>   >  作品から探る帆足タケヒコ流モデリングのコツ! 「映画『GANTZ:O』ガンツロボ」編
作品から探る帆足タケヒコ流モデリングのコツ! 「映画『GANTZ:O』ガンツロボ」編

作品から探る帆足タケヒコ流モデリングのコツ! 「映画『GANTZ:O』ガンツロボ」編

本誌でもお馴染み、業界屈指のメカモデラー・帆足タケヒコ氏。今回は特別に帆足氏が自ら、実際の映画に登場したメカの解説をしてくれることになった。フルCG映画『GANTZ:O』の「ガンツロボ」を例に氏のテクニックをみていこう。

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 223(2017年3月号)からの転載となります。
※vol. 223では「ガンツバイク」のモデリングも掲載しています。
※映画『GANTZ:O』についてはvol. 219(2016年11月号)の第1特集にて、作品全体のメイキングを掲載しています。

TEXT_帆足タケヒコ(studio Picapixels
EDIT_海老原朱里 / Akari Ebihara(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada

映画『GANTZ:O』
原作:奥 浩哉/総監督:さとうけいいち/監督:川村 泰/脚本:黒岩 勉/音楽:池 頼広/制作:デジタル・フロンティア/配給:東宝/製作:「GANTZ:O」製作委員会
gantzo.jp
©奥浩哉/集英社・「GANTZ:O」製作委員会

『GANTZ』の世界観を再現し演出面でも映えるモデリングを目指して

これまでに実写映画化やアニメ化、ゲーム化もされている人気漫画『GANTZ』(集英社ヤングジャンプコミックス刊)。2016年、満を持してフルCG作品として新たに誕生したのが映画『GANTZ:O』だ。今回はその世界観を壊さぬように、今風にメカを生まれ変わらせるのが大きなミッションだった。

「ガンツロボ」は「原作に忠実に作成」というオーダーがあったため、こちらは漫画の中にある絵を参考にした。しかし、アップで形状が把握できるのは足の部分のみだったため、まずはここから作成に入り、全体のテイストを整えるという作業スタイルを採った。

ロボに限らず、『GANTZ』の世界観に言えるのは、基本色は黒でマットよりの質感。そして、情報量の多いデザインというのがひとつの共通項だと思われる。また、共通のテイストを醸し出す部品が多用されている印象が強い。このあたりを上手く制作の効率化に盛り込めれば、手早く作業ができるはずだ。特に共通部品のくり返しなどはその代表格と言えるだろう。今回はこの2つの3Dモデルについて、制作の思考や手順をモデル画像を交えながら解説していく。

使用モデリングツール:Maya 2014

  • 帆足タケヒコ(studio Picapixels)
    スーツアクター、ゲームプロデューサー、海外CGスタジオを経て2013年日本最初のモデリング専門会社studioPicapixels設立。コンセプトデザインからモデリング、質感までをトータルで行う。数々の日本を代表する映画やCM、PVに参加。2017年春には台湾に法人AURASを友人と共同設立し、世界に向けてゲームアプリの開発にも乗り出した。
    www.studiopicapixels.com
    お仕事のご相談はこちらへ  info@studiopicapixels.com

漫画のコマから読み解くデザインとラフモデリング

モデリングを始める前に原作の漫画をよく読んで、演出で何が大事かを読み解いていく。演出から見るに、「漫画のこのコマを大事にするであろう」という発想から、一番印象深い足が現れるシーンをメインにしてモデリングしていくことにした。

今回、残念ながら特別なモデリング機能やコツは使っていない。筆者は通常、Mayaに入っている機能以外はほとんど使わない。こう書くと面白くないかもしれないが、事実なので仕方がない。まずはシンプルな形をつくり、シルエットを整えディテールを加える。そして、最後に全体のシルエットを整える。これが一連のながれであり、全てはこのくり返しである。

このガンツロボに関して制作のコツをしいて上げれば、車の部品のような形状がデザインにちりばめられていることだ。これをデザインのモチーフのキーアイテムとする。目立つのは自動車のバンパーやライト、エンジン、シリンダー、ラジエーターのようなデザイン。これらをつくり、あちこちに配置する。後はとにかくゴチャゴチャさせていく。しかしデータは軽く、稼動の箇所もわかるようにつくり込むことが大切だ。

01 ラフモデル


まずは漫画の絵を参考にしつつラフモデルをつくる。ほぼプリミティブとメイクポリゴンでチクチクと制作した面を押し出してつくったものだ。気をつけるのは最初からある程度色を付け、雰囲気をつくること。夜のシーンであるためシルエットを大事につくり込む

02 頭部


頭部は首にあたる部分にキャラクターが乗る設定であるため仮配置。芝居ができる広さをつくる。これも演出において必要なデザインへのアプローチである

03 脚部と足の爪


脚部のシルエットについてのライン指示。漫画のコマと比較して「もう少しこうではないか?」と試行錯誤しつつ、全体の部品を配置していく


足の爪に関しての調整。やはり一番映る可能性が高いことからラフの段階で細かく整える。こうして全体を整えつつ、ラフモデルの最終シルエットのOKをもらう

04 共通部品


今回のガンツロボのためにつくった共通項の部品たち。クルマのバンパー風、ボンネットの中にありそうなものや、エンジンのシリンダーなど。これをガンツロボに配置して、つくり込んでいく

次ページ:
ディテールアップ

関連商品(CGWORLD SHOP)

特集