>   >  「映画『ペンギン・ハイウェイ』メイキングセミナー」レポート
「映画『ペンギン・ハイウェイ』メイキングセミナー」レポート

「映画『ペンギン・ハイウェイ』メイキングセミナー」レポート

株式会社スタジオコロリドによる初の長編アニメ映画で、現在絶賛上映中の映画『ペンギン・ハイウェイ』。8月29日(水)秋葉原 UDX Theaterにて、同作の制作陣によるメイキングセミナー 「ボーンデジタル主催『ペンギン・ハイウェイ』メイキングセミナー」が開催されたので、その様子をお伝えする。


TEXT&EDIT_UNIKO(@UNIKO_LITTLE
PHOTO_弘田 充 / Mitsuru Hirota


© 2018 森見登美彦・KADOKAWA/「ペンギン・ハイウェイ」製作委員会



スタジオコロリド流アニメ制作テクニック

デジタル作画フローや撮影テクニックを紹介する本セミナーに登壇したのは、同作で監督を務めた石田祐康氏、デジタル作画を担当した栗崎健太朗氏、そしてオフライン編集を担当した増田惇人氏ら株式会社スタジオコロリド(以下、コロリド)のクリエイター3名。After Effectsを使用した撮影テクニックやPhotoshopを活用したデジタル作画の作業工程など、『ペンギン・ハイウェイ』の実際のカットを使ったスタジオコロリド流のアニメーション制作テクニックが紹介された。

セミナーを開始するにあたり石田氏は、「本当は各セクションの監督に解説してもらえれば良かったのですが、今日は自分が代わり、拙いなりに監督として各セクションと関わった際に使用した地道な技術をご紹介します。『ペンギン・ハイウェイ』という作品を皆さんに楽しんでもらうためにはこの絵が必要なんだ!という思いがどのカットにも詰まっています。その一端をどうぞご覧ください」と満員となった会場に向けて笑顔で語りかけた。一言ひとことに心を込めて話す石田氏の言葉の端々から、作品に対する真剣な思いと感謝の気持ちが伝わってくるようであった。

左から、石田祐康氏(監督)、栗崎健太朗氏(デジタル作画)、増田惇人氏(オフライン編集)



<1>デジタル作画を導入し、スムーズなワークフローを構築

まずはじめに、デジタル作画を担当した栗崎氏が同作における制作全体のワークフローを紹介した。同作では紙(作画;2D)のアニメーターも多数活躍しているとのことで、ラフ原画を描いた後に石田氏ら演出チームにチェックを出し、再び原画に戻して動画検査を行うという流れで進められている(仕上げのみ外注)。基本的には伝統的な "紙" のアニメーション制作と同じではあるが、「コロリドでは、より円滑なワークフローの構築に向け、そしてCGとのスムーズな連携やデジタルならではの映像表現を実現するために、デジタル作画を推進しています」と栗崎氏。必然的に、監督をはじめ演出チームはデジタルを駆使しつつ2D作画を扱うこととなる。

デジタル作画のワークフローは、色指定をPhotoshopで行いAfter Effectsで撮影、そしてPremiere Proで編集されており、随所でAdobe製品が活躍しているとのこと。コロリド公式HPにデジタル作画のテクニックを紹介する「デジタル作画って?」が公開されているので、こちらもチェックしてほしい。

アニメーション制作のワークフロー

次に、作品の終盤で同作の主人公・アオヤマ君とヒロインであるお姉さんが、ペンギンの大群の背中に乗って猛スピードで街を駆け抜けていく、同作の山場とも言えるシーンである通称:「ペンギン・パレード」におけるデジタル作画のテクニックが披露された。天地が入り乱れた不思議な世界を演出する難しさに加え、このシーンをCGでいかに表現するか。また、ペンギンの大群に乗って不思議な世界を猛スピードで駆け抜けていく二人の動きにカメラを追従させるなど、何かと "ややこしい"ことが多いシーンだったと石田氏は語る。

