>   >  これだけ覚えれば怖くない! Blender初級マニュアル「最初の設定と基本操作篇」、「モデリング篇」
これだけ覚えれば怖くない! Blender初級マニュアル「最初の設定と基本操作篇」、「モデリング篇」

これだけ覚えれば怖くない! Blender初級マニュアル「最初の設定と基本操作篇」、「モデリング篇」

Blenderは気になるものの、わかりにくいとか、なんか信用できないとか、市販のツールだけで十分とか、そんな理由で食指が動かない人も多いはず。実際とっつきにくい部分はあるものの、慣れてしまえば非常に優秀なツールだ。食わず嫌いをやめて、まずはこれだけ覚えてとにかく使ってみよう。

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 239(2018年7月号)からの一部転載となります。以降に続く「マテリアル篇」、「ライティング/カメラワーク/レンダリング篇」、「アニメーション&シミュレーション篇」は本誌をご覧ください

TEXT_大河原浩一 / Hirokazu Okawara(ビットプランクス
EDIT_藤井紀明 / Noriaki Fujii(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada

最初の設定と基本操作

Blenderは、基本的にそれぞれの要素のプロパティなどを編集するためのエディターで構成されている。画面上の見た目は、3Dビューやタイムラインがあったり、エクスプローラがあったりと様々な機能があるが、全てエディターなので、エディタータイプを切り替えることで自由にレイアウトを変更することが可能だ。各エディターの領域では、右上のコーナーをドラッグすることで領域をいくつでも分割してエディターのタイプを設定できるため、作業に合わせた自由なレイアウトを作成できる。

また、インストールした直後のUIは英語版になっている。チュートリアルなどの情報は英語UIのものが多いので最初から英語版を使う方がわかりやすいが、英語が苦手という人は日本語UIに変更することもできる。日本語UIに切り替えると、日本語のフォルダ名なども文字化けせずに表示可能だ。また、ファイルのインポート/エクスポートもアドオンで機能を追加することができるようになっているが、初期設定では読み込まれていないものも多いので、必ずアドオンの設定を行うようにしよう。

01.Blenderを日本語化する



  • Blenderを日本語インターフェイスに変更するには、Fileメニューから「User Preferences」を選択して、「System」にある「International Fonts」にチェックを入れる



  • チェックを入れると言語を選択するリストが表示されるので、「日本語(Japanese)」を選択。また、翻訳する要素も選択できるので、必要に応じてクリックしてアクティブにしておく

02.アドオンを設定する

Blenderはアドオンで入出力に関わる機能やその他のツールなどを拡張することができるしくみになっている。インストール直後の状態では、アクティブになっていないアドオンが多いので、自分の作業に合わせてチェックを入れておく。FBXはデフォルトで読み込まれているので、3ds MaxMayaとのデータのやりとりはそのままできる。LightWave Objectの入出力も用意されているが、デフォルトではONになっていないので、LightWaveユーザーの人はONにしておくと良いだろう。ちなみにUnreal Engine Fromat (.psk/.psa)なども用意されている

03.普段使っているツールに操作を合わせる

Blenderは、オブジェクトの選択などに右クリックが多用される仕様になっているのだが、3ds MaxやMayaを使っている人にとっては、非常に使いづらい仕様だ。そのようなときは「User Preferences」の「Input(入力)」にある「Select With(選択)」を「Left(右)」に切り替えておく。「Presets」には、3ds Max、Mayaなども用意されているので、自分が普段使っているツールに操作体系を合わせてもいいだろう(記事中解説は、デフォルトの設定で説明する)

04.設定は必ず保存する

「User Preferences」で設定した内容は、Blenderを再起動すると失われてしまう。次回起動時も同じセッティングで使いたい場合は、必ず「User Prefarences」の左下にある「Save User Settings(ユーザー設定の保存)」をクリックして保存しておく

05.インターフェイスの構造

Blenderのインターフェイスは、エディターの組み合わせでできている。各エディターの左下にエディタータイプセレクターがあるので、ここでエディタータイプを切り替えることで、エディターの種類を変更することができる。Blenderでは、メニューもinfoエディターの一部なので、上部のメニューを他の領域に表示することもできる。また、オブジェクトを操作するツールや、オブジェクトを作成する「作成」タブは3Dビューエディターに含まれている

06.3Dビューの操作

さて、Blenderでまずつまづくのが、3Dビューにおける視点の操作だ。他のツールでは視点の平行移動や回転などアイコン化されていることが多いのでわかりやすいのだが、Blenderにはそんな便利なものはない。視点の操作はマウスの中ボタン+キー同時押しで操作していく



  • 元の状態



  • 視点の回転。中ボタンを押しながらドラッグ



  • ズーム。中ボタン+Ctrlキーでドラッグ



  • 上下左右の移動。中ボタン+Shiftキーでドラッグ

07.ビューの切り替え

ビュー方向の切り替えは、3Dビューの「ビュー」メニューから操作することができるが、テンキー付きのキーボードであれば、テンキーの操作でビューの方向を切り替えることができる。図は4分割表示:Ctrl+Alt+Qキー。その他、透視投影・平行投影切り替え:「5」キー、左:Ctrl+「3」キー、右:「3」キー、前:「1」キー、後ろ:Ctrl+「1」キー、上:「7」キー、下:Ctrl+「7」キー、カメラ:「0」キー

08.オブジェクトの操作

オブジェクトを操作するには、オブジェクトを選択して3Dビューの「ツール」タブの「トランスフォーム」を使うか、3Dビューの下にあるトランスフォームマニュピレーターの切り替えで行う。操作座標系もマニピュレータのアイコンの右側にあるメニューからグローバルやローカルに切り替えることができる。トランスフォームで便利なのが、ショートカットキーを使った操作だ。移動がGキー、回転がRキー、拡大縮小がSキー。ショートカットキー+座標軸でトランスフォームする座標の方向を限定することもでき、例えばGキー+XキーでX軸方向にだけ移動させることができる

次ページ:
モデリング

特集