>   >  田島光二がクリエイターの卵たちにエール! 映像制作の仕事展×デジタルハリウッド「映像制作を仕事にする理由」レポート
田島光二がクリエイターの卵たちにエール! 映像制作の仕事展×デジタルハリウッド「映像制作を仕事にする理由」レポート

田島光二がクリエイターの卵たちにエール! 映像制作の仕事展×デジタルハリウッド「映像制作を仕事にする理由」レポート

[PR]

8月10日(土)デジタルハリウッド東京本校(東京・御茶ノ水)で、CGWORLDがプロデュースする「映像制作の仕事展」とのコラボイベント、「映像制作の仕事展×デジタルハリウッド『映像制作を仕事にする理由』本科デジタルアーティスト専攻開講記念」のイベントが開催された。同イベントに登壇したのは、現在Industrial Light & Magic(以下、ILM)のコンセプトアーティストとして数々のハリウッド映画の制作に携わる田島光二氏だ。急遽開催が決定したイベントであったにも関わらず、会場には200名もの来場者が駆けつけた。本稿ではその様子をお伝えする。

TEXT_UNIKO
EDIT_山田桃子 / Momoko Yamada
PHOTO_弘田 充 / Mitsuru Hirota、デジタルハリウッド / Digital hollywood

田島光二/Kouji Tajima
シニアコンセプトアーティスト。2012年にVFX制作会社のDNEGに入社、現在はIndustrial Light & Magic(LucasfilmのVFX部門)に所属。これまで『ヴェノム』、『ブレードランナー2049』、『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』、『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』など多くの映画作品のコンセプトアートを手がける。学生時代に「3DCG AWARDS 2010」で最優秀賞、2017年に「WIRED Audi INNOVATION AWARD」を受賞。2018年、Forbes「30 under 30 Asia」に選出される。著書に「田島光二アートワークス」など

2012年にDNEGシンガポール支社でコンセプトアーティストとしてのキャリアをスタートさせた田島氏。2015年には同社のバンクーバー支社に移り、数々のハリウッド映画の制作に携わるかたわら、自身の活動として日本の映像作品の制作にも多数参加してきた。そして、2018年9月にILMに移籍し、シニアコンセプトアーティストとしてさらなる活躍を続けている。同イベントでは、そんな田島氏が映画制作の現場で実際に描いたコンセプトアートを多数用いて、コンセプトアーティストの仕事を詳しく紹介した。

コンセプトアーティストの仕事

背景、キャラクター、クリーチャー、メカ、マシン、看板......、コンセプトアーティストは本当にいろんなものを描きます」と田島氏。『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』(2016)の制作の際は、クリーデンス・ベアボーン役を務めた俳優のエズラ・ミラー氏とのやりとりの中からヒントを得たと言う。「エズラ・ミラーさんは、化け物になる過程は大変な苦痛を伴うのだけどどうしても変身してしまうんだ、と話していたので、そのコメントを元に身体にまとわりつく触角にギザギザとした棘を描き足して、苦痛を与える "印象" を加えることにしました」(田島氏)。

また、コンセプトアートは2Dの一枚絵で描くだけだと思いがちだが、必要があればアニメーターがアニメーションを付ける際に参考になるよう、アクションのイメージを何フレームにも渡って描くことがあるという。というのも、田島氏が描いたクリーチャーやマシンが変身・変形する様子は、時に一枚の絵では細部の描写が不十分な場合があり、変形する様子や特徴的な動きを段階別にわかりやすく補足しなければならないからだ。田島氏は「専門的なアニメーションの知識が必要とまでは言いませんが、どのように動いてどのように変形するのかを頭の中で想像して、その過程を描いたものも一緒にポートフォリオに入れておくと強いアピールになりますよ」と、これから世界をねらうアーティストたちにアドバイスした。

他にも、ハリウッド映画制作の最前線からのリアルなアドバイスとして、3DCGスキルの重要性について語られた。ひと昔前までは、鉛筆や絵の具を使うコンセプトアーティストが主流だった(現在でもアナログ画材で制作しているアーティストもいる)ものの、最近では3Dを使う人がほとんどだと田島氏は話す。「ILMは現在30名ほどのコンセプトアーティストがいますが全員3Dを使えます。というのも、後の工程で3DCGに置き換えなければいけないからです。2Dのスキルだけだと、「2Dと3Dのズレ」が生じて時間をロスしてしまうし、3Dを使えれば仕事の幅も広がるので、映画制作を目指している人は3DCGの勉強をしていて損はないと思います」(田島氏)。

ハリウッドへの道のり

次々とハリウッド作品の制作に携わり、世界的な活躍を続ける田島氏。「どのような道のりを経て現在の活躍に至ったのか」については、来場者の関心を引いたようだった。田島氏のこれまでの道のりに関しては、多くの記事で取り上げられているのでここでは割愛させてもらうが、そもそもコンセプトアーティストを目指していたわけではなかった、という逸話はとても印象的だったのでここでお伝えしよう。「専門学校を卒業してしばらくはフリーランスをしていたのですが、ハリウッドで活躍するクリエイターのみなさんの帰国を聞きつける度にメールを送り、直接会ってアドバイスを受けていました。そんな中、当時DNEGシンガポール支社で活躍していた北田栄二さんが声をかけてくださり、彼のサポートのおかげでなんとか面接もクリアして、DNEGに入社が決まりました」とハリウッドへの第一歩を踏み出した経緯について話した。

ところが、「僕はすっかりモデラーとして採用されたものだと思っていたんです。履歴書も作品も面接も、そのつもりで用意していましたし。でも、シンガポールに到着して初めての面談で、自分がコンセプトアーティストとして採用されていたことを知りました。実は、これがコンセプトアーティストになったきっかけなんです」と田島氏は苦笑する。コンセプトアーティストがどのような仕事かすら知らない状態だったらしく、デザインとは何か? から勉強し直したという。「仕事も英語もろくにできないもんだからデザインの仕事がもらえない時期もあって、シンガポールにいた2年間はほとんど外に出ることもなく、部屋で必死に練習していました」。そしてようやく実力がついてきたところで、ティム・バートン監督に大抜擢された田島氏は、『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』(2016)で初めてメインキャラクターのデザインを担当することとなり、これが同氏にとって大きなステップとなったと語った。

次ページ:
充実の質疑応答

特集