「背景制作では要求される物量がとにかく膨大だったため、描く必要のあるところとないところをはじめ、スタッフに伝えるべきことは全て文字にしてわかりやすく明確に伝えることが重要でした」(石田氏)。作画、CG、背景を担当するスタッフ全員が迷わず作業ができるように、TVPaintを使用してタイミングを含め、正確に伝達できるよう文字と図で全てメモに残していったそうだ。


ペンギンパレードのイメージボード

シーンのコンテと原画を担当したのは若手のデジタルアニメーター川野達郎



作画、CG、背景を担当するスタッフ全員が迷わず作業ができるよう途中経過のムービーに川野氏(赤字)と石田氏(青字)でダイレクトに指示を記入している。コマを操作したタイミング作画の指示も同時に行われている。こうして誤解なく相互に連携をとりクオリティを高めていく



<2>カメラマップとUnityを使用したレイアウト

続いて、オフライン編集を担当した増田氏がレイアウト作業について解説した。「美術チームに原図をお渡しする際には、どこを描いてどこを描かなくていいかなど、原図がいかに分かりやすいかが重要です。ペンギンパレードでは1カットで50枚以上を描いていただくこともありました。そういった場合では、特に原図の分かりやすさ・シンプルさが効率を左右します」と増田氏。CGガイド用に室内のCGモデルを作り、コンテの段階で使用し、それをそのままレイアウトとして使用した。これは物量の多さに比して安定したクオリティを維持するためでもあり、また、アニメーターが動きをつけることに集中できるよう配慮したためだという。

また、美術チームに原図を渡すデータはUnityで書き出したモデルを使用したとのこと。パース感がわかりやすく光と陰の情報が直接扱える上、テクスチャを貼ったモデルをレタッチするだけで済む点がとても好評だったそうだ。とはいえ、Unityはゲームエンジンであるため映像制作でそのまま使用するには難しい点もあり、スクリプトを書いて単体でも書き出せるようカスタマイズしたと増田氏は語った。さらに石田氏は「日常会話が中心となる作品であり、また映画の質を高めるため、大変ではあるけれど先に全て決めてしまおうという意図もあり、Unityを使用してコンテを描いていきました」と補足した。

教室のシーンでは、椅子と机だけをUnityで書き出しておくことで、美術チームの作業はレタッチのみで済ませることができ非常に効率的だった

Unityを使用したシーンの絵コンテ

大量のPSDデータはAdobe Bridgeで管理した


<3>石田監督の挑戦。Photoshopを使用した「質感のあるカット」

次に、以前から石田氏が「色による流れと感情」の演出方法として挑戦している、Photoshopを活用した「カラースクリプト」について解説した。「カラースクリプトは海外のCG作品では比較的よくある手法ではありますが、『ペンギン・ハイウェイ』でもこの手法を取り入れたシーンがあります」と石田氏。まず、脚本に沿って非常に小さなミニコンテを全カット分描き(コンテを描くより前の段階)、そのミニコンテから代表的な40カットほどを選び出してコンテを描き、テストカットを作成した。「そこでカラースクリプトです。作品全体の感情の変化を色で表現していきます。それに加えて、1カット内での色の変化にも挑戦しました」(石田氏)。

「カラースクリプト」に挑戦するにあたり、ミニコンテを作成して作品全体の色の流れを確認しておく必要があった

主人公・アオヤマ君が悪夢を見るシーンは、Photoshopを使用した「カラースクリプト」で演出。トンコハウスで経験のある橋爪陽平氏が担当しているとのこと。アオヤマ君が見ている「悪夢」の中を描いたこのシーンのみ質感を変えた演出をすることで、他のシーンとは異なった世界であることを表現した


▶次ページ:
<4>「木漏れ日マスク」でアオヤマ君とお姉さんとの暖かい関係を演出

特集