点で世界最速の10Gbps×100m。さらに小さく曲げても折れないため、支柱に結びつけての使用も問題ない。

4K映像を外部電源不要で100mまで伝送できる光ケーブル

ガラスサイネージ用のGlascene Fはプロジェクタ用の透過型スクリーンフィルムで、ガラスに水貼りすることができる。スクリーンタイプはフロント投影用とリア投影用の2種があり、さらに透明性を重視したクリアタイプと映像の明るさを重視したブライトタイプの2種類に分かれる。可視光の透過率は、フロント投射用のクリアタイプが78%、ブライトタイプが36%。リア投射用のクリアタイプが83%、ブライトタイプが64%。製品は1260mmのロール仕様なので、例えば高さが1260mmで幅に大きく広がるスクリーンをつくることもできる。

Glascene Fに続く新製品として本展示会で初公開されたのがハーフミラーの大型スクリーンで、映像を投影していないときはハーフミラーのガラスとなる。こちらはリア投影専用で透過率は50%。ショーウィンドウで効果の発揮が期待できる製品だろう。

大型ミラースクリーンのデモ風景

プロ・ビデオへの動向と遠隔オペレーションライブ配信システム/Nikon

シネマカメラの分野で出遅れた感のあるNikonからは、参考出品としてカメラからのRAW出力と遠隔オペレーションライブ配信システムのデモが行われていた。

RAW出力ではNikon Z6Atomos Ninja Vの組み合わせが展示され、Z7とZ6のファームウェアアップデートによる12bit RAW/4K・FHD出力が開発中とのことだ。数多いNikonファンの映像関係者はこのプロ・ビデオ機能への動向は大いに期待したいところだろう。

Nikonのカメラを遠隔操作/映像配信するカメラコントロールエンコーダと配信システム

遠隔オペレーションライブ配信システムは、クラウドを介した映像配信システムの中にNikonのカメラを組み込んだもので、配信の中核となるソフトは既存のLivestream Studioを使いながらカメラコントロールも行えるようにアレンジしてあり、遠隔からのカメラコントロールとスイッチングを可能にしている。このシステムの意義は配信にNikonのカメラを使うかどうかの選択にかかっているが、少なくともNikonがこういったシステムの開発に少しでも動いていることはファンにとっては朗報であろう。

スイッチングソフトからNikonのカメラを遠隔操作できる

次ページ:
4K60p RAWデータ編集用のワークステーション/TSUKUMO

特集