>   >  山賀博之演出、貞本義行キャラクターデザインの最新映像『砂の灯』も上映、特別講演「日本型VRはなぜ必要か」~「コンテンツ東京2017」レポート(2)
山賀博之演出、貞本義行キャラクターデザインの最新映像『砂の灯』も上映、特別講演「日本型VRはなぜ必要か」~「コンテンツ東京2017」レポート(2)

山賀博之演出、貞本義行キャラクターデザインの最新映像『砂の灯』も上映、特別講演「日本型VRはなぜ必要か」~「コンテンツ東京2017」レポート(2)

6月28日から30日まで東京・台場の国際展示場で開催されたコンテンツ東京2017では、国内外から登壇者を迎えて、大小様々なセミナーが開催された。ここでは初日に開催された特別講演「『日本にしか作れない』VRコンテンツとは? ~世界のVR最新動向と、日本が戦う道」の内容をレポートする。

講師はアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』などで著名な漫画家・キャラクターデザイナーの貞本義行氏(ガイナックス)と、アニメーションプロデューサーで金沢工業大学の客員教授などもつとめる竹内宏彰氏(テイクワイ)がつとめた。特別ゲストとしてガイナックス代表取締役の山賀博之氏が登壇し、最新映像『砂の灯』のプレミア上映も行われるなど、密度の濃い内容となった。

TEXT & PHOTO_小野憲史 / Kenji Ono
EDIT_山田桃子 / Momoko Yamada

『砂の灯』プロジェクト公式サイト「tukumo project」
tukumoproject.com
Copyright © 2017 tukumoproject  

<1>日本アニメには「技術」が欠けている

講演は竹内氏の「日本型VRはなぜ必要か」という、プロデューサー視点での問題提起から始まった。雑誌『WIRED』初代日本語版の寄稿編集者としてSIGGRAPH1995を取材した竹内氏は、そこでコンピュータサイエンスの研究者とアニメーターが分野の垣根を越えて交流し、CGの未来について議論を交わす様子に大きな感銘を受けたという。

その後、竹内氏はアニメーションプロデューサーとして、アニメ『アニマトリックス』や『ほしのこえ』などの製作に20年近く携わってきた。その経験をもとに竹内氏はコンテンツが大きく成功するためには「創造」、「技術」、「世界」の3要因があると指摘した。そして日本アニメには世界市場で成功する創造性はあるが、それを実現させる技術に欠けていると分析した。

聖書は活版印刷によって大衆に広まった。ポピュラー音楽はラジオやレコードによって大衆文化になった。クリエイターの新しい創造性が世界に広まるためには技術革新が必要だった

「スマートフォンはスティーブ・ジョブズの才能をベースに、iPhoneをつくり出す技術が加わって、全世界に普及しました。ゲーム業界も任天堂の宮本 茂氏をはじめ、たくさんのクリエイターの才能と、ファミコンをはじめとしたゲーム機を開発する技術が加わって、世界を席巻しています。しかし、アニメにはそうした技術との融合がほとんどありませんでした」(竹内氏)。

もっとも、いくつかの事例は存在する。そのひとつがアニメ『鉄コン筋クリート』のCGパイロット版で使用されたセルシェーダーソフトで、竹内氏がアメリカ人のエンジニアと連携する形で技術開発を主導した。また竹内氏が代表を務めたコミックス・ウェーブがアニメ『ほしのこえ』の制作・配給を行う際、当時はまだ珍しかったインターネットを用いた宣伝を中心に行われた。どちらも新しい技術が成功につながったのだ。

こうした中、竹内氏が新たな技術として注目しているのがVR・AR・MRだ。特にVRではHMDの商業展開がはじまり、今後も4K解像度化やHDR対応などが予定されている。ただし、いずれも3DCG作品が主流で、手描きアニメーション作品は見られないという。竹内氏は「ここに日本の可能性があるのではないか」と指摘した。

<2>情報量を減らして個性を高めるのが手描きアニメーション

続いてトピックは貞本氏によるクリエイター視点での提言に移った。「ピクサーやディズニーのキャラクターではなく、もっと日本の文化を生かしたCGキャラクターがあり得るのではないか」という貞本氏。こうした考えから、ジャンルを超えてさまざまな表現活動を行なってきた。近年ではメルセデス・ベンツのプロモーション映像『NEXT A-Class』でキャラクターデザインを務め、注目を集めたのも記憶に新しいところだ。

メルセデス・ベンツの次世代コンパクトカー「NEXT A-Class」のプロモーションで制作された、本格カースタントのショートムービー。アニメーション作品でメルセデスブランドを表現する世界初の試みとなった

そんな貞本氏は、マンガやアニメのキャラクターデザインのポイントは「記号化・省略化」にあるとした。記号化が進むほどに鑑賞者の想像力が刺激され、キャラクター性が高まっていくというのだ。貞本氏は私見と断ったうえで、昨今のフォトリアルな3DCGキャラクターよりも、初代『バーチャファイター』の積木のような表現の方が、よりキャラクター性が色濃く感じられたと語った。

漫画やアニメのキャラクターデザインは「記号化・省略化」がポイントだと語る貞本氏

手描きアニメーションも同様で、情報量を減らすことで、逆にシンプルな線の中に個性を出す表現手法だという。同じCGキャラクターでも手描きアニメーションをベースにすれば、そうした表現も可能になるというわけだ。実際、貞本氏がキャラクターデザインを手がけたスマホゲーム『ブラックローズサスペクツ』では、手描きイラストをそのままにアニメーションさせる技術が用いられている。

このように、最新技術に対して抵抗感をもつことなく「使ってみたい、かかわってみたい」と語る貞本氏。もともとカーデザイナー志望で、学生時代に産業デザインを学ぶところから絵の世界に飛び込んだという経歴も、そうした姿勢を物語っている。竹内氏も「最新技術を前向きに取り入れていく姿勢がすごい」と評価した。

次ページ:
<3>VRは古典的な表現の場

特集