>   >  Mox-Motionがキーフレームアニメーションの妙技をわかりやすく解説「モーション制作セミナー ~四足歩行モーションと重量武器アクション~(大阪)」レポート
Mox-Motionがキーフレームアニメーションの妙技をわかりやすく解説「モーション制作セミナー ~四足歩行モーションと重量武器アクション~(大阪)」レポート

Mox-Motionがキーフレームアニメーションの妙技をわかりやすく解説「モーション制作セミナー ~四足歩行モーションと重量武器アクション~(大阪)」レポート

2017年4月19日(水)、大阪のハービスOSAKAにて「モーション制作セミナー~四足歩行モーションと重量武器アクション~(大阪会場)」が開催された。講師を務めたのは、Mox-Motionこと株式会社モックス(以下 、Mox)で活躍するアニメーターたち。良質なことはもちろん、汎用性も高い同社のモーション作成法について、作例動画を交えてレポートする。

TEXT & PHOTO_坂本拓馬 / Takuma Sakamoto(Olu Pictures
EDIT_山田桃子 / Momoko Yamada
Special thanks to Mox-Motion

<1>犬の歩行モーションを解説

「モーション制作セミナー ~四足歩行モーションと重量武器アクション~(大阪)」で講師を務めたのは、Moxの田邊聡史氏と徐 策氏である。両氏はコンシューマーゲームやモバイルゲームなどで、手付けモーションを中心に手がけるアニメーターだ。

田邊聡史氏(左)と徐 策氏(右)

はじめに講演した田邊氏は、昨年開催された「手付けモーション制作セミナー(大阪)」のアンケートで要望が多かったものの中から「犬の歩行モーション」を取り上げ、モーション制作において必要な知識の解説と制作手順を、実演を交えながら紹介した。

制作手順についてはA.犬の特徴B.全体のながれC.背骨の動きD.足運びE.尻尾の動き、の5つのパートに分けて順に解説が行われた。まずA.犬の特徴の説明では、「歩様」、「指行性」、「重心」の3つを重要な要素としてあげた。「歩様」とは動物の足の動作パターンのことで 、草食動物や肉食動物、そして種ごとに様々で、遅い足運びから速い足運びまで多様な動作パターンがあるという。

最も遅い足運びは「常足(なみあし)」といい、今回のセミナーではこの「常足」のモーションが実演された。次に遅いのが「速足(はやあし)」、続いて「駈歩(かけあし)」、最も速いのが「襲步(しゅうほ)」で獲物を追いかけるときの全速力の歩様だ。

続いての重要な要素「指行性」とは、常に指先だけで直立して歩くこと。犬と人間のちがいについて田邊氏は、犬は本来、捕食動物であり、指行性のメリットとしては「長距離を速く走ることができる」点と、「柔軟性がある」という2つを挙げた

また、最後の重要な要素「重心」については、犬は前足約60%、後足約40%の割合で体重を支えていることに触れた。

セミナーでは、これらの知識を念頭にMayaでのモーション制作が行われたのだが、最初は最も基本的な足運びの制作からはじまった。スタートフレームではまずセットアップポーズから、全ての足をフロントビューから見た際の重心を意識しつつ体の内側に寄せ、続いてサイドビューで前足を犬の胸部あたりにくるように前に移動し、付随するコントローラー群を調整。後ろ足も同様に、サイドビューでちょうど腹部あたりにくるように移動させた。

キーポーズを固定するため、全ての位置と回転にキーを打つ。今回は28フレームで1回ループするため、中間の14フレームに進み、今度は前足と後足を下げたポーズを作成し、関連箇所を調整した。

次に0フレームのキーを28フレームへコピーしループさせる。この後は前足と後足の間のキーを作成していき、おおよその基本動作ができた時点で片側の前足と後足のキーを全て選択してキーをずらし、左右の足が互いちがいになるようにする。ここからは首から先をやや前傾姿勢にし、トップビューで体が弓なりにしなるように調整、それに準じ頭は常に姿勢を保とうするため、フロントビューでなるべく中心にくるように調整する。このポーズを0フレーム、14フレーム、28フレームへコピーし、14フレームの値をグラフエディターから「*=-1」と入力しポーズを反転。そして足のZ値(前に進む値)の変化を確認し「Rig All」にキーを作成し、B.全体のながれは完了となる。

この後、田邊氏の実演は中盤へと進み、C.背骨の動きにおける注意点については「移動と回転の各軸を分解して考える」、「伸縮ポーズを作成してタイミングを調整する」、「S字やひねりなど、ポーズの変化をつくる」、「胸と頭を安定させる」の4点だと語った。D.足運びについては「接地と蹴り足のポーズ変化を意識する」、「前足は内側、後足は若干外側を通る」、「反転コピーで効率を上げられる」ことに注意すること、最後に解説されたE.尻尾の動きでは、「筋肉を意識した動きにする」こととそれぞれの工程の注意点を述べ、完成したムービーを披露し締めくくられた。

次ページ:
<2>重量武器アクションの制作ポイント

特集