>   >  デジタル作画の最新事例が集結! アニメーション・クリエイティブ・テクノロジー・フォーラム(ACTF)2018 レポート
デジタル作画の最新事例が集結! アニメーション・クリエイティブ・テクノロジー・フォーラム(ACTF)2018 レポート

デジタル作画の最新事例が集結! アニメーション・クリエイティブ・テクノロジー・フォーラム(ACTF)2018 レポート

今年で第4回となる、文化庁、一般社団法人 日本アニメーター・演出協会(JAniCA)、ACTF事務局主催の「アニメーション・クリエイティブ・テクノロジー・フォーラム(ACTF)2018」が、去る2月10日(土)に練馬区立区民・産業プラザCoconeriホールで開催された。当日の会場ではメインセッションである制作プロダクションの講演のほかに、各種制作ソフトのセミナーなどが行われ多くの業界関係者が集まった。

TEXT_NNK
EDIT_小村仁美 / Hitomi Komura(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada
PHOTO_弘田 充 / Mitsuru Hirota

<1>BlenderやDropboxなどを導入したアニメーション制作フロー

ACTFは、近年アニメーション制作現場で普及が進んでいるデジタル作画ツールや制作に関わる最新の技術をどのように運用し、未来を切り拓いていくかということを主題に置き、実際にそういったツールをワークフローに導入している制作会社の講演や展示を通して、その知見を業界内に広く共有することを目的としている。本記事ではメインセッションで講演された各制作会社のデジタル作画ツール導入事例を中心にレポートしていこう。

Session 01:エクスペリメントラボ(仮)

メインセッションにまず登壇したのは、りょーちも氏(作画/演出/監督)、塚原重義氏(アニメーション作家)、迫田祐樹氏(トワフロ合同会社/企画ビジネスプロデューサー)、大串真央氏(株式会社ツインエンジン/アニメーションプロデューサー)の4名によるプリプロ主軸のアニメクリエイティブラボ、エクスペリメントラボ(仮)「Blenderをプリビズで活用するワークフロー紹介と、従来のメディアやフレームにとらわれずアニメ制作を発想していく方法について」と題し、オープンソースの3DCGソフトであるBlenderのアニメーション制作への導入について講演を行なった。


写真左から 塚原重義氏(アニメーション作家)、迫田祐樹氏(トワフロ/企画ビジネスプロデューサー)、りょーちも氏(作画・演出・監督)、大串真央氏(ツインエンジン/アニメーションプロデューサー)

まず、Blenderで有用な機能として「グリースペンシル」という3D空間に直接絵が描けるツールを紹介。グリースペンシルはサーフェス上にも線を描くことができるため、原画マンがBlenderでちょっとした人型のモデルをつくりリグを入れて、そのモデルに直接目などのアタリを描いて動きを付ければ、それをそのままレイアウトのガイドにすることができる。


Blenderのグリースペンシルを使用してシンプルなモデルに目と口を描き込む様子

またパッと描いた作画レイアウトの画像を出力し、Blenderの3D空間に読み込んで配置することもできるため、例えばクルマの動きなどこれまで3DCGの作業者にまかせていたような3D空間上の細かい動きまで原画マンが付けられるようになり、より原画マンのイメージに近いカット制作が可能になるというわけだ。


会場の様子

現在これらのハイブリッドな制作技術を使って、塚原氏が原作・脚本・監督を務め、大正・昭和初期の色合いを残した世界観でくり広げられる長尺の空想科学冒険活劇作品を制作中とのことで、そのPVが会場内で上映された。3DCGソフトとデジタル作画の組み合わせというまた新たなアニメ制作の可能性が提示され、来場者を大いに驚嘆させていた。

Session 02:クリーク・アンド・リバー社

株式会社クリーク・アンド・リバー社の公演では、「ショートアニメの制作とツールを活用した効率的なデータの連携について」と題して、プロデューサーの石川 学氏、ディレクターの山下清悟氏が登壇した。クリーク・アンド・リバー社ではオンラインストレージサービスであるDropboxを管理ツールの中心に置いており、実際に進行中の作品フォルダの中身をモニタに映しながら解説が行われた。


写真左から山下清悟氏(ディレクター)、石川 学氏(プロデューサー)

Dropboxは複数人でフォルダ内のデータを共有できるため、同社では制作、原画、演出など誰もがリアルタイムに同じ階層の素材にアクセスすることが可能になっている。またそれとリンクさせるかたちで社内独自のWeb管理表を作成し、利用しているとのこと。この2つのシステムを作品管理に組み込むことで制作進行の移動のリスク、素材紛失のリスク、長時間拘束の問題を大幅に改善することができたという。制作進行はこのシステムによる恩恵を最も強く受けることができ、待機時間なども減ったために基本的に皆就業時間内に退社できるようになったとのこと。またDropboxの最大のメリットとしては、導入・維持・管理が比較的容易であり、低価格で実現可能な点だという。


最後に作画工程のデジタル化について「デジタルツールを学んだアニメーターは映像の中でやれることに対する視野がものすごく広がるという実感が僕の中にありまして、これからは作画マンが絵を描いて終わるのではなく、それ以外の工程でもデジタルツールを駆使してさらに自分のつくりたいイメージを表現できる時代になってきていると思う」と、石川氏は語った。

次ページ:
<2>アニメーション制作のデジタル化は着実に進んでいる

特集