>   >  Adobe Senseiが指し示す「Adobe Photoshopの未来」とは〜Adobe XD/Adobe Sensei/Adobe Premiere Proをマルっと紹介セミナーレポート〜
Adobe Senseiが指し示す「Adobe Photoshopの未来」とは〜Adobe XD/Adobe Sensei/Adobe Premiere Proをマルっと紹介セミナーレポート〜

Adobe Senseiが指し示す「Adobe Photoshopの未来」とは〜Adobe XD/Adobe Sensei/Adobe Premiere Proをマルっと紹介セミナーレポート〜

2018年4月25日(水)、アドビ製品最新アップデートを俯瞰できるイベント『Adobe XD/Adobe Sensei/Adobe Premiere Proをマルっと紹介セミナー』が秋葉原UDXにて開催された。Adobe Creative Cloudの登場以来、素早いスピードでアップデートを提供し続けるアドビ製品。現在のアドビ製品で何ができるのか、そして最新のAdobe Senseiの技術とは? これらを実演デモを交えながら紹介した本セミナーの様子をレポートする。

TEXT_神山大輝 / Daiki Kamiyama(NINE GATES STUDIO
EDIT_尾形美幸 / Miyuki Ogata(CGWORLD)

▲会場の様子。平日の午後にも関わらず多くの参加者が詰めかけた


Adobe XDによる、軽く、速く、直感的なUI/UXデザイン

まずはアドビ システムズの仲尾 毅氏が登壇。最新のAdobe Creative CloudおよびAdobe XD、Adobe Senseiに関する講演が行われた。

  • 仲尾 毅
    アドビ システムズ 株式会社
    Creative Cloudエバンジェリスト

    2012年、Creative Cloud登場と共にアドビ システムズへ入社。Creative Cloudの伝道師として、アドビの最新技術・製品・サービスの訴求と移行促進に従事。クリエイターにとってメリットのある最新情報をいち早く伝える。


アドビの全方位型アップデートの紹介の後に、UI/UXのデザインのためにつくられたアプリケーション「Adobe XD」の実演がスタート。近年のWeb制作では、多様化する端末の解像度や画面サイズと、スマートフォンからのトラフィック急増を背景に、動きのあるデザインカンプ(仕上がり見本)をスピーディにつくり上げるニーズが高まっていると説明する仲尾氏。


「紙の時代はデザインカンプと完成品はイコールでしたが、2009年以降にモバイル端末が隆盛した結果、端末ごとの解像度や画面サイズのちがいにそれぞれ対応する必要がでてきました」という仲尾氏の言葉通り、現在はデザインカンプだけでは完成したWebサイトの内容を全て表しきれない状況となっている。また、クライアント側はWebサイトが実際に動く状態でないと適切なフィードバックをできない場合が多く、開発の終わり頃に修正が集中する事態となってきた。これを解決するには、コンセプト段階から動的なプロトタイプを制作する必要がある。


こうした流れの中において、「Adobe XD」はUIデザイン、プロトタイプ制作、フィードバックとコンセンサスまでの全行程をアプリ内で完結できるような仕組みを採用した。ストレスを感じさせない「軽さ」、試行錯誤を何度でも繰り返せる「速さ」、迷わずにやりたいことができる「直感性」を重視し、例え1,000枚を超える大量のアートボードがプロジェクト内に存在してもストレスなく使えるようになっている。


下図がXDの実際の画面。小さく表示されているアートボードは、まったく遅延なく拡大・縮小できる。各アートボードはAltキーを押しながらドラッグすることで簡単に複製ができ、異なるバリエーションづくりも容易だ。


また、Adobe Illustratorと同様のベクターグラフィックスツールであるためペンツールなどの仕様はほぼ同一で、PhotoshopやPhotoshop Sketchからは直接ファイルの読み込みも可能。「ボタンをつくったりまとめて配色を変えるのも従来のプレゼンテーションソフト以上に簡単なので、営業職やディレクターの方にも使っていただきたいです」(仲尾氏)。


続いて説明のあったリピートグリッド機能は、ハンドルを掴んで上下左右にもっていくだけで繰り返し配置を自動的に行なってくれるというもの。また、価格の数値や表示位置を一箇所変更すると全て連動して変更されるほか、Finder上から複数のjpgファイルをドラッグアンドドロップすることで画像が一括で変更されるなどの機能も内包する。


さらに、ノードベースで簡単にページ遷移が作成でき、ディゾルブなど遷移時の動きもその場で設定できるほか、USBで接続された実機のiPhoneでリアルタイムプレビューすることも可能(無料の専用アプリケーションが必要)。この表示結果をアドビのホスティングサーバーを介して共有できるため、クライアントは「実機で動くプロトタイプ」を手元のブラウザやスマートフォン上で簡単にチェックすることが可能となった。


クリエイティブな時間をつくり出すAdobe Sensei

続いては、話題の絶えないAdobe Senseiについての概要紹介と、今後のビジョンについての説明が行われた。Adobe Senseiはアドビのマシンラーニングのプラットフォームの総称で、Creative CloudやAdobe Document Cloud、Adobe Experience Cloudなども含めた全てがAdobe Senseiのテクノロジーをベースに効率化されている。ここでは、Photoshopの最新機能のいくつかが紹介された。

下図は秘境で撮影した写真にかすみがかかっていた場合、「かすみの除去」を使えばそれを綺麗に取り除くことができるといった内容のデモ。


また、顔検出から笑顔をつくり出したり鼻や目の位置を自由に変えてみるといったデモや、最近話題となった「被写体を選択」の実演も行われた。仲尾氏は「もっと綺麗に髪の毛を抜ける、という人もいると思います。ただ、今はボタンひとつでここまでできるため、人の手が必要な精密な作業に着手するまでの時間を短縮できるのです」とワークフローの高速化について説明する。もっとも、Adobe Senseiはこれらの結果を学習し、反映を繰り返しながら品質を高めていくため、この精度のギャップは時間が解決する問題かもしれない。


終わりに「Adobe Senseiの未来」と題して、Photoshopの将来的なコンセプトが語られた。


映画のポスター制作を題材にした実演では、仲尾氏の描いたラフスケッチを未来のPhotoshopに読み込むだけで、Woman、Stars、Spaceなどのタグが自動的に付加されていた。


その後、仲尾氏は「Find image」と音声入力で命令。するとローカルデータやAdobe Stockから自動的に素材となる画像ファイルが提案されていく。これは実際に撮影した写真も同様で、読み込むと様々なタグが付加される。


人物写真の場合は「Face」をクリックすると、「Smile」や「Left / Right」などのカテゴリが出現。たとえ数千枚の写真があっても、人物の顔の向きや笑顔の度合いで素早くソートしてくれる。ポスターに採用する写真をワークスペースにもっていく際も、パス抜きなどは全てAdobe Senseiが自動的に行うため、配置などのクリエイティブな思考にのみ集中できる。更に、ユーザーの操作記録をもとに使用頻度の高いフォントを自動的に提示してくれたりと、テンプレートの生成機能も拡充される予定だという。


続いては編集履歴のノード表示が紹介された。これは編集をさかのぼって別バージョンをつくる機能で、実演では一番最初のラフ段階に立ち戻り、「Woman」ではなく「Man」を選択、その後Adobe Senseiが自動的に女性を男性に置き換えるというデモが行われた。


仲尾氏は最後に「AIが人の仕事を奪うという論調もありますが、決してそんなことはありません。Adobe Senseiは、クリエイティブな時間をつくり出すために開発され、今なお進化しているのです」と語り、講演を締め括った。

次ページ:
プロジェクトを共同編集できる「チームプロジェクト」

特集