>   >  「GDC 2018」エキスポブースに見る隠れた実力派サービス・ミドルウェア
「GDC 2018」エキスポブースに見る隠れた実力派サービス・ミドルウェア

「GDC 2018」エキスポブースに見る隠れた実力派サービス・ミドルウェア

米サンフランシスコで3月19日から23日まで開催されたGDC2018(ゲーム・ディベロッパーズ・カンファレンス2018)。世界最大級のゲーム開発者会議で、今年は期間中に2万8000人が参加し、過去最高を記録した。本稿ではエキスポエリアから、キラリと光る一点モノの展示を行なっていたブースを紹介する。

TEXT & PHOTO_小野憲史 / Kenji Ono
EDIT_山田桃子 / Momoko Yamada

<1>ツール&ミドルウェア

GDCのコンテンツは大きく講演と展示に分類される。このうち講演は過去の事例共有だが、展示は各社が最新のツールやミドルウェアを展示しており、「ゲーム開発の今」が体感できる。会場となったモスコーニュセンター・サウスホールでは約500社がブースを構え、それぞれユニークな製品を展示して注目を集めていた。

■Spirit(キャラクターAI)
spiritai.com


「シンギュラリティ」がバズワード化するなど、社会的な注目を集めているAI技術。その一方でゲームのキャラクターAIについては、足踏み状態が続いている。こうした中、ストーリーゲームにおける会話の受け答えに特化したミドルウェア「Spirit Character Engine」が英Spiritブースで展示されていた。

同エンジンの特徴は、単にキャラクターが知的な受け答えをするだけでなく、あらかじめ定められたストーリーラインに従って、即興で会話をつくり出していく点だ。背後には機械学習ベースのクラウドエンジンが走っており、開発者はAPI(すでにUnity向けのSDKが公開されている)を経由してゲームと統合できる。

会場ではノベルゲームでおなじみの選択肢による会話だけでなく、キーボードをタイプして、自然文入力での会話デモも体験できた。マイクを介したボイス入力や、自動音声出力にも対応するという。現在はプレイヤーとNPCとの1対1会話のみに留まっているが、今後NPC同士での自動会話生成にも対応する予定だ。



公式サイトではシナリオライター向けのエディタとサンドボックス環境が提供されており、Unityのプロダクトと統合できる。現在は英語にしか対応していない点がネックだが、ゲーム体験の可能性を大きく広げるように感じられた。特にスマートスピーカーなどと融合することで、新たなゲームが開発できそうだ。

■Shopify(ECプラットフォーム)
www.shopify.jp


ECサイト向けにサイト構築や決済などのサービスを提供するShopify。2006年にわずか5人の従業員からスタートし、今や世界175ヵ国・地域、60万ストアが活用する、世界最大級のEC作成プラットフォームにまで成長した。ネスレ・GEといった海外大手から、ゴーゴーカレー公式通販まで幅広い企業に採用されている。

そんな同社がなぜGDCでブース出展したのか。それはUnity向けSDKのアピールのためだ。事前にクライアント側に設定しておけば、特定のタイミング(実績のアンロックなど)でオリジナルキャラクターグッズの購入ボタンなどを表示させられる。販売ページはゲーム内に統合化され、シームレスに注文できる。


今やTシャツを筆頭にオリジナルのノベルティを制作・発注できるサービスは世界中に存在する。特別な実績を解除するようなロイヤリティの高いユーザーに対して、ゲーム内でしか入手できない限定グッズを用意して販売すれば、新たな収益源として期待できるというわけだ。

モバイルゲーム市場が成熟する中、ビジネスモデルの多様化がゲーム会社にとって大きな課題になっている。こうした中、同社の提供するソリューションは、スマートな解決法を示しているように感じられた。ドキュメントは英語のみだが、国内にも2017年から現地法人が開設されているので、チェックしてみると良いだろう。
help.shopify.com/api/sdks/custom-storefront/unity-buy-sdk/getting-started

■genvid technologies(ゲーム実況配信)
www.genvidtech.com


今やゲームビジネスにおいて不可欠な存在となったゲームプレイの実況動画配信。Twitchを筆頭にさまざまなサービスが急成長している。しかし、現状のサービスは視聴者が動画を見るだけに留まっている。ひいきのプレイヤーのアクションに注目したくても、ままならないのが現状だ。

こうした中、特別な機材を必要とせず、ブラウザのみで視聴者がリアルタイムにゲーム内に参加できる配信ソリューションを提供する企業がgenvid technologiesだ。旧シンラ・テクノロジーズのながれを組んでおり、会場ではアーケードゲームやVRゲームをデモプレイしながら、その模様を動画配信していた。

同サービスは複数の動画ストリームを出力するゲームサーバ側と、ブラウザベースの視聴用インターフェイスに分かれている。これによりgenvidを組み込んだゲームでは、視聴者が「カメラ視点の切り替え」、「ゲーム中のさまざまな情報の閲覧」、「プレイヤーやゲーム世界に対するインタラクション」などの行為ができる。

会場では超高層ビル群を跳び回りながら、3対3でプレイするeSports感覚のVRアクションゲーム『Blitz Freak』(ActEvolve)を用いたデモも行われていた。HTC Viveを使用し、「eSportを見せる」ための演出に注力したタイトルで、視聴者は任意のタイミングでステージ上空から隕石を降らせるなどができた。

【PV】Blitz Freak


ニューヨークとモントリオールに拠点をもつ同社だが、国内でも現地法人を設立する動きがあるという。国内でも遅まきながらeSports市場が拡大する中、視聴者参加型の動画配信ソリューションを提供する同社の存在は、台風の目になりそうだ。公式サイトではUnityとUnreal Engine 4向けにSDKも配布されている。

次ページ:
<2>日本企業の出展

特集