>   >  サンプルデータ付き! 馬など四つ足動物特有の逆関節リグ作成法(コロッサス)
サンプルデータ付き! 馬など四つ足動物特有の逆関節リグ作成法(コロッサス)

サンプルデータ付き! 馬など四つ足動物特有の逆関節リグ作成法(コロッサス)

現在発売中のCGWORLD vol.230(2017年10月号)では、「ワンランク上のキャラクターリギング」と題して、個人のアーティストとプロダクションの双方にとって実用的なリグ作成に関するTIPSを紹介しました。本稿では本特集からハイクオリティなCGアニメーションに定評あるコロッサスによるプロダクションワークとしてのリギングの効率化TIPSとして、犬や馬といった四つ足のキャラクターの動きに欠かせない「逆関節リグ」の作成方法を紹介します。通常のIKでは制御できないため、悩んでいる人も多いのではないでしょうか? 記事の末尾にサンプルデータのダウンロードリンクも記載していますよ!

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 230(2017年10月号)からの転載となります

TEXT_李 振元、山部道義(コロッサス)
EDIT_沼倉有人 / Arihito Numakura(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada

コロッサス
常に進化し続ける映像制作集団、CGをただの技術としてではなくエンターテインメントの中でどう表現に結びつけていくのかを常に模索している。近年は高解像度キャラクターの制作、ドームやプロジェクションマッピングなどの大型映像にも力を注いでいる。
cls-studio.co.jp

4つ足をもつ動物などの逆関節IKリグの作成

<STEP 1>MayaのIK handle固有の問題点

犬や馬といった四つ足のキャラクターの場合、【A】のように足全体を1つのIKで制御すると、角度Aと角度Bを個別に制御することが難しくなり、【B】のような座ったポーズをとるのが難しくなってしまいます。

そこで【C】のように【A】の部分はFK制御、【B】の部分はIK制御に分けることで各関節の位置が定まるようになり、お座りポーズのような姿勢も制御しやすくなります。


アニメーション作業を行うアニメーターがキャラクターを思いどおりに動かせるリグを組むことが、リガーの一番大事な役割と言っても過言ではありません。そのためには「少ないコントローラでわかりやすい」構造にするのが大事でしょう。今回作成する逆関節足リグのコンセプトは下記のとおりです。

1.第1関節のコントローラは、足のコントローラが連動して動くようにセットアップすることでアニメーション作業の手間を省く
2.同コントローラは、独立したアニメーションも行えるように組む

次ページ:
<STEP 2>人間の足と逆関節をもつ動物とのちがい

特